インドア派

私はネットサーフィンをしたり本を読んだりのインドア派です。
が、そんなことはどうでもよく!(笑)
ミニバラで有名な『ポールセンローズ』に「インドアシリーズ」と「アウトドアシリーズ」というちゃんとしたシリーズがあるなんて知りませんでした。
ミニバラを室内の窓辺で育てることを想定して”日差しの少ない屋内でもOK”と宣言するポールセン、すごいです。
ミニバラって小さくて可愛くて手軽に買えるので結構気軽に買っちゃう人が多いのですが、実はそんなに簡単にたわわに咲かせられるものではないと常々思っていました。
日差しが少なくてOKということがイコール枯れないではありませんから、妙な期待をしすぎてはいけませんよ。
植物ですからやることやらなきゃ、そりゃ枯れます。
でもそれほど日当たりを要求されないということは確実にハードルがひとつ少ないのだと思います。
ショップの説明はこちら。
ブロメリア・ギフ ポールセンローズとは
いろいろ難しいことはあるにはありますが、とにもかくにも、シリーズ化したところにひとつ意義があるのかなぁと思ったりしています。

追伸:
世界バラ会連合の2022年の会議地は広島県福山市です。
バラの街福山、一度行きたいなぁ・・・

インドア派” へのコメントが 2 件あります

  1. Keiko より:

    本当にミニバラを育てるのは大変です。
    値段的にも手軽なのでつい買ってしまってシーズンが終わるとそれっきり、という方が多いんじゃないでしょうかねぇ。
    とにかくデンマークあたりはアウトドアでも日差しがイタリアなんかに比べたらまるっきりというところなのでこういう種が生まれるのだと思いますよ。(笑)

    • ラ・ロズレ より:

      そうそう、1年草扱いになっていそうな気がしています。
      他の何かと寄せ植えして終わりというのも業界的にはいいのかもしれませんが・・・一度買ったら10年もつ!では利益がね・・・ロザリアン的にはちょっとね・・・^^;
      北欧の気候が都会のマンションにも役立つとは不思議なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。