ア・ラ・カルト バラの豆知識
 
メアリー・ローズ物語

メアリー・ローズ物語

イギリスのバラの育種家デビッド・オースチン氏作出のイングリッシュローズに「メアリー・ローズ」という名前の付いたバラがあります。書籍によると、ヘンリー8世の旗艦(*1)「メアリーローズ」が400年以上経ってソーレント海峡から引き上げられたのを記念して命名されたということです。
 
では、ヘンリー8世の旗艦とは、いったいどんなものだったのでしょうか。そして、なぜ、海に沈むことになったのでしょうか。
 
中世イングランドの歴史を、ほんの少し紐解いてみることにしましょう。
 
*1 旗艦:艦隊の司令長官・司令官の乗っている軍艦。マストに司令官の官階相当の旗を掲げる。(広辞苑より)
 
メアリー ローズ_02
Mary Rose
1983年 David Austin
 
 
【ヘンリー8世について】
ヘンリー8世(1491~1547 在位1509~1547)はチューダー朝の2代目の王です。ランカスター家とヨーク家の争いが起こしたバラ戦争(1455-1485)の後、ヘンリー8世の父であるヘンリー7世が築いた王朝です。
ヘンリー8世は、1509年に18歳の若さで即位し、父の後を継いで絶対王政を確立しました。国王支配下における国教会を創立してローマ・カトリック教会から離脱したことや、6人もの女性と結婚したことなどでも有名で、シェイクスピアの史劇の主人公としても取り上げられています。
ヘンリー8世の息子や娘が次々と彼の後を継いで王になりましたが、その中の一人が大英帝国繁栄の基礎を築いたといわれているエリザベス1世です。
 
 
【旗艦 メアリー・ローズ】
15世紀から16世紀にかけての欧州は、宗教改革と大航海時代の真っ只中にあり、覇権争いに明け暮れる激動の時を過ごしていました。そんな中、イングランドとフランスの関係は、英仏百年戦争(1337-1453)がジャンヌ・ダルクの幕引きでとりあえず終結したものの、依然として更なる覇権をめぐって一進一退の攻防を続けていました。
ライト兄弟が飛行機を飛ばすまで400年もの歳月を待たねばならないこの頃、島国イングランドにとって戦いに最も重要なのは船でした。ヘンリー8世は、フランスの脅威に対抗するために軍艦の建造を命令します。最新式の大砲を装備した軍艦を持つことは、王にとって権力と富の象徴ともなりました。
メアリー・ローズは1509-1511年にかけてポーツマスで建造されました。
メアリー・ローズの名は、ヘンリー8世の最も可愛がっていた妹の名「メアリー」と、チューダー朝のシンボルである「バラ」にちなんで付けられたといわれています。
メアリー・ローズに備え付けられた大砲類は大変威力を発揮して次々とフランス軍の船にダメージを与え、メアリー・ローズの旗艦としての評価は高まっていきました。艦隊司令官もメアリー・ローズの素晴らしさを称える手紙を王に送ったほどでした。
1528年、メアリー・ローズに大掛かりな改装が行われました。それによってより多くの大砲やその他の武器、兵士や乗組員を乗せることができるようになりました。
 
 
【メアリー・ローズの最期】
1545年7月、フランス軍はソーレント海峡に集結していました。迎え撃つイングランド軍もポーツマス港から多くの船を出港させました。もちろんメアリー・ローズも防戦に駆けつけました。
7月19日未明、戦闘中のメアリー・ローズが突然傾き始め、そして、海に沈みました。フランス軍はメアリー・ローズを撃沈したと喜びました。しかし、事実はそうではないようです。
沈没の原因には諸説があります。その中の有力な説は以下のようです。
”メアリー・ローズは風を受けて傾き、その時に船の下部に開かれた大砲の発射口から船内に水が入り沈没した”・・・。
改装した船の構造に問題があったのかなかったのか。乗組員の操縦ミスがあったのかなかったのか。
どちらにしても、メアリー・ローズは敵に撃墜されたのではなく、どうやらアクシデントで沈んだものと思われます。
そして、この沈没で700人もの犠牲者を出したと伝えられています。多数の犠牲者を出した主な原因は、白兵戦防止用に張ってあったネットが乗組員が沈み行く船から逃げ出すのを妨げたためだと言われています。
しかし、この事故の後もイングランド海軍は隆盛を極め、1588年には無敵艦隊といわれたスペイン軍をも打ち破り、大英帝国を築き上げる大きな原動力となりました。
 
 
【引き揚げられた旗艦】
沈没後メアリーローズを引き揚げる試みはなされましたが、当時の技術力では海底から船を引き揚げることはできず、やがてその正確な位置さえも忘れられていきました。
1970年代から再び捜索が行われ、ソナーシステムでの海底探査により、メアリー・ローズの位置を特定し、潜水による考古学調査も行われました。そして1982年10月11日、メアリー・ローズはソーレント海峡の海底から引き上げられました。
デビッド・オースチン氏のバラ「メアリー・ローズ」の作出は、その翌年の1983年です。
 
 
参考文献
○デビッド・オースチンのイングリッシュローズ 産調出版
○BBC site :The Mary Rose : A Great Ship of King Henry VIII
○The Mary Rose(http://www.maryrose.org/)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*