難しい漢字

難しい漢字の代表格といえば
醤油
そして
薔薇
でしょうか?
醤油はかけなくても良いのですが、薔薇はねぇ?みなさま書けますよねぇ?(脅す)
私が最近読めなかった漢字は

これ、読めますか?
馬などの首あたりにフサフサしている「たてがみ」です。
漢字の上部は髪と同じ形状なので、フサフサ系のものだと想像はつきます。
(フサフサしていない人はごめんなさい^^;)
髪(かみ)とか髭(ひげ)とかそういう類だと想像はつきます。
下部が特に難しいですね。
でも調べたらJIS第2水準漢字なのです。
「漢字の正しい書き順(筆順)」(PC版)(「鬣」で漢字検索してください)
(トップリンクフリーです)
第1水準・第2水準って業界用語でしたっけ?
早い話、とても頻繁に使用される一般的な漢字が第1水準で、そんなに頻繁ではないけれど地名や人名に使用されていて必要なのが第2水準と思っていただければいいと思います。第2水準まではほとんどのシステムが対応しているはずです。
試しに「たてがみ」と入力して変換してみてください「鬣」が候補に出るはずです。
でも、だからといって「鬣」という漢字を普段使う人はあまりいません。
わざわざ意識して意味をもたせて使うときくらいでしょう。
いくら機械が便利に変換してくれるからといって、やっぱり自分で書けない漢字は使わないのが人情というもの。(人情の問題じゃない?)
私は「薔薇」って手書きできますからPCでも「薔薇」と変換しています、念のため!
あ、一般には第1水準などではなく常用漢字という分類が使われていましたね。
でもこれはこれで私の大嫌いな「交ぜ書き」が横行していてニュースなどで見かけると「イラっ」とします。
交ぜ書きというのは「補てん」とか「ばん回」とか仮名と漢字が混ざっている単語のことです。
これ嫌いなんですよね、大嫌いなんですよね。
もともとは当用漢字(現代の常用漢字)に無い漢字を仮名で書いていたのが始まりだそうです。
詳しく知りたい方は文化庁のサイトをリンクしておきますのでどうぞ。
文化庁 国語政策・日本語教育 交ぜ書きの問題
(文化庁のHPは個別情報も含めてリンクフリーです)
私個人的には、交ぜ書きではなく漢字の振り仮名で対応してほしいと思っているのですが、デジタルでの振り仮名処理はとても面倒なのでさては逃げているな?と密かに疑っています。
「鬣」ひとつでPCのタブがたくさん開いてしまいました。
海は広いな大きいな。

バラ科非バラ科

暖かくなったのでバラのニュースはないかなとGoogleを見ていました。
まだ開花のニュースはありませんねー。

そのかわり、気になったのは・・・
「Medical Tribune」という医療関係のサイトで、小児科・アレルギー科の方が、
「果物・野菜アレルギー診療では,食物をバラ科・非バラ科に分けて考えることが有用である」
という報告をしていることです。
イチゴなどバラ科の果物があることは知っていますが(もちろん皆様全員ご存じですよね?・・・と脅す)アレルギーの話しでバラ科が出てくるとは。
非バラ科で要注意と書いてあるようなので、やっぱりバラ科は園芸界のみならずアレルギー界でも偉いのかしらん?
(医療関係者専用サイトなので最初の要約の部分しか読めませんし、結論もわからないので、好きなことを書いています、悪しからず。)

詳しいことはわからずとも、とにかくバラ科の果物を調べてみたくなりますよね?
こちらのサイトで調べてみました。
果物ナビ

「分類で絞り込む」のところをご覧ください。
・取引量の多少
・熱帯か否か
・カンキツ類
・ナシ類
・バラ科
・バラ科サクラ属
以上です、以上なのです!
果物でバラ科であるということはなんと重要なことなのでしょう!

