やっぱり悩むマンション修繕

マンションに修繕は付きもので、修繕工事の際にはベランダから全ての物を撤去しなければなりません。
エアコンの室外機は当然移動サポート対象ですが、我が家には何と言っても多量のバラ鉢があります。
今までにベランダからバラ鉢を移動した苦労話をネットでもリアルでも聞いてきました。
いざ自分の番になってみて思うこと、うん、やっぱ、悩むわぁ。
バラ鉢の移動場所です。
マンションでも一応場所は確保してくれます。
いよいよ本格的に植木鉢の移動場所が設置されたのでどんな感じか見に行ってみました。
マンションの端の生垣に沿ったあたり。
敷地の真ん中には作りませんよね、それは当然です。
そして上下二段の棚の上段なら陽は当たりそう。
でも、、、隅っこの、、、わさわさしている生垣の隣、、、
何が生息していても、何が通り過ぎてもおかしくないところ。
そこに我が家の深窓の令嬢を置く?!
Nooooooooooo!
・・・と現地を見て思うわけです。
これから咲くバラたちをそのような恐ろしいところに置けるものですか!
実家に少し持って行こうかと思っていましたが、今持って行っては花が見られないし、だいいち「いいけど、うち虫居るわよ」と言われているのでマンションの端とどっちが安全か確信できないし・・・。
日当たりの悪い室内に置いておいたら、咲かないだろうなぁ、ひょっとして枯れるかなぁ・・・。
せっかくいい土買っておいて咲かせられないなんて、それもまた落ち込むなぁ・・・。
と、悶々と悩む今日この頃です。

シーズン開幕2017

いよいよ今年もバラのシーズンが開幕しました。
今週咲いたバラたちの記念撮影です。
ベランダは風が吹いていたり洗濯物がたなびいていたりという週末事情により、本日は室内で「背景白飛ばしの術」を使いました。
室内とはいえ、昼間の自然光で撮っているので、夜の撮影よりは100倍・・・までは行かずとも80倍くらいはマシかと思います。

黄木香バラ八重のルテア嬢

黄木香バラ一重のルテスケンス嬢

白木香バラ一重のノルマリス嬢

スポンタネア嬢

うふうふ♪

本とバラの日々にちょっと猫

4月から5時15分に帰れるようになったので、目標通り帰りに本屋さんに寄ったりしています。
やっぱり本屋さんは、たとえ駅ビルの本屋さんでも、楽しい!
けど、
やっぱり出費は増えます^^;

本日バラに関連する本を2冊手に入れました。
ポストに届いた1冊は失敗。
ネットで買うと中が見られないのでそんなこともたまにはあります。そういう本に限って高かったりするのですけれど・・・。
もう1冊は本屋さんで見てから買った「MY GARDEN」。
これはなかなか良い企画でした。

横浜に近くない方はあまり面白くないと思いますが、結構近い私としては、今年は何回か行かねばなるまいと思いました。

本(マイガーデンは雑誌ですが^^;)を読むのも、バラの写真を眺めるのも楽し〜い♪
ベランダのちょっと開いたバラたちや、ぷくぷくしてきたプルプレ嬢の蕾を眺めるのも楽し〜い♪
バラ関係者周辺はこの季節、能天気に浮かれる病が流行ります。
すでにすっかり感染中です。
熱が引くまでしばらくの間あたたかい目で黙って見守っていてください。

それから、
東京限定の話題で恐縮ですが・・・
雅叙園の百段階段での猫展、そそられませんか?
福ねこat百段階段展
(百段階段のページはおそらく5/14まで猫リンクでしょう)

開花と言っていいですか

今日の夕刻でこのくらい。
開花と言っていいですか?

