年度末とやら

今まで、年度末に何かのある会社で働いたことがありませんでした。
3月決算やら人事異動やらの世間の噂は聞いていましたが、私には関係のない遠い世界のことと思っていました。
本日、人生初の年度末のてんてこ舞いを目撃して、あー世の中こんなに大変だったんだとしみじみ思いました。

今の職場は年度末でさまざまなことが刷新されるところでした。
まず人事異動。
建物内の部署異動と場所移動、他施設への異動(転勤)がどわーっと行われます。
挨拶、見送り、記念撮影、荷物運び、えとせとら〜。
それから組織変更。
部署の分割統合のようなことがあり、部屋の配置替えが大規模に行われます。
そして契約業者さんの変更。
食堂の業者さん変更のため食堂が閉鎖され、自動販売機業者さん変更のため自販機撤去と設置の間飲み物が買えません。
確かコピー機の入れ替えもしていたのでリース業者さんも変わったのかもしれません。(想像です)

更に自分のことでは、受付窓口業務が他業者さんに丸ごと委託されるので、今日は最後の片付けやら挨拶やらで落ち着きませんでした。
全員やめるわけではなく部署が変更になるだけなので、お別れの挨拶ではありませんけれど、部署が変わるとあまり会わなくなるでしょうからね。
そんなこんなで、朝からなんだか慌ただしくて落ち着かなくて、あぁ年度末のある職場って「こう」なんだーと初めて知りました。
2017年になって3ヶ月も経ってやっと2016年(度)が終わるなんて、外国の人には理解できないかもしれませんね。
年度の廃止の話が出た時に、別にいいんじゃない?と思ったものですが、今日から意見を変えます、年度の廃止って絶対に大変だし面倒。
慣習を変えるのは膨大なエネルギーが必要です。

来月からは総務課になるため外国人ネタがあまりなくなるかもしれませんので、最後にひとつ。
タイやミャンマーの僧侶の袈裟がオレンジ色なのは見たことがありますよね?
ビルマの竪琴の映画のようなのご存知ですよね?
今日窓口で気がつきました、袈裟の外側は普通のオレンジの布ですが、その下には同じオレンジ色のフリース素材っぽいものを着ているようでした。
日本は寒いですから本国と同じわけにはいかないのでしょう。
ユ○○ロではあんなオレンジのフリース売っていませんね、特注かしらん?(^^)

だし!

だし、出汁。
食事を作る機会のあるの皆様なら気になりますよね。
やってます、という方は、すみません、今日は読まずに飛ばしてください。もしかしてイラッとするかもしれません^^;

和食がユネスコ無形文化遺産だからという理由ではなく、日本人のDNAがだしに反応するのだと思います。
外国の方々は日本人より旨味を感じにくいという場合があるのだそうです。
最近読んだ本で勉強しました。

だしから作るのが本格的、だしは料理の基礎、顆粒だしの添加物が心配・・・などなど「だし神話」は数々あるものの、実際に食事作りをだしから始める人は、それほど多くないように思います。
なぜならば、面倒!・・・ですよね?
でも、私は本を読んで気づいてしまいました。
料理本に様々なだしのとり方が書いてあります。分量も方法も様々です。
これって、バラの育て方と同じかもしれない、と。
園芸書にはバラの育て方がいろーーーーいろ書いてあります。
今でこそ一般のロザリアンさんも本を出す時代になりましたが、少し前まではプロの方が本を書いていました。
剪定はどうの、肥料はどうの、消毒はどうの、あれはどうの、これはどうの。
バラは難しいという観念が拡がったのはこうした園芸書のせいもあるとさえ言われています。
プロはバラを人に見せたり売ったりするのが仕事です。
そりゃ、キッチリやりますよ。
でも、実際は本の通りにやらなくてもバラは咲くし、全然困らないということは、私は身を以て体験して知っています。
だしもどうやらそうらしいのです。
本を書くのは料理のプロ。お客様にお料理を出す立場の人たちです。
自宅で毎日の食事を自分で作って自分で食べる人がそれをすべて真似する必要は、、、必ずしもない!
これが本を読んで一番納得したことでした。
バラと一緒で、参考にはさせてもらうけれど全部は言うことを聞かなくてもいいんだと思ったら、急に気持ちが軽くなりました。

何かと形から入るのは好きなほうですが、今回は家にあるもの利用で始めてみました。
我が家にあったのはこれら。
ガラスのティーポット・茶こしなし。
ガラスのティープット・茶こしつき。
茶こしなしのほうは、ポットに入るように切った昆布を水に浸し冷蔵庫へ入れて一晩おく。
茶こしありのほうは、パックの鰹節を茶こしに入れてお湯を注ぐ。
これでだし完成!
お鍋にふたつのティーポットから、どぼどぼ、どぼどぼ、それだけで合わせだし。

