濃い目のピンク2種

去年皆様に、2年目のヒヤシンスが”ぼってり”していなくて良いと教えていただいたので、水栽培後の球根を鉢に植えておきました。
本当に!
みっちりと混みあって頭の重いヒヤシンスよりずっとずっと可愛らしいです。
130316_01
冷たい空気の中凛と咲いていた原種シクラメンはそろそろ満開を過ぎました。
もうすっかり暖かですものね。
130316_02

ローズニュース

こんなニュースが出ています。
 

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/03/16/049/index.html


 
iPhoneの方はお試し如何でしょうか。(試しといっても有料ですが・・・)
 
ちなみにPC版はこちら
14ヶ国語で表示が出来るし、ちゃんと手間の掛かっているサイトなので綺麗です。

始めよければ終わりよし

始め
Nessun dorma



終わり
Vincero!
 
 
かの「誰も寝てはならぬ」
テレビで歌詞が出ていたのですが、結局最初と最後しか覚えられなかった^^;
 
皆様ご存知でした?
トゥーランドットの家臣だか御付だかの3人組の名前。
ピンさんとポンさんとパンさんだって。
オペラって意外と笑えるポイントがあったのですね。
「虎のパンツは縞々パンツ♪」と歌わせたら、さすがにプッチーニさんもお怒りでしょうか。。。
—————– 編集後記 —————–
 
一定年齢以上の日本人には子供番組の名前に思えるピン・ポン・パン。
ネイティブ中国人ののZHさんに聞いてみたところ、例えばピンは「平」とか、3つともメジャーではないけれど苗字としてありえなくもないそうです。
中国には百もの苗字があるとか。
なかなかいい組み合わせの音をよくぞ見つけたものです。

昭和の薔薇

昭和初期の薔薇の通信販売目録を入手した話を先日致しましたが(バラエン 其の一から4回シリーズ)、この度、目録の薔薇の部分を本館にまとめました。
「Bits of Knowledge 薔薇の豆知識」を少しリニューアルしてあります。
こちらラ・ロズレで取り上げたように様々な植物が販売されていて、しかも読み込むとなかなか味のある楽しい目録でしたが、本館は”Rose Garden”ですから薔薇のページの部分しか取り上げませんでした。ちょっと勿体無かった気もしないでもありません。
昭和6年は西暦1931年。2008-1931=77。77年前ですよ。
薔薇の通信販売の様子をどうぞご覧下さい。
ちなみに昭和6年で薔薇の値段が1円などと載っていますが、財務省のサイトによると昭和5年の東京でお米10kgが3円20銭だったそうです。薔薇が高くて1円というのは相対的に考えて常識的なお値段だと言っても良いと思います。

ビズがっ!

春になったのでビズ(BISES)が出ましたよ、2冊もいっぺんに!
(毎度泣き笑い^^;)
 
080316_01
 
左は通常の春号。
クレマチスに薔薇にチューリップ。いかにも春らしくカラフルです。
私が食いつきたくなるような写真もいくつかありました。
 
早春号から松本路子さんの英国特集も続いています。
前回はストラットフォード・アポン・エイボンでした。今回はコッツウォルズ地方の小さな村バイブリー。
 
080316_02
 
なんて美しい。。。。。。
 
 
最初の写真の右側は、ビズの薔薇特集の総集編!
薔薇特集の号は結構買っているはずなので知っている記事があるのはわかってはいるのですが、知らない記事や新しい記事があるのでは?と、さすがに本屋さんで全部検証するわけにいかなかったので、潔くお買い上げしてきました。
本当に、ビズさん、春号1,400円、総集編1,800円で、ありがとうございますですよ(涙)
でも楽しいからいいけど(笑)(笑)

クロッカス咲いたら

球根にチャレンジ!
 
080315_05
 
暖かくなって一気に満開。
我が家では6号より大きな鉢は置かないことにしていまして、袋に入っていた球根を全部6号鉢に埋めたので押すな押すなの大混雑。
それでもクロッカスは咲くものです。
 
 
080315_04
 
白い花びらに出来た影。
なんだかちょっと楽しい。。。
 
 
080315_06
 
本当はもうちょっと「紫」を期待していたのに随分控えめな紫。
 
 
きっと毎年咲かせるのは難しいのかもしれないけれど、秋に買った球根は放っておけば咲く?
それさえも出来なかった今までの私っていったい?
すごいチャレンジのつもりが意外とあっけなく成功裏に終わって・・・。
もしかして、炎の指返上かも?一歩前進緑の指?
 
 
ところで、「クロッカス咲いたら」って田渕由美子さんのマンガのタイトルでした。
内容は覚えていないのですが^^;クロッカスを見たらタイトルがふと浮かんできました。