東京では今日は26度だったとか?
明日も『暑い』らしいので、もっと開くと思われます。
でも明日からの平日には明るいうちに写真が撮れないので、ぎりぎり滑り込みで黄木香(八重)の開花ということにしておきたいと思います(^^)

今日のベランダ仕事

ヘレボをカットして・・・

バラ鉢に固形肥を置いて・・・

蕾祭りを観察して・・・

うどん粉祭りの準備をしているバラにスプレーで威嚇して・・・

原種シクラメンの終わった花葉を少し整理しました。

強風に洗濯物がはためいているので蕾の様子は壁付近しかお見せできないのが残念ですが、今年もすべてのバラが芽吹いて原種とオールドローズの蕾を見ることができて嬉しく思います。
やはり調子イマイチのバラがありそうなのが気になるところ、とはいえ、とりあえずいまのところ生きていればヨシとしましょう。
強い風に乗って河原の桜の花びらがベランダにまで飛んできます。
今年も染井吉野の季節が終わっていきます。

今日のびっくり

美容院に行ったら、雑誌がiPadになっていました。
びっくりしました、驚愕しました。
毎週とか毎月とか最新号を買って管理する手間より、登録20誌くらい読み放題契約のほうが安い時代になったのでしょうか。
iPadの初期投資はあるでしょうけれどねぇ?
本当に、明らかに、時代は変わりました。

バラのバッグ(買わないけど)

ネットで買い物をすると、しばらくお店からのDMなどが届くことはよくあることです。
見た瞬間「をををーーー!」と思ったので即記念撮影。

Think Bee! シンクビーがすんごいバラ柄のバッグを出したようです。
買いませんけどね。
こういう「いかにも」なのは私の好みではないので。
幸いに。
えぇ、お高いので、幸いでした(^^;

一緒に写っている茶色の縞柄のバッグは通勤に重宝しています。
水筒だの傘だのパンだのとたくさん入るし、軽いし、手持ちも肩掛けもOKだし、撥水コーティングなので雨に濡れてもへっちゃらだし。
これを買ったばかりにDMが来てしまったわけです。
ここのメーカーはハート柄などを使って派手(!)なのであまりオバサン向きではなく、ふたつも買い揃えるほど好みではないし、派手な柄って電車で同じものを持っている人を見かけると絶対に近づきたくないと思うし、なかなか難儀なのです。
要するに、買いませんけれど、バラ柄バッグのDM来たのよーーー、ということです。

『BLOMA ROSA』

「ありあけ」からお菓子の新ブランド登場です。
その名も『BLOMA ROSA』

「ありあけ」は横浜のお菓子メーカーなので、知っている人しか知らないと思うのですけれど(って当たり前か!)、私が子供の頃は『ありあけのハーバー』などという洋菓子はとてつもなくお洒落だと思ったいたものでした。
ものすごく簡単に言うと、卵などを使った洋風のお饅頭、、、でしょうか?
今では同じようなものが全国各地のお土産やさんに山のように並んでいますが、昔は小豆でなく卵とかバターの味のするお饅頭は驚きだったのですよ。
一度は倒産したものの、最近また復活して新ブランドまで立ち上げるほどになりました。
まずは横浜高島屋で限定販売だというので、行ってまいりました。

暗くなってから蛍光灯の下での記念撮影が悲惨なので、フリーイラストからバラのフレームをお借りして飾ってみました。

ショコラブーケ

失敗したなと思ったのは、味で選んでしまったので色が地味なこと。
ストロベリー味とか買っておけばピンクでよかったかもです^^;

開港間もない頃、外国人居留者が多く暮らした横浜山手地区「Bruff(絶壁)」と、西洋バラが持ち込まれバラの歴史とゆかりの深い「Yokohama(横浜)」、お花が咲くようにお客さまの気持ちを咲かせたい「Bloom」という思いから、『BLOMA ROSA』という名を冠しました。
ロゴマークは、花束(ブーケ)をあらわしており、中に隠れている数字“63”は、『ローザ(伊語:バラ)』と、かつて英国人プラントハンターがバラの商いをしていた拠点“山手63番地”という記録にも因んでいます。
(ありあけサイト 新着情報 2017年3月17日より)

 
マドレーヌ

こっちはストロベリーを買ったのでした(^^)

横浜髙島屋での販売は6月6日までです。
横浜イングリッシュガーデンや都市緑化フェアに行ったついでに立ち寄ってみるのもいいかもしれません。
でも売り場はデパ地下ですからね、他にも誘惑の罠がたくさんです、ご覚悟ください。