この日は、鶏肉と牛蒡と蓮根を煮たのですが、本に書いてある通り、味付けは少しで十分でした。
鶏肉も良い味出しますしね。
減塩になります。
それに、鰹節の入った茶こしつきティーポットにお湯を注いだ瞬間の香りがたまりません。
日本人で良かったぁぁぁ♪という気になります(^^)
素材さえ吟味すれば、それ以外の科学的なものが何も入っていない料理になるというのもポイント高いです。

べつに、今後いっさい顆粒だしを使わない誓いをたてたりするつもりはありません。
毎日絶対にだしをとるなどという縛りもするつもりはありません。
なにしろまだ「入門者」なのもで^^;
昆布や鰹節の種類、干しシイタケなどの別の素材を研究してみるのが「初級者」?
もっとほかの素材や合わせだしの分量を研究してみるのが「中級者」?
全てを身に着けるのが「上級者」?
お店で出せるまでいくと「達人」??
試験を受けるわけではありませんから、一生入門者だって良いではありませんか。

30分おいてとか、沸騰直前にとか、濾すとか、何グラムとか、そういうことが面倒だと思ったら思い出してください。
清く正しい「だし道」の横に、細くてくねくねして舗装のされていない素人の「だし側道」があることを。

最後に。
本の著者さんがネット上でも紹介されていますので、リンクを貼っておきます。
梅津有希子のだし生活、はじめました。

桜 2015

当ブログでは毎年お馴染みの桜、皇居の牛ヶ淵、今朝の様子です。

150331_01

150331_02

150331_03

150331_04

千鳥ヶ淵はニュースでも新聞でもよく報道されます。そのせいもあってか物凄ぉぉぉ~く混雑します。
私は比較的長閑な牛ヶ淵がお気に入りです。
桜の本数では千鳥ヶ淵に負けますが、お堀の水と石垣、それに日本武道館の屋根が良い感じにワンポイントになっていて、とても皇居らしい風景だと思います。

先日会社が外堀方向へ移転したので、実は、今年は外堀の桜を見ることになるのかなと思っていました。
でもよくよく考えてみれば、引越し先はすぐ近くだし、前の定期券はまだあるし、外堀はまだ慣れていないのでどこの風景が良いのかよくわからないし、、、という諸々の理由から、今年も牛ヶ淵に行くことにしました。朝少し早く家を出てちょっと寄ってから、歩いて新事務所に出勤で、楽勝でした。
来春までには外堀のビュースポットも開拓しておきたいと思います。

先日スマホを新しくして、写真のサイズ設定をしていないことに撮ってから気がつきました。
イマドキのスマホだと「16:9」が標準ですね。ちょっと横長すぎる気もします。
でも「4:3」にすると、横長テレビが出始めた時の昔のテレビみたいに画面の両端が黒くなるし。
どちらにしても、なんだかなぁです。

今日の桜

私のお花見定番スポット、皇居のお堀「牛ヶ淵」です。
全国的に有名な「千鳥ヶ淵」の隣にあり、アイドルお兄さんの影に隠れる地味弟のような存在ですが、私はここは穴場だと思いますよ。

ここの右がすぐ靖国通り&九段下駅です。
140331_01

”淵”でしょう?
140331_02

そして更に左に振ると日本武道館の屋根が見えます。
140331_03

相変わらずの強風で、思わすスマホを取り落としそうになりました。
でもまだお堀にはあまり花びらが散っていませんね。
8分9分咲きというところでしょうか。
満開を過ぎると、お堀の水がピンク色に染まります。

Onigiri

イマドキの言葉にすると、地味にヒーローとでも訳します?^^;
 
Japan’s unlikely hero: the humble rice ball
(The Japan Times Online Thursday, March 24, 2011)
 
おにぎりは優れものです。
こんな素晴しいもの、自慢しなくてどうします。
 
外国の方におにぎりの作り方を説明するのはかなり大変そうです。
面白いので辞書を片手に読んでみませんか。
 
 
 
※You do not need prior permission to create a link to a page on The Japan Times Online, ST Online and The Weekly Online.(Link Policy of The Japan Times Online)

探桜の候

「探梅」という言葉があります。早咲きの梅を探して歩くことです。
年始のご挨拶をしそびれてしまった時などに、探梅の候如何お過ごしですか、なんていうお手紙が書けたら風流です。
 
本来桜には当てはめない言葉ではありますが、染井吉野が咲き揃うまで、色々な種類の咲いている桜を探してみたいものです。

お目覚めですか?

今年初挑戦のハナニラちゃん。
オォー!育ってる育ってる!
えーと・・・2色植えたんだっけ、3色植えたんだっけ・・・・・・?
 
