突発性挨拶面倒症候群

本日は仕事納めです。
職場周辺の皆様は大変折り目正しい日本人で、年末の挨拶が行き交います。
数人なら良いのですが、朝から始まり何人もの方々とにこやかに挨拶を交わすうち・・・
あーメンドくさ
とついつい思ってしまう不届きな私です。
今日の仕事を全てやっつけ、事務室のお掃除をし、帰りには大丸で義兄嫁に渡そうと思っているメサージュ・ド・ローズのバラのチョコを買い、ついでに買おうと思ったパンダの東京ばな奈は売り切れだったので諦め、地元の駅前でのし餅を買い、とりあえずは一段落です。
今年は我が家は義父の喪中だし、年末年始のご挨拶はスルスル〜っといきますね(^^)

突発性挨拶面倒症候群” へのコメントが 2 件あります

  1. Keiko より:

    タイトルが目に入った時、一瞬ドキッとしました。体調を崩されたのかもと思って。
    ゴルフ仲間の奥さんで長年小学校の先生をなさっていた方がクリスマス時期自分が住んでいる町は数歩歩くと誰かに挨拶、両頬にキスをするのが面倒だとゴルフ場に逃げ込んでおられました。(笑)
    私とも相性の良い方ですが、きっとロズレさんとも気が合うとおもいます。(^_^)v

    • ラ・ロズレ より:

      体調はバッチリですが精神がへなっとしそうになりました(^^;
      長年の小学校の先生ではさぞや大変でしょうね。
      卒業生とその家族が山のように歩いている町、挨拶もですが、先生ケーキ買ってたとか逐一見られて落ち着かなそうな気がします。
      こういうことって面倒になること以上に面倒になっている自分に罪悪感があるところが嫌ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。