ア・ラ・カルト 世界のバラsnapshot
 
街角 ― China 中国

街角 ― China 中国

◆ China 中国  2001.07

 
china_01china_02
china_03
3枚共、西安にある青龍寺というお寺です。空海が学んだお寺として有名です。

青龍などと聞くとバラファンは”青薔薇?”などと思ってしまいますが、残念ながらバラはピンクと赤です。

バラと柳、バラと笹。
この組み合わせが中国らしくて面白いと思います。

 
china_04china_05
china_06
秦の始皇帝陵の一部として1987年、世界文化遺産に登録された兵馬俑です。このいくつもある白い大きな建物の中に兵士や馬の俑が保護されています。

建物の前の広大な広場の花壇や、建物と建物の間の通り道にバラが植えられていました。正面広場には赤いバラが目立ちます。建物の白い壁と赤いバラのコントラストが印象的です。

 
china_07china_08
china_09
北京郊外にある明の十三陵です。明代の皇帝の陵墓です。
たどり着くまでの道が長いのです。中国は広いのです。柳並木も素敵です。北京あたりは東京に負けない暑さでしたが、柳の影で赤いバラ軍は少しは涼しいのでしょうか。
ここはずーっと同じバラが植えられていました。右頁上がちょっと拡大版です。

赤いバラは北京の市の花に制定されているそうです。

 
china_10china_11
北京の中心部、天安門広場です。
よくテレビに映るところです。でもこの植え込みは写りませんか。。。
平らにカットされた植栽よりも背が低い小さなバラですが色はとりどりカラフルです。
中まで踏み込めないのでかなり目を凝らしました。やっぱりバラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*