冬はこたつ、夏は?

冬にカタログを眺めながら妄想するのをこたつ園芸と言いますね。
夏のデスクワークは何というのでしょう、エアコン園芸?
今年の夏は修繕工事のためにバラの実物がベランダにないので、PCワークに勤しみました。
すっかり忘れてしまったPHPを思い出しながら、バラ図鑑の改修に取り組みました。
以前の手作業HTMLがバラ名50音での分類だったので、やはり50音検索は必要であろうということになり、この度検索項目を追加しました。
Webフォント「Font Awesome」も使って楽しみました。
当ブログのメニューに「バラ図鑑/PC版」「バラ図鑑/スマホ版」のリンクがありますので、何かの際には図鑑をご活用ください。

スマホ版のほうはスペースの都合上検索条件は少なくなっています。
その分作業工数は少なくて楽でした。
PC版のほうはかなり悩み、条件が重なると訳が分からなくなるので、50音検索とそれ以外の条件検索を別に分けました。
条件クリアの際の動作など相当悩んだ後が見受けられて我ながら笑えます。
何かを直そうとすると何かを壊す私のこと^^;不具合があまりないように祈ります。

写真の掲載のほうは、これから2012年のバラを整理するところなのであと7年分はたっぷりあります。
なかなか最新品種が載せられそうにありません^^;

そして、妄想ですが・・・
他所の家の地植えのバラを見ると、バラ園のバラを見るのとは違った思いが沸いてきます。
バラ園のバラはあれは別なのです、何というか、プロの世界?
でも家庭のバラは同じレベルで思考が働きます。
つまり対抗意識とか(笑)
私も大きなバラを育てたい!
と思いました。
「大きな」というのは屋根まで伸びるつるバラとかそういうことではなくて、6号鉢より大きなという意味です。
妄想の結果、今ある6号鉢3つを8号鉢に置き換えるのは簡単だということがわかりました。
たった3つと思うでしょうけれど、狭いベランダなのですからそれ以上の数を大きくしようと思うと鉢の数を減らさなければいけなくなります。
ま、それもアリですけれどね、少数精鋭に切り替えるというのも。
でもそうすると何を残すかという大問題も出てきてこれまた大変です。
室内のバラはセリーナ嬢が1本枝枯れしましたが全員生きているし、実家からも枯れた報告は来ていません。
至難の技です。
でも10号鉢くらいで少数精鋭という夢も捨てたわけではありません。

エアコンの風にあたりながら理想と現実の狭間を行ったり来たりするのは、単なる堂々巡りで、ちっとも脳は活性化されていないかもしれない気がします。

残暑お見舞い申し上げます

お盆を過ぎると途端に気持ちが秋に向いていきます。
私には宿題はありませんから、あと10日ちょっとで9月かと思ってわくわくします。
東京は梅雨より梅雨らしい変なお天気が続き、気温は多少低かったものの決して快適だったわけでなく、体調を崩した人もいます。
「気温の変化について行かれません」とマスクをして来た女の子、この蒸し蒸しの日にマスクなんて余計に蒸れそうで可哀想でした。

お盆は、東京では個人経営の商店などではわりとお休みをしますし、工場系やその関連の企業ではまるまる一週間休みにしたりもします。
一般企業ではカレンダー通りの営業が多いのではないでしょうか。
でも、人はこの時期に休みを取ります。お盆の帰省をしなければならない人と山の日の祝日を利用したレジャーの人とが重なることもあります。
私の働いている職場では、郵便物や宅配の荷物は専用の部署が管理してそこで業者さんと授受します。何しろ量が膨大なのでね。
今週は郵便の集荷にいつもの担当者ではなく見慣れぬ人がやって来ました。
普段だったら郵便物の置き場所とか手順とか担当者さんと暗黙の了解があってスルスルっと終わることが初めての人だといちいちはかどりません。
でも見ているとそういうこと以前に、なんだかやっていることが妙にたどたどしいのです。
聞くと「行って集めて来いと言われた」ですと!
子供のお使いですかっ!
後日いつもの担当者にその話をしたら、お盆でとにかく人手が足りなくて、内勤の人が集荷に駆り出されたのだそうです。
そりゃ慣れていないのは当然ですね。「行って集めて来る」が精一杯なわけです。

お盆、なにかと大変です。

私も今年はわりと大変で、お稲荷さんをひとりで60個作ったり、お素麺を大量に茹でたり、天ぷらを大量に揚げたり、自家製梅ジュースを薄めて氷をいれて茶托にセットしたりしました。
地域によって呼び方は違うようですがK家近辺では「あらぼん」と言っています。
長男嫁は専ら接客なので、その地域に住んでいないので誰が誰やらひとりも知らない次男嫁とその娘と三男嫁(←これが私)の裏方用に私は割烹着を用意しました。
だって、割烹着を来ていればお洒落しなくてもいいし、袖があるから油跳ねてもいいし、知らないお客さんとすれ違っても「あぁお手伝いの人が来てるんだな」と思ってもらえてお客さんもこちらも楽だし、働いてるっぽく見えるし、冠婚葬祭っぽくも見える、これサイコー!と私は思ったのですよ。
でも、身内はみんな不思議そうな顔をしていました。次男なんか「割烹着見たのはS◯◯P細胞以来だな」とまで^^;
割烹着ってイマイチですか?
洋装用だと裾にフリルがなくて和装用だとフリルがあったので和装用にしたから袖がダボダボだったのが余計に悪かったかしらん?
私はエプロンよりフォーマルっぽくていいと思うのですけれどねぇ?

