日々着々

傍目には見えないことですが、自分では着々と作業をこなし満足満足。
家にあるCDをすべてPCにデータとして取り込み完了。
夜な夜なちまちま!
最近の若者はCDを買わずにダウンロードの時代と聞きましたが、確かに、私でさえ最近CDを買っていませんでした。
どれもこれも古いCD。
Windowsの標準のMedia Playerの場合、Windows Media Playerを開いてPCにCDを差し込むとCDの取り込みができまして、アルバムタイトル、曲名、ジャケットの画像が、上手くいけばすんなり取り込めます。
イマドキのCDはちゃんとしているのかもしれませんが、昔のCDってそういう情報の需要が無かったためか、情報がかなーりテキトーなことが多いです。
外国のアーティストのCDだと、アーティスト名がアルファベットで付いていたりカタカナで付いていたりしてフォルダが別になってしまったり、シリーズものなのにアルバム名の付け方がまちまちでこれまたフォルダがバラバラになってしまったり、ホントに「なーによこれ?」なのがたくさんありました。
アルバムジャケットの画像も自動で取れないものは自分でネットから探したりして「アルバムアートの貼り付け」作業をします。
古いCDはアルバムジャケットの画像を探すのも大変、結構手間取りました。
バックアップもかねてWindows標準とMac標準の両方で保存しました。
WindowsでMacで保存した音楽は聞けますが、MacではWindowsで保存した音楽を簡単には聞くことができないのですね。Macたかびー!
何か立派なクラシック音楽のようなものを、何か立派なオーディオシステムで聞くというのは別の話しとして、ちょっとした音楽をPCやスマホで聞くのなら、CDもステレオも無くても困らない時代になりましたね。
一週間頑張った甲斐あってCDの棚も綺麗に片付きます。
空いた棚にはバラ本を入れる予定です。←バラ本は一生片付かないの(笑)

ひとつしか

新聞の継続手続きに来たこの地区担当のいつもの女性。
実に朗らかにお話しをする方なのですよ。
名前と電話と住所を書いてくださいと紙を渡されました。
はいはい、名前と・・・
その間、女性はやることがないので世間話が始まります。
「今日は風があって寒いですね」
あ・・・そうですね(名前と電話と・・・)
「私は○○県の出身で冬は 云々」
あ・・・そうなんですか(えっと次は住所だっけ?・・・)
「冬休みはね 云々」
あ・・・???・・・(うちの番地は確か・・・うぅ・・・)
ごめんなさいっ!
私、ひとつのことしか出来ないですっ、相槌打つと書けません!!

ハンギング・ペットボトル その後

実験中のハンギング・ペットボトル ≪制作風景はこちら
 
今、こんな感じです。
 
110131_01
 
だいぶ伸びたことは伸びたのですが、花付きがイマイチです。
私の理想はこんもりとした「花の山」だったのに。
やっぱり窓辺とは言え、我が家の室内は日当たりに欠けますか。
 
まぁ、まぁ・・・・・・かな、良く言って。
でもこれでは、第二弾第三弾を作るほどには気分的に盛り上がれません。。。

消えた赤花

そろそろ、レンテンなヘレボラスたちの登場の季節です。
 
我が家のヘレボエリアを見てみると・・・
 
左側の白ヘレボはそろそろいい感じになってきました。
 
100131_01
 
そして、右側の赤ヘレボは・・・・・・
 
100131_02
 
不在。。。
 
どこへ行ってしまったのでしょうか。マズイ。

そういう性格

今日、パスネットを買ったんです、渋谷の井の頭線の駅で。
券売機に向かって10メートルほど手前を歩いていたとお思いください。
目指す券売機でひとりの男性がパスネットを買って去って行きました。
券売機の横に所在なげに立っていたオジサンがひとり。男性が去った後に券売機のボタンを押して、出てきた領収書を手に取りポケットへ。そしてまた用なさ気にふーらふら。
あの領収書って何に使うんですか?私には想像も付きませんが、こそこそ他人の領収書を集めてイイコトに使われるわけがないですよね?お金になるんでしょうか?
券売機に到着したわたくし。パスネットを買って「領収書の必要な方は領収書ボタンを押してください」という機械のおねーさんの言葉に従って領収書ボタンを押しました。べつにいらなかったんですけどね、領収書。でも、もしかしたら私が買ったパスネットの領収書があまりよくないことに使われる可能性があるとしたら、阻止せねば!と思いまして。
オジサンの顔は見ませんでしたがおそらく”ちっ”と思われたことでしょう。
こんな性格でゴメンネ、うふふふん。