切り花の実力

玄関に切り花を飾っていたのですが、うっかり放置して花瓶の水が干上がってしまいました。
それでも散りもしない菊ってスゴイです。
実は仏花なのでバラは入っていません。
諸々の事情により、火葬→お通夜→葬儀の順になり、本来であれば棺に入れられる生花が花束にされて受付で配られました。
そういうことなら、まぁいただきましょうかねぇ、、、ということで2束ほどが我が家の花瓶に生けられる運びとなったわけです。
我が家の玄関はマンションの内廊下に面していますので、暗い+寒いという環境です。
花は、菊(スプレイ菊、小菊を含む)、カーネーション、これらはバラと並んで切り花産業を支える大御所です。
そして、ユリ、トルコギキョウ、アルストルメリア、スターチス。
トルコギキョウとアルストルメリアは真っ先に水切れを訴え萎びてきました。
次にユリがシワシワになりました。
スターチスはもともとドライフラワーと区別がつかない(!)ので見た目変わらず。
そして菊は、葉がチリチリになったものの花はしっかりしていました。
頂き物の仏花ですから長持ち剤などは使用していません。
それなのに、かれこれ2週間咲き続けるとは、恐るべし切り花たち!
もしここにバラが加わったらどうだったのか、興味のあるところです。
切りバラはガーデンローズとは違う種類かつ違った育てられ方をしているので、ロザリアンたちがお庭の花を切って花瓶に生けるのとは全く別物だと思います。
それでも私の予想では、バラは菊にはかなわない、と思いますが、どうでしょうか?
だって残った菊の白・黄・紫とアプリコットのカーネーションは、あと1週間は持ちそうな勢いですよ?
教会の葬儀の時はバラも見たような気がしないでもありません。
セレモニーホールによっては仏教でも白バラを使うことはあるのでしょうか?気になります。
もちろん花が長持ちすることが良いことだというわけではありません、どれだけ薬を使っているかということにもつながります。
でも、菊やカーネーションってもともと生きる力の強い花たちなのかなと思います。
そこに人の手が加わって更にパワーアップしているということでしょうね?
昨日の朝日新聞「be」の「作家の口福」でアクの話が出ていました。ほうれん草を煮て出るあのアクです。
『アクとは植物の過剰な生命力を意味するもの』に思えると。
なるほどと思いました、圧倒される植物の力です。
バラたちも芽吹きの春を迎えています。

エキサイティング!?

友人からメールが来ました。
バラの花束をもらったけれど、このバラ何ていうの?

切りバラはわからないのよね・・・と添付写真を見ると・・・
案の定2枚は名前を言うことができませんでしたが、1枚はひと目でわかりました。

20140312_01
(友人には掲載許可をもらっています。Thanks L!)

エキサイティング・メイアン。

フランスのメイアン社の作出で、花の中からまた花が咲いちゃうという大変エキサイティングなバラです。
国際ヘリテージローズ会議の会場入り口にも飾られていましたし、京成バラ園にも植えられています。
最近の品種はガーデンにも切りバラにも使えるものが増えてきました。
エキサイティング・メイアンもバラ園とお花屋さんの両方で見ることができます。

花束でエキサイティング・メイアンとは、時代も変わったものです。
昔は、いかにもな感じの切りバラにかすみ草、、、なんて組み合わせをよく見ましたよね。
「かすみ草は多めにね」という松田聖子さんの歌も古くなったのかしら?
(『とんがり屋根の花屋さん』という歌で、涙より薄いブルーの青いバラが欲しいと無理難題(笑)をいう歌です)

3月ですから花束の需要も多いと思います。
お庭にはバラはほとんど咲いていない時期なので、切りバラで印象深い花束を作ってあげてくださいね。

それにしても、日ごろはバラにあまり関心を示さない友人なのですが、バラ⇒私 という方程式は出来上がってしまっているようです。久しぶりにメールが来たと思ったらこれですもの。。。

帰ってきました

1時を過ぎましたが帰ってこられました。
しかもそんなにぎゅうぎゅうのひどい目にも合わずに。
時間はかかっても無事に着きました。
家の中は本棚が壊れて本が散乱しているくらいで済みました。
落ちた鉢もポインセチアのみ。バラはすべて無事です。

景観づくりのバラ

今日は、神奈川県の相模川で景観づくりのためにバラの植栽が計画されているというニュース記事を見つけました。
選ばれたバラは
  ノックアウトシリーズ
  マジックメイディランド
  レッドメイディランド
  シェリーメイディランド
 
をををっ!これはすごい景観になりそうです。
何がすごいのかって?
色ですよ。
”ノックアウトシリーズ”というのは「ノックアウト」「ピンクノックアウト」「ブラッシングノックアウト」のことだと思います。
初めて見た時にあまりにも鮮やかだったので、ホントにノックアウトされそうな色だわぁと思った覚えがあります。
百聞は一見にしかず、本館Rose Gardenに全部載っていますのでご覧下さい・・・というのではあまりにも不親切なので、本館からちょっと写真を持って来ることにしましょう。
 
ノックアウト
100312_01
ピンクノックアウト
100312_02
ブラッシングノックアウト
100312_03
マジックメイディランド
100312_04
レッドメイディランド
100312_05
シェリーメイディランド
100312_06
赤とピンクのオンパレード。ね?すごい景観でしょう?鮮やかで。
お花はそんなに大輪ではありませんが、房咲きでドッサリ&ぶわぁーーーっと咲くバラたちです。
そして全てフランスのメイアンさんのバラです。
きれいに咲き揃うといいですね。お近くの方は是非お楽しみください。
 
 
えーーーっと、余談ですが。
全て取り揃えておりますRose Garden薔薇図鑑、偉い?(笑)

ローズニュース

京成バラ園が創立50周年を迎えたそうです。
創立50周年記念のバラは「あゆみ」という黄バラ(HT)です。
今春、バラ園内に鈴木省三氏の個人邸のバラ園をモデルにした「アニバーサリーガーデン」ができるそうです。
 
 
行かねば。
あそこも行きたい、あっちも行きたい、あー忙しい(^^)