070331_01070331_02
 
 
球根樽全体を見渡してみると・・・チューリップのちゅーちゃんが5名中1名脱落で、でも紅白のちゅーが4個咲いて、周りをハナニラが囲む構図は出来そうな気がする・・・ような・・・しない?・・・ような・・・乞うご期待^^;
ちなみに、画面右が部屋側の壁、画面左が外側。ベランダの植物達は太陽の方向に向かって育つのです。
樽をくるくる廻して満遍なく育てようかと思ってはみたのですが面倒になって放置したらこのように。。。
 
070331_03
 
 
去年の秋に始めて買ったギボウシのギボちゃん。
本当にこの土の中から何か出てくるのかしら?と半信半疑だったのですが本当に何か出てきました(笑)
冬中「土」に水をやっていたわけで、ホントに意味あるのかななんて心密かに疑っていたわけで、・・・いやぁ植物って不思議~^^;
 
070331_05
 
 
盆栽仕立てのキモッコウバラのルテア嬢。
葉っぱが出たばかりなのに、これはもう蕾ですかぁ?!早っ\(◎o◎)/
原種パワーは強力なのかしらん。
 
070331_06
 
 
おこちゃまイングリッシュローズ、ヘリテージのヘリ嬢。
うちのベランダは狭いんだから横に伸びちゃダメ!といってブッツリ切った枝から、今度は垂直に枝(専門用語ではシュートとか言うらしいが枝でヨシ)が伸びてきました。なんて聞き分けのいい子なのでしょう(笑) これなら許します(^^)v
 
070331_07
 
 
春ですねー。
人間は『春眠なんちゃら』と言って眠いのに、多くの皆さんがお目覚めの時を迎えました。

薔薇事始め

日常生活では年末ほどにはたいした影響は無い年度末。
でもやっぱり4月になるといろいろなことが新しくなるのでちょっと慌しい3月の最終日。
 
今月はGalleria Vita Rosaを通してたくさんのお買い物をしていただきましてありがとうございました。
お陰さまでちょっとした本が2冊くらいは買えそうなポイントをいただきました。
実際にポイントが私に加算されるのは少し先ですが、何か買っちゃおー!と今からワクワクしています。
皆様に感謝!です。
今日は「母の日」特集をUPしました。
明日から4月ですからね。油断をしているといいものはあっという間に売切れてしまいます。当ガレリアに限らず他のお店でもですヨ。お買い求めいただかなくとも構いませんので、どんなものがあるかチラッと覗きにいらしてくださいね。それをウィンドウショッピングならぬWindowsショッピングと言う?(あっ言わない。失礼致しました。。。)
 
今まではお手軽な楽天さんの情報のみを使用していましたが、今回新たにリンクシェアというアフィリエイトサービスプロバイダ経由で日比谷花壇さんのリンクの承認をいただきました。
こちらは審査があるのですよ^^; でも承認されるとお店からより詳しい情報をいただけるのでなかなか便利です。
可愛らしいし、リンクページの使い勝手も良さそうなのでバナーリンクをどどーんと貼りました。
 
実は、私はわりとよく日比谷花壇さんを利用させていただきます。
母の日のお花も何度も注文しました。まだインターネットショッピングをやっていない頃は郵送されてくるカタログを見ながらFAXで注文したりもしていました。
贈ったお花は概ね好評ですよ。
一度だけ、鉢植えのカーネーションを贈ったことがあるのです。ところが母から電話がかかって来て、花の中に虫がいっぱいいると言うではありませんか。ビックリして日比谷花壇さんに電話をしたら、すぐに替わりのお花とお詫びを送ってくださいました。そんなことがあっても迅速丁寧な対応がとても好印象だったので、管理が悪いとか悪徳だとかいうわけではなくたまたま運がわるかっただけなのねと納得しました。翌年も、鉢植えはやめてアレンジメントにしましたが、やはり日比谷花壇さんを利用しました。
母の日用の薔薇として「大西 隆コレクション」のミニバラも販売されています。
実は、数年前、私がまだひとつも薔薇を持っていなかった頃、いったいどんな薔薇を買えばいいのか皆目わからなかったので、カーネーションを注文する時に、ついでに自分用にミニバラも1鉢注文しちゃったんです。それが大西隆さんの”ハイデルベルク”でした。(今年は違う薔薇が販売されています)
実はお高い薔薇もひとつだけ持っているのでした~。何しろ始めての薔薇、高いだけに枯らしたらショックが大きい、というわけで気分的な「保険」のつもりで他の通販で600円のミニバラをふたつ追加しました。
これが私の薔薇事始め。
お陰さまで高級薔薇も保険薔薇もすくすくと育っております。
あれから今年の5月で3年経ちます。(まだ薔薇歴3年のヒヨッコでーす^^;)
自分で買ったり、頂いたり、カウプレでゲットしたり(笑)・・・やっぱりごっそり増えちゃいました。
あと3年後はいったいどうなっていることやら。。。
 
 
・・・というわけで
母の日特集の宣伝のついでに、薔薇事始め、語ってみました。

今週のお楽しみ

050331_aoike
本屋さんで↑こんな本を見つけました。
大好きなんですよ、エロイカも青池保子さんも。昔っから。
ボンもエーベルバッハ市も残念ながらまだ行ったことはありませんが、ヨーロッパ旅行の時はいろいろなシーンを思い出して結構楽しみました。
今週の予定⇒青池保子さんの公式ホームページを眺めて楽しむ。
これっきゃないでしょう!
↓↓↓
青池保子さんの公式ホームページ:http://www.aoikeyasuko.com