バラってなあに?
 
 2-1 バラってなあに?

 2-1 バラってなあに?

 
「バラってなに?」って聞かれたらなんて答えますか?
「お花の名前!」・・・かな?
正しい答えなのですけれど・・・これだとちょっとつまらない。
せっかくだから少しかっこいい答えを覚えましょう。

 

バラは

「バラ科」の植物の中の
ひとつのグループ(集まり)の名前

です。

 

どう?くわしい人っぽくてかっこいいでしょう?

 
え?わけわからない?
 
では、ゆっくり説明しましょうね。
 
動物も植物も「科」に分けられています。
動物だったら「ネコ科」「イヌ科」などがあります。
植物も同じように「キク科」「ツツジ科」などに分けられています。
バラは「バラ科」です。
このバラ科のひとつのグループ(集まり)の植物に咲いたお花がバラの花なんですね。

ひとつのグループと書いたのは、じつは、ちょっとこまったことに「バラ科」の中に入っているのはバラだけではないからです。
なんと、春にお花見をするサクラも、甘くておいしいイチゴも「バラ科」なんです。
ぜんぜんにていないのにおかしいですね。
見かけはにていなくても生物の体のせっけいずが書きこまれたDNA(ディー・エヌ・エー)という物しつを調べると、にているところがあるんですって!
learn_baraka
 
「イチゴは、イチゴ科じゃなくてバラ科」・・・きゃー!ムズカシイ?・・・
でも「バラはそのままバラ科」
カンタンでよかった♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*