便利便利

美容院の予約をホットペッパービューティー(リクルートがやってるネットシステム)でしたら、便利便利。
電話しなくていいし(電話嫌い)前回の予約日時の履歴は残るし。
忘れっぽいオバサンはいつもたいてい「前回はいつ行ったっけ?」って思うので手軽に予約履歴が見られると嬉しいです♪
インターネットの時代はいいなーと、思うことも多いです。

歴代ThinkPad

「ThinkPad」はノートパソコンの名前です。
我が家では結構長い間ThinkPadを使っていましたが、近年は他のものに移行したので、歴代のThinkPadを処分しました。
 
この3台
160112_01
 
これを横から見ると衝撃的です。
この厚み!
現代っ子にはパソコンに見えないかもしれませんね。
160112_02
 
一番上のがまぁまぁ新しい機種。
真ん中のが最古かもしれません。
何年前のものか、もう記憶も定かではありません。
イマドキのMacと比べたら3倍~4倍の厚みがあるように見えます。
このころは、モバイル(mobile 移動式の)という言い方はありませんでした。
ラップトップ(膝に載せて使えるほどの大きさ)と言っていたかしら?

家電や通信機器は本当に進化が目覚ましいので、いくらでもシーラカンスの気分が味わえます。

最後の花

バラの植え替えもミニバラ2鉢と保育園児を残すのみとなりました。
今年は100均でネームプレートを新調していたのですが、惜しくも足りなくなったので買い足してから残りを植え替えようと思っています。
それが終われば私は2015年シーズン突入態勢となります。

我が家で最後まで咲いていたのはモーニングブルー嬢。
半開きが室内で開いたらいいな。
ついでに蕾も開かないかな~。

150112_01

150112_02

春遠からじ

年が明けて、大寒もまだだというのに、もう頭の中は春。
第14回 国際バラとガーデニングショウの日程が発表になりました。
 
2012年5月12日(土)~15日(火)・5月17日(木)~20日(日)
 
今回のメインテーマは『魅惑のバラできれいになる』です。
それはもう、綺麗にならせていただきますよ!(笑)
「身も心も豊かにきれいになる展示」とのこと、「身」はわかりませんが^^;「心」ならバッチリです。
 
今年はキャス・キッドソンさんのコーナーがあるようです。
更には『ベルサイユのばら』40周年を記念してメイアン社の「ベルサイユのばら」を世界初公開だとか。
 
去年までは水曜日始まりだったのに今年はナント土曜日始まり。
毎年週末に出かける私としては、やっぱり初日に狙いを定めるしかないでしょう。
舞台などだったら初日に負けず劣らず千秋楽もいいものですが、生のお花ですからねー、参加の方々もまずは初日に照準を定めて来るでしょう?
・・・と、
頭の中は春なわけです(^^)
 
西武ドームまでお出かけできる皆様も、そろそろ段取りシュミレーションしておきましょう。
今日からちょうど4ヵ月後です。
 
 
※追記
ベルばらのフランス語版「La Rose de Versailles」があるのですね。
メイアンさんはきっとベルばらを読んでバラを選ばれたのでしょうね?
フランス語DVDもあるらしいのでそちらでしょうか?
どちらにしても、アランさんが読んで(観て)いる姿を想像して嬉しくなってしまいました(^^)

園芸ガイドから

080112_01
 
↑今、こんな感じでPCの前に座っています。
 
園芸ガイド2月号の特集は「春まで楽しみ!クリスマスローズ」です。
ふじのはるかさん(左バー”ベランダーのための本”の「今日もベランダで―ふじのはるかのスローガーデニングライフ」の漫画家さん)も登場しています。
ヘレボルス倶楽部の野々口さんのお庭が壮観!です。
 
でも、2月号を買った本当の決め手は寺西菊雄さんが載っていたから(*^_^*)
天津乙女やマダムビオレなどなど(延々)、寺西さんの薔薇は素敵です。
最近「マダム高木」という薔薇を作出されたのだとか。高木絢子さん(園芸研究家で薔薇の大御所(と言っていいですよね?))の雰囲気にぴったりの薄紫のハイブリッドティーです。
 
今日は雨。
ベランダにも雨が吹き込んでいるので、コーヒーを飲みながらゆっくり雑誌でも読みましょ。

目が皿

会社に送られてきた郵便物に記念切手が貼ってありました。
「日本におけるドイツ2005/2006」の記念切手の中の『マイセン磁器(楽器を奏でる日本人の人形)』です。
 
060112_01

”日本人の人形”と書いていなければほとんどの日本人が「中国?」と言いそうなチャイナドレスっぽい格好をしていますが、まあ、ヨーロッパの方にとっては日本も中国もいつもあまりはっきりと区別されていないようですし、我々だってドイツとオーストリアの違いなんてあまり解っていないので、そんなところを突っ込もうと思ったわけではないのです。
お花の模様がですね、これ、何だと思いますか?
一瞬「薔薇?」と思って目を近づけてジーッと見つめて、私の両目は皿になってしまいました。
 
060112_02

椿か牡丹か芍薬か・・・
日本の人形と言ってドイツの方が薔薇を描くとは思えませんよね。
薔薇の切手コレクターとしては一瞬かなりドキドキでした。
せっかく会社宛の封筒からそっと切り取ってGETしたのに、拡大してみるとやっぱり薔薇じゃなさそう。
ですよねぇ?(涙)
 
あぁ、見つめすぎて皿が痛い。。。