えっと、、、、、、、、、、
だからなんだというわけではないので^^;
ここからどうやってまとめましょう^^;;;

いやぁ、今日は暖かいです。
蕾が出そうなくらい暖かいです。
(^^)

耳をすますと

隣のテーブルで何やら顔合わせが行われているようで・・・
聞こえてきたのは日本語とポルトガル語。
日本語は不安定なところのない完璧な日本語で、ポルトガル語はひとつもわかりませんがぺらぺら喋っているようなので、帰国子女かなぁ。
最近は、生活の中で、日本語以外の言語を聞かない日はありません。
私の行動範囲内に旅行者が泊るようなホテルや語学学校があるからかもしれませんが、英語か中国語のどちらかは必ず耳に入ってくると断言してもいいかんじです。
ポルトガル語は、ジーコ監督の映像などは何度も見聞きしましたが、生で聞いたのは初めてかもしれません。
なにやらひとつもわからないものの羅列で意思が通じている人たちがいるって、なんだかふっしぎ~。

東京で開花宣言

あ、紛らわしくてスミマセン、バラの開花宣言です。

Fragrance World  2014/03/17 日本橋 バラの開花宣言

黄木香はそりゃ早咲きですが、いくらなんでも早くありませんか?
フレ様予報は『今年のバラの開花は早そう』と出ております。
さて、どうなりますことやら。

始動

もろもろ、動き始めました。
 
エリックスミシイ。
ちょっと雨でご機嫌良く無さそうですが、すっくと立ち上がりました。
120318_01
 
 
水仙。
この水仙は「スイセンプロジェクト」の「5to5」です。
片割れの5個たちは今頃東北の土の中。
どの辺にいるのかな。そろそろ咲き始めた水仙もいるようですよ。一緒に咲けるかな?
120318_02
 
 
保育園エリアで発見、プルプレJr.
今年の種まきのメインは高嶺さんたちで、プルプレはちょっとした余興だったのですが。
何故か一番に出てくる強健なオールドローズ。
120318_03
 
さぁさぁ、だんだん忙しくなりますよぉ~。

読書の春

春だって読書にはいい季節ですよ。
すぐに眠くなるのが難点ですが・・・・・・
 

 
今回のマイガーデンは必見かな。
私は我が家の永久保存版棚に仲間入りをさせました。
 
 

 
ビズはもしかしたら好みによるかも?
私は「買い」のほうでした。
 
 

 
「植物になって人間をながめてみると」は私としてはオススメしたいです。
植物を育てている方ならきっと思うところのある本だと思います。
分厚いけれど学術的ではなく近所のおねーさんの話を聞いているみたいな文体なので読みやすいです。
ガーデニングの範囲にとどまらず植物と人間に関する面白い考察です。
 
 
以下、個人的なことですが。
国際ヘリテージローズ会議の講義が全て英語だと知って愕然としています。
スペシャル苦手だった英語の勉強でもしようかなと、「基礎・・・」という参考書も読書をし始めました。
会話はしないだろうから、せめて資料など読めればいいなと思いまして。
電車の中で読むと強力に眠くなり「5文型」(←つまり第1章だ!)から進みません(笑)
今から基礎で1年後に英語の講義がわかるのか?
いいんです、努力だけはします。
講義が理解できるほどには役に立たなかったとしても、英語のバラのサイトが読めるようになるかもしれないし。
ま、精進精進。

バラの誘惑

まだ3月だというのに薔薇写をしている記事をみつけました。
敷島公園バラ園の温室です。
ここは要チェック、赤丸急上昇地帯。
去年花博か何かをやったのでしたっけ?
大リニューアルしたばかりなので新しいバラも植わっているに違いない。
バラ園のバラが咲いた頃に行ってみようかしらん、前橋。
あー、いいなぁ薔薇写。もぅウズウズしてきちゃいました。
 
世の中に絶えて薔薇のなかりせば 春の心はのどけからまし
 
在原業平さんのパクリです。
ホント春は誘惑が多いですねぇ。

それでも、春。

外は物凄い風が吹いています。
ベランダの植物達もムチウチか腰痛かどちらかになりそうなくらい昨日から右に左に揺さぶられ続けています。
気温も2月の気温とか。都心で初雪が降ったとか。
桜の開花予想が出た今更冬ですか。
 
それでも。
 
カランコエ『クイーンローズ』さん、御機嫌よう。
 
070318_01
 
義姉が送ってくれた『とちおとめ』さん、御機嫌よう。
 
070318_02
 
 
 
・・・と言っている間に
室外機の上に乗っているER’sの鉢は煉瓦で押さえていないのでかなり危ない。
昨日から強風だったので水をやっていない土がカラカラに乾いて風に舞っている。(土減ってく^^;)
3つの鉢を持ってベランダをウロウロ、この位置も強風、ここもダメ。
結局部屋の中に避難させました。
 
のんびりしてってね。
コーヒーでも飲む?お水でいいの?^^;
風が止んだらあげるから、待っててネ。