バラの日本史
 
第7章 昭和時代 - 昭和6年

第7章 昭和時代 – 昭和6年

昭和初期の植物の通信販売目録『バラエン』から、昭和6年のバラ事情を紹介します。
抜き書き部は文字に色を付けて表記しますので、昭和初期の漢字と言い回しもあわせてお楽しみください。

 

『新發賣品と特價提供號』
昭和六年三月二十五日發行 植物目録 第二百五十二號
showa06_img01 showa06_img02
春の特別号です。
全32ページ中4ページ目と5ページ目にバラが掲載されています。

まずは最初の宣伝文句を見てみましょう。

 

showa06_img03
薔薇を御注文遊ばすには!
何品によらず大量生産者へ直接御注文遊ばすのが一番良い方法です
小栽培者や取次店への御用命はまゝ品の不良品種不正確等皆様に不利益な事が起こり易いものです、薔薇はバラエンです 優秀品は總てバラエンの大栽培場から生産されて居るのでございます

四月の特賣品
薔薇の優秀新苗を發賣いたします
此新苗は精撰したる實生野薔薇砧木を以て接木したるもの。本年六月より連續開花します
是非此新苗を御試驗下さい

 

四季咲きバラの接木新苗の販売ですが、この頃の通信販売では、注文と違う苗木が届いた・・・などということはよくあったのでしょうか。
この頃はまだバラに馴れていないために間違えたりわからなかったりするお店もあったのかもしれません。

次に、実際にどのようなバラが販売されていたのかを見てみましょう。

 

薔薇優秀新苗 發賣

showa06_img04

金花鳥   壹圓
性強健なる四季咲純木性彩色優艶なる淡桃櫻曙底黄を彩り半紅色を加味す劍瓣八重咲き花容整然なる巨大輪芳香峻烈なる優秀銘花なり

春粧   八拾錢
鮮麗なるピンク色にし金色に底を彩り滿開の上は全瓣淡珊瑚色を呈す芳香烈しき八重咲巨大輪四季咲純木性にして薔薇花中空前の珍種なり

春麗   八拾錢
性強健なる四季咲純木性彩色優艶なる淡樺櫻曙ボカシ底クリーム黄を粧ひ内金色を加味す劍瓣八重受咲き整然なる巨大輪芳香峻烈なる優秀銘花なり

御帳臺   八拾錢
性強健四季咲純木性彩色優美なる乳白色に花底艶麗なる淡い櫻色を粧ひ花裏珊瑚色を呈す八重受咲劍瓣芳香峻烈花容豊大他に其の比を見ざる稀代の銘花

岳陽   壹圓
前代未聞驚可き最巨大八重牡丹咲の珍奇種にして彩色は鮮麗なる濃珊瑚色に底黄滿開瓣先淡色ボカシ花容抱咲牡丹花形芳香強烈

ゴールデン、エンブレーム   壹圓
露地温室何れにてもよく育ち總ての要求を具備し四季咲純木性葉は大葉奇異の光澤を有し花色は比類なき鮮麗なる純黄金色にて滿開後も褪色せず一見驚駭恍惚せしむべく劍瓣受咲の巨大々輪芳香強烈花容豊麗壮大なり

光榮に輝くバラ プリンス、アサカ   壹圓貳拾錢
畏くも朝香宮殿下がバラの國米國御巡遊の際特に御目に留めさせられ、よき花よ、愛らしの花よと御仰せられ米國人もその花の光榮を記念するためプリンスアサカと命名したバラであります。花型大輪咲、重ね厚く淡紅色見るからに品位ある優秀種

 

さて、これでどんなバラが販売されていたのか想像していただけたでしょうか?
どのバラの説明にも出てくるのが「強健」「四季咲」「大輪」「芳香」。
「劍瓣」もあります。
ハイブリッド・ティーがもてはやされた時代です。

「金花鳥」から「岳陽」まではどのようなバラか実物の見当がつきませんが、ゴールデン・エンブレムは現在流通している同名のバラと同一だとしたらアメリカのバラです。
プリンス・アサカは「米國御巡遊の際」と書いてあるのでやはりアメリカですね。残念ながら現在は流通していません。せっかくプリンスを命名したのにもかかわらず消えてしまったということは、強健でなかったか又はその他の理由で残念ながら流通に適さなかったのではないかと想像します。

上記の他、六拾錢~貳拾五錢と少しリーズナブルなバラもあります。文字だけ書き写してみましょう。

 

「晃輝」「醉妃」「重陽」「芳春」「金華」「赤城」「陽春」「金鷲」「舞殿」「慶賀」「天晴」「黄河」「金華山」「雷光」「コロンビヤ Columbia」「ハツドレー Hadley」「マダムバツターフライ Mme. Butterfly」

 

「マダムバツターフライ」は今でもマダム・バタフライとして現役です。

 

マダムバツターフライ Mme. Butterfly   五拾錢
前代未聞驚べき最巨大輪八重劍瓣の珍奇種にして性強健四季咲純木性葉は青緑大形にして花色は優美なる淡櫻色に底黄暈芳香強烈花容の豊大なる他に其の比を見ざる稀代の銘花温室速成用として理想

 

大輪、四季咲、芳香の他に、温室速成用という言葉が出てきました。昭和初期にバラ栽培をするのはある程度裕福な人であろうと思いますが、温室まで作っていた人が多かったということなのでしょうか。
バラ栽培は現代よりももっともっと高貴な楽しみだったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*