バラの日本史
 
第1章 奈良時代

第1章 奈良時代

日本は、野茨(ノイバラ)や浜茄子(ハマナス)などの原種バラが自生している国です。
バラを品種改良して新しいバラを作るという育種をしたのは主にヨーロッパですが、その品種改良をするためにヨーロッパのバラと掛け合わせる元になったバラは、特にアジア(中東~中国~日本)に多く自生していました。バラの原産地のひとつである日本におけるバラの歴史を紐解いて行きましょう。
 
日本では「常陸風土記」や「万葉集」に「うばら」「うまら」として記されているのが最も古い記録です。西暦700年代の文献です。それ以前にも野バラは咲いていたのだと思いますが残念ながら証明する文献がありません。
 
「常陸風土記」は、常陸(現在の茨城県)の国守、藤原宇合によって編纂されたという説が有力のようです。風土記とは、その土地の風土・風俗・産物・伝説などを記した本です。その中にバラは「うばら」として登場します。常陸の特徴として記録されるくらいの量と認知度だったのでしょうね?
 
「万葉集」は歌集です。「茨(うばら)」が読まれている歌はいくつかあるようです。
その中のひとつを紹介してみましょう。

道の辺の茨(うばら)のうれに延ほ豆のからまる君をはかれか行かむ

作者は丈部鳥(はせつかべのとり)さんです。
茨(うばら)(=バラ)に巻きつく豆のように絡みつく君(奥さん?彼女?家族?)を置いて行かなければ・・・・・・
という感じの内容で、どうやら防人(さきもり=辺境防備の兵士)の単身赴任の旅立ちの歌のようです。
バラは野バラの類です。野バラのブッシュに豆の蔓が絡みついたら、枝はたくさんあるし棘だらけだし、解くのはさぞや困難なことでしょう。それほどに「からまる君」だったのでしょうか。

絡まり具合は今となっては想像するしかありませんが、今から千何百年も前に常陸の国にバラの類があったという記録ではあり、歌に詠まれるほどにもバラは身近にあったということは言えるでしょう。
 
余談ですが、現代でも茨城県の県の花はバラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*