桜が足りない気がして

つらつらと皆様のブログを読んで桜の写真を見ていると・・・
今年もお堀の桜は見たし、近所の神社の桜の下も通ったけれど、「お花見」というあらたまったこと(宴会ではなく)はしなかったなぁ、頭上にたわわな桜のシャワーを浴びなかったなぁと思い至り・・・

遅ればせながら、桜吹雪を浴びてみました。

あとからあとから、はらはらはらはら、風に乗って降りつづける花びら。
桜吹雪とは良く言ったものです。

150411_05
150411_06
150411_07

今日は日差しはないもののそれほど寒くは無く、体を動かしているとちょうどよい涼しさだったかもしれません。
野球の練習終了。
150411_08

メルヘンに

まだ寒さが抜けなくてお天気が悪いままです。
午後になってようやく雲が切れてきましたが風があるので今日は室内でカメラ遊びです。

今日のテーマはメルヘン。
ふんわりほんわかのパステル調に挑戦してみました。

ナハニラちゃん
150411_01

ノルマリス嬢6姉妹
150411_02

スポンタネア嬢
150411_03

ナニワ嬢
150411_04
 
 
 
うーーーむ、単にうすらボケているのとメルヘンなのは違うな。
こういう風にしたらこんな写真が撮れるのでは?と期待を込めてシャッターを押して、結果を見てガッカリ、、、の連続。
まだまだ勉強は続きます。

花韮

ハナニラです。
あまりにも増えすぎてちょっと邪険にしましたが、好きなのです。
紫と白があったのですが、白のほうが優勢だったみたいです。
良さそうな球根だけとっておいてみたらみんな白でした。

140411_01

もうすぐバラが咲きますから、ハナニラでも眺めてお待ちください。

いよいよ到来

草ぶえの丘バラ園のブログでピンクのスポンタネアが咲いている写真を目にした瞬間、
ごごごごごぉぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(←血が逆流する音)
きた・・・
きた・・・・
きたぁ~~~~~♪
今すぐにでも飛んで行きたくなりました。
今月中には行きたい!
算段せねばっ。
(草ぶえに行く=有休取得です(^^)v)
我が家のお嬢様たちも蕾ラッシュです。
モッコウペアが本命かなと思わせつつ、今年は桜だけでなくバラも動きが速いので、”大穴”の可能性もあるかもしれません。
キャサリンが裏の方で密かにうどん粉祭りの準備を始めようとしていましたが、それは全力で阻止します。
が、私の脳内はもうお祭り直前(笑)
とにかく、
季節到来♪♪♪

牛が淵の桜

毎年お馴染み、皇居・牛が淵の桜です。
 
110411_01
 
110411_02
 
110411_03
 
 
空が暗く、お堀の水がいい色出ません。。。
 
仕事の合間にちゃちゃっと撮ってくるのであまりウロウロできず毎年定点観測になっています。
それはそれで面白いかなと、過去の同じ写真をリンクしておきます。
去年は本当に早かったですねぇ、、、
 
2010年4月2日の牛が淵
 
2009年4月6日の牛が淵
 
2008年4月4日の牛が淵
 
2007年4月4日の牛が淵
 
2006年4月5日の牛が淵

今日のベランダから

朝一番にわけのわからん虫を見て出鼻を挫かれましたが、なんとも暖かな日曜日。
ベランダもうららかに芽吹きが続いています。
 
やっと来ましたハマナス
100411_02
 
”おフジさん”こと富士茨
100411_03
 
結局一番遅かったロサ・カニナ
100411_04
 
これで全員の芽出しを確認できました。
よかったよかった。
 
さて、次に、ゆめさんのリクエストにお答えして我が家のちびっ子ギボウシです。
 
買った時のお店のネームタグをそのまま使っていますので、ダイアモンドティアラに間違いありません。 
100411_05
 
上から。
100411_06
 
ダイアモンドティアラはバラと同じ6号鉢に入っています。毎年ちゃんと咲きます。
ブリムカップは咲きません。
このお花はこの植物はベランダではダメだろうと決めつけずに色々試してみることをオススメします。
ダイアモンドティアラのように案外イケちゃうこともありますよ。

WANTED 虫

この虫誰でしょう。
 
100411_01
 
マンション高層階のベランダにて、はじめて見ました。
あわててファーブル先生の「バラの診療室」をめくってみました。
載っていませんでした。
ということはバラの天敵ではない?
ネットで調べようとしましたが、私の大の苦手な虫の写真オンパレードに挫折しました。
バラを害するものか、そもそも誰なのか、ご存知でしたら教えて下さい。
本体は既に透明な液体をかけた後燃えるゴミとなっております。

阿修羅展

本日、上野まで阿修羅さんに会いに行って参りました。
現在、阿修羅さんちは新築工事中。仮住まいでの暮らしもナンダカナァと思われたのでしょうか、阿修羅さんは八部衆と十大弟子の皆々様を引き連れて、興福寺から国立博物館に、羽を伸ばしがてら出稼ぎにいらっしゃっています。
興福寺ではガラスのお部屋にいらっしゃいます。国立博物館ではガラス無しの広いお部屋にいらっしゃいます。腕も伸ばしておられますが、たぶん見えない羽も伸ばしておられることと愚考いたします。
興福寺では絶対にできない阿修羅さん1周もできて大変ご挨拶のし甲斐があります。
正面のお顔はもちろん、左のお顔も、右のお顔も、惚れ惚れと拝見して参りました。
阿修羅展、かなりオススメです。
 
 
–*–*– 追記 –*–*–
 
役に立つかどうかわかりませんが、念のため追記。
 
私は土曜日の午前中で入場40分待ちでした。
日光・月光さんも、受胎告知もそんなものなので、驚く程ではないレベルです。
国立博物館も慣れたもので、40分と言われたら本当にそれくらいで入れます。
ただし行列場所は野天です。屋根はありません。
国立博物館では日傘も貸してくれます。とは言え、日傘の数にも限りがありますので、昼間にいらっしゃる予定の方は、暑さ対策の完全防備をオススメします。
私は油断してちょっと首が焼けました。。。

ばらのかほり

070411_01
 
ハマナス。Rosa Rugosa Alba。
最初のお花が終わって、蕾が次々と開き始めました。
 
ルゴサは葉脈がはっきりしていて、お花もちょっとぼってり気味のような気がして、今まであまり好きなほうではありませんでした。
でもこうして見ると、まだ子供の枝だということもありますが、真っ白で・・・本当に綺麗に真っ白で、清楚なお花ではありませんか。
 
070411_02
 
それに、とても香りが強いのです。
こんなに小さいのに良く香ります。
ミニバラは香ってもほんのりですから、この香りはかなり嬉しいです。
バラ園に行った気分になります。
 
暗くなってからベランダに出ると「ふっ」とくるこの香り。
Parfun de la Nuit・・・・・・素晴しい~~~。
 
070411_03