ゴンドラの唄

部屋でPCに向かっていたら、突然マンション修繕のゴンドラが昇って降りて、びっくりしました。
工事中はカーテンやブラインドを閉めて生活しているので、私が部屋の中から見るとこんな感じです。

左隅に人がいるのがお分かりいただけるでしょうか。
ベランダの柵の外側にネット付きで幅人ひとりほどのゴンドラが止まっています。
一体何をやっているのでしょう、ドキドキします。
ちなみに私は「Pompon de Bourgogne(ポンポンドゥブルゴーニュ)」の写真を切り取ろうとしていたところでした。
高層マンションのベランダの外に人がいるのは工事とはいえやはり驚きます。
だって今まで外に人がいたのを見たことがないのですから。
♪ここには誰も来ぬものを
♪ここには人目も無いものを

ゴンドラの唄” へのコメントが 2 件あります

  1. もも より:

    あー…。
    普段いるはずのない高層のお外に人がいるって、違和感バリバリですね。
    ミステリーかホラーみたいにビックリですね。

    人目のないベランダとて、心のほのおが萌えて、恋するように揺れるバラがあるわけで。
    バラ色の日常が恋しくなりますねー。

    • ラ・ロズレ より:

      そろそろ撤収の日も近いようです。
      そうなると植え替えの心配とかいろいろ思い出して、慌ただしいやら嬉しいやら(笑)
      揺れるゴンドラさようなら、揺れるバラが早く見たいです。(心は春へ♪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。