夏の記録2017

まったく断りもなしに他所の家の記録です。
お盆の様子見、K家の庭で咲いていたバラたちです。

門の横で

ログハウスの前で

これは・・・どこだっけなぁ^^;

と、こんな具合にそれぞれ咲いていました。
どれも1年目のバラですからこれで順調ではないかと思われます。
庭で咲いた初めてのバラに大感動の義兄と義兄嫁のふたり(^^)
随分バラの種類が多いなと思ったら、栃木県人が千葉の京成バラ園まで行ってバラの大人買いをしてきたみたいです!
京成バラ園でいろいろ研究してきたのでしょう、こんな手作りの名札も立派でした。

私はこのアンクルウォルターの特大シュートに大喜び。

バラっていいですね、地植えのバラっていいですね。

おまけ。

王子様のご機嫌も麗しく、相変わらず高速で動き回るのでスマホで追いきれずあまりいい写真がないのですが・・・

現在サマーカット中で、地肌の感触がたまりません。
尻尾だけフサフサなのがわかる写真があまりなくて、ちょっと暗いですが、雰囲気はこんな感じです。

ベランダ便り

マンションの修繕工事はお盆休みに入りました。
今日のベランダはこんな感じです。


黒いネットが風を受けているのがお分かりでしょうか。
窓を全開にしたら風がビュンビュン入ってきて『寒くて』窓を閉めました。
西日本の皆様、ほっんとにごめんなさい、東京は先日の37度を忘れるくらいにものすごく涼しいです。
しばしばこうして生き返る気温になるので、今年の夏はかなり楽です。
と言ってもまだまだ油断は禁物ですが。

夏のミステリー

先週「Ω」型の生き物をバラから撤去しました。
がっ!
今週もバラの間にネバネバした網掛けが施されていて、1匹いたら30匹いる法則なのか?とめげておりました。
しかし全てはバラのために、です。
今週もバラの点検を行いました。
葉がひらりと落ちるたびに飛び退き、枝は全て擬態に見えて心臓ばくばく。
手を出すのがちょっと嫌なので、セミ拾い鋏(世間では火かき棒という?)を取り出して枝の1本1本をなぞり、葉は裏返し、、、というのを全鉢行いました。
でも・・・
誰もいない???
念のために敷いてある新聞紙もカーテンの裏も点検しました。
それでも見つからないということは・・・
1、見えないところにやっぱりいる
2、「Ω」ではなく移動自由な別な生き物の仕業である
このどちらかでしょうか?
嫌いなものに出くわすのも嫌ですが、犯人不明の完全犯罪も嫌ですよねぇ。

寒くなる話

夏の夜に寒くなる話といえば怪談話が定番でしょうけれど、私はもっと違うもので寒くなりました。
はい。
聞きたくない人、帰っていいですよ〜(笑)
 
 
マンションの修繕のために、バラ鉢をベランダから撤去していくつか室内に置いています。
窓枠に少し出っ張りがあるのでそこに鉢を置いてカーテンを閉めています。
窓ガラス→バラ→カーテン→室内
という構造です。
修繕工事は日曜日お休みです。
土曜の工事後から日曜の夜まではカーテンを開けて過ごします。
我が家は高層ですから普段はカーテンなしで大丈夫なのですよ。
そんなわけで今日も暗くなってからカーテンを開けました。
そして窓際にあるバラ鉢を眺めていると・・・
???
なんか違和感が?
目の片隅にバラには有り得ない形状のものが見えているような?
アーチ型というかくの字型というかU型というか、いや、一番近いのは「Ω(オーム)」型。
そんな形の枝はバラにはありません。

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!

なんでそんなものが室内にいるのよ?
10日も前に室内に入れたのよ?
今気づいたんですけど?

ガクガクブルブル

背筋ゾゾー

明日の明るい時間に全部の鉢を点検します。
多分へっぴり腰でね。

ぶぉぉぉ〜

もの凄い音がベランダに響いています。
ただいま、大規模修繕でベランダの高圧洗浄中。
その音の、いや凄いこと凄いこと。
平日の居ない時間にやってくれたら良かったのになぁ^^;
でもきっとベランダが綺麗になるぞ。
綺麗なベランダが待ってるぞ。
我が家のバラたち、室内で、よその庭で、それぞれ頑張れ!

パラダイス

久しぶりにデパートに行きました。
いやぁ、いいですなぁ、デパート、、、の地下は!
一番の目的は、園芸ショップで「根・土壌集中活性液」を扱っていたかどうかを確かめることだったのですが、残念ながらそれは空振り。
活性液はネットで注文しました。
でもそんなことはぜんぜん問題ではありません。
デパ地下、はぁぁ、パラダイス♪
ワインを買うのも目的で、国産の面白そうな(美味しそうと違う(笑))ものと普通っぽいものと紅白2本買ってきました。
それから高級お寿司。本マグロとか乗っちゃってるやつ。
あと、きびなごを偶然発見。近所のスーパーでは売っていないのよね。もちろん即買い。
そして生ジューススタンドで桃ジュースを堪能。桃美味しい♪♪♪

郊外に住む人と街に住む人の生活の仕方は全然違います。
街に住んでいる以上は、30年後もデパ地下パラダイスに行かれるような生活を目指したいと思います。
そのために必要なのは、まずお金ですね。
お寿司が千円だろうと何だろうと買える力があること、これ大事です。働けるだけ働きます。
それから気力。
近所のスーパーだとサンダルで行きますがデパートはさすがの私も靴を履きます。
そういう日々の気力って大事です。
30年後も桃ジュースが飲めますように。(←ほんっと美味しかった)
30年後もデパートが繁盛していますように。(←地下だけでも!)