福ねこat百段階段

雅叙園の『福ねこat百段階段』に行ってきました。

念のため説明を入れますと、
目黒雅叙園改めホテル雅叙園東京は、目黒駅に程近い結婚式場などもある内装の派手な豪華絢爛なホテルで、なかでも木造の「百段階段」(99段だけどね)は東京都指定有形文化財となっており、その階段と階段の途中の部屋を利用してさまざまな展示会が行われます。

今回は↑の百段階段のリンクにある「○○の間」というところがそれぞれ悉く猫で埋め尽くされるというイベントです。
ただ、猫といってもさまざまありましてね。
今回はあえて言うなら「猫又展」?とでも?
私はぬいぐるみのような洋猫やくーくー寝ている子猫の写真ばかりを見るより猫又のほうが好きなので、たいへん楽しく見てきました。

写真撮影可なのでいくつか紹介します。

タイトルが福ねこなので、ふくふくしたやつから。
誕生日猫です。
365日分の猫がちゃんといるので自分の誕生日を撮るのはお約束(笑)

激論中の猫又。

踊る猫又。

雛壇の五人囃子がやたら楽しそう。

陰陽師系の猫がカッコイイ。

怖カワイイ切り絵猫。

天照さんと八咫烏。

まだまだありますが、おおまかにはこんなラインナップです。
実物の猫とは違う、作家さんの創作なので、こういう世界は楽しいです。

福ねこat百段階段” へのコメントが 2 件あります

  1. レポート、ありがとうございます!
    どのネコさんもかわいくて、かわいくて。
    ネコを単にかわいいものとしてとらえているのではなく、
    ネコに対する愛情をどっぷり感じますね。
    何度も見返しちゃいました♪

    • ラ・ロズレ より:

      そうそう、それです、猫愛をとても感じました。
      イマドキの言い方だとリスペクトというのでしょうか、猫に対する敬意も滲み出ていますね。
      猫のアプローチの幅は広いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。