今日のベランダ仕事

ヘレボをカットして・・・

バラ鉢に固形肥を置いて・・・

蕾祭りを観察して・・・

うどん粉祭りの準備をしているバラにスプレーで威嚇して・・・

原種シクラメンの終わった花葉を少し整理しました。

強風に洗濯物がはためいているので蕾の様子は壁付近しかお見せできないのが残念ですが、今年もすべてのバラが芽吹いて原種とオールドローズの蕾を見ることができて嬉しく思います。
やはり調子イマイチのバラがありそうなのが気になるところ、とはいえ、とりあえずいまのところ生きていればヨシとしましょう。
強い風に乗って河原の桜の花びらがベランダにまで飛んできます。
今年も染井吉野の季節が終わっていきます。

久方振り

ここ2週間くらい、なんだかろくなお天気でなかった気がします。
今日もこの後雷がどうの突風がどうのとは言っていますが、とりあえず晴れました。
あぁ!春っぽくてステキ♪
こういう時はこの歌を口ずさみましょう。

ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ

「ひさかたの」は枕詞ですが、気にしないで久方振りということで。
紀友則さんが替え歌やアレンジ可のお茶目な方だと良いのですが・・・

残念な記録

ここ数年、花が咲かなかったり咲いても一輪だったりと不調だった十六夜薔薇が、とうとう枯れたもようです。
 
120415_01
 
この時期になってもこの様子では、とうとう力尽きたものと思われます。もともと緑になるのは早かった種類ですから。
不調の原因はわからず仕舞いです。
現在、黄モッコウルテア嬢も不調で、あとヒュー様もちょっと元気が無くて、私ったら何かヨクナイコトしているのかなぁ?とちょっと不安です。
 
 
 
数日前のツルニチニチ草。
この後満開になる予定だったのに、風雨で花が全部チリチリになってしまいました。
今年はあっけなかったです(涙)
 
120415_02
 
 
鉢に植えたミニチューリップ。
このレディージェーンというチューリップは、花びらの外側がピンクの百合咲きなので、ちょっと花を閉じた時のほうが可愛かったなと思っています。日が翳ると良い具合に閉じるのですが、そのことに気がついたのが夕方だったので既に遅し。。。
 
120415_03

今年のチューリップと今日のベランダ

毎年、樽にチューリップを植えて楽しんでいます。
でもチューリップって難しいですね。種類が違うと咲く時期が合わない!(涙)
今は、ピンクのミニチューリップとハナニラが一緒に咲いています。
赤いミニチューリップは既にしおしおになってしまいました。
他はまだもう少しです。
 
110415_01
 
 
こちら、樽に向かって左側です。
すぐにお隣との壁になります。
  
110415_02
 
 
こちら、樽に向かって右側です。
バラやら何やらがほとんどここに並んでいます。
一見スペースがありそうに見えるかもしれませんが、この空間には物干し竿が2本降りてきます。風で洗濯物がバラの棘に引っかかる寸前まできます。
 
110415_03
 
 
それにしても、ハナニラったらどうしてこんなにあるのでしょう?
私は一昨年ひとつ残らず撤去したつもりでした。
ところが、拾い損ねた球根があったらしく、たった1年でも増えること増えること!
今年も残らず撤去の予定です。
 
 
今年も春がやってきました。
チューリップが終わる頃にはバラが咲き始めることでしょう。

先客有り

会社の横にある公園のキモッコウの様子を見てこようと思ったら・・・
 
先客有り。
 
090415_01
 
あ・・・
写真撮りたいんですけどぉ・・・
お邪魔でしょうか?
 
090415_02
 
あぅぅ・・・そんなに睨まなくても・・・
お邪魔なんですね。はいはい、失礼致しました。
 
すごすご帰ってきました。。。

一喜一憂の季節

これ、バラだと思います?
 
090414_01
 
カカヤンバラことロサ・ブラクテアータ、人呼んで八重山野いばらの種を撒いたポットです。
2008/11/29参照
4ポット撒いて、ベランダがカカヤンだらけになったらどうしよう?と心密かに心配していましたが、めでたく1本(笑)発芽かもしれません。
私もとうとうバラを種から育てた人の仲間入り?
ま、まさか・・・雑草だったなんていうオチではないでしょうね。
ちょっとドキドキです。
 
 
次いで、現在の有力蕾の様子もご覧下さい。
 
プルプレ嬢(Rose du Roi a Fleurs Pourpres)の1・2・3!
 
090414_02
 
 
ナニワ嬢(Rosa laevigata)。目標の5号鉢5輪、行けそうです!
 
090414_03
 
 
御所桜嬢(ミニバラ)。完璧に育っています。
 
090414_04
 
 
心配なのは黄木香ルテア嬢(Rosa banksiae lutea)。
極端に蕾が少ないです。
実は・・・思い当たることが・・・・・・
先月、ジョウロに液肥を入れて各鉢に配り歩いていた時、ついついうっかりして勢いでルテア鉢にも液肥を入れてしまったのです。
木香薔薇は性質がちょっと特殊です。剪定も蔓バラの中でも木香薔薇は例外とよく言われます。肥料もバラは肥料食いと言われている中で木香薔薇は要らないのです。それどころか肥料などあげると咲かなくなることもあると言われています。
もしかしたら、それ、やっちゃったかなぁ・・・と思ったりしています。

出来心

夜、時間があったので「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック」を読んでおりました。
今の時期にやることはぁ・・・・・・
ふぅん、ソフトピンチなんていう技もあるんだ・・・
あるんだ・・・
あるんだ・・・・・・(むずむず)
 
朝。
ERのアルン嬢に妙に突出した枝(新しいシュートのこと)が。
これ、邪魔?
キラリーン☆
 
つまんで、ポキ・・・と思ったら案外硬い。
そこで止めればいいのにやり始めたらやりたくなって(←”ソフト”を超越していることを忘れてる)、これでもかぁ!ボキィィィ!
あり得べからざる角度に曲がってぶら~んとしている枝を見ていきなり憑き物が落ちたように我に返った私。
あーーー折っちゃった。すごい硬かった。ソフトピンチってこんなんじゃないじゃん?
結果。わけも無く元気な枝1本剪定。
 
教訓。
本を読んで中途半端に感化されるのはよしましょう。
よく考えてから行動しましょう。