余計なお世話

スーパーに行ったら一角に「鏡餅」の巨大な山ができていました。
真空パックだからって今から買うかなぁ?
他の商品並べたほうが利益にならないかなぁ?
11月頭から鏡餅ってなんだかバカみたいじゃなかなぁ?
お節の予約なら個数の把握も必要だろうし、クリスマスプレゼントならどれにしようか悩む時間も必要だろうけれど、鏡餅よ?
あ、、いや、、ま、、
余計なお世話です。

余計なお世話” へのコメントが 4 件あります

  1. Keiko より:

    こちらもすっかりクリスマスモードになりました。
    11月1日、つまりハロウィンが終わった翌日からです。

    こういう疑問を持つ私達って商業戦略とは対座の民族なのでしょうか?

    • ラ・ロズレ より:

      まぁお金儲けには向かない性格でしょうね。
      日本もクリスマス商戦に突入しましたが、欧米と違って必ずお正月のものも並行して売ってるので、いつ見ても不思議な光景です。

  2. もう、鏡餅ですか。
    こちらはやっとクリスマス・・・ぽいかなかなぁ、くらいですよ。
    鏡餅って、12月の中頃でも十分ですよね。
    家に置いておくのも場所がいるし。
    よっぽど鏡餅の販売促進のノルマでもあるのでしょうか?
    なんなら、鏡餅の山をモールかなんかで飾り付けて、
    ツリーにしちゃったら一挙両得にな・・・らないかぁ。

    • ラ・ロズレ より:

      鏡餅ツリー!
      それいいですね、私は栗きんとんツリーがあっても許します。
      真空パックがなかった頃はお餅はもっと直前の準備でしたよね。
      それにしてもホント今買ったらどこに置くのでしょう、片隅にしまっておくのは鏡餅に失礼な気がしますが。
      ということはやはり1ヶ月間1個も売れない説が正解???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。