ほろほろっと

ナントカぼうろ(ボーロ)などという、ほろほろっとした食べ物が好きです。
これは、ティラミスの材料にもなるビスケットです。
これをエスプレッソにくぐらせてクリームなどでサンドするとティラミスになるらしいです。
(作ったことはありません、「テレビでイタリア語」でそう言っていました)
130424_01
ティラミスが美味しいのだから、ビスケットだけでも美味しいのでは?とおやつに買ってみました。
ちょっと赤ちゃんの食べ物みたいです(^^)
ほんのり甘くてほろほろっとして、結構楽しめます。
会社で食べようと昼休みにごそごそやっているために、キーボードの飾りつけです^^;;;

日本のバラ

『日本のバラ』が発売になりました。

 
監修・文は大場秀章さん。
来月の国際ヘリテージ会議では「テリハノイバラの学名について」の講義を聴かせていただきます。(英語なんですよ~^^;;;)
1997年発行ですが『バラの誕生』という本もとても面白いです。
 
そして写真は我らが松本路子さんです。
 
海岸線のハマナスには憧れますね~。
知床旅情という歌をご存知ですよね?あの歌って良く考えたらバラの歌ですよね!
(よーーーく考えたら、です)
 
私の一番のお気に入りの写真は、皇居東御苑のサンショウバラ。
実に見事な大木です。
東御苑のバラ園にいると、通りかかりの方々から「これってバラ???」という言葉を聞きます。えぇ必ずと言っていいほど毎回聞きます。
日本のバラの認知度は案外低いのです。
バラ園でこの本の露店を出したいくらいです。(宮内庁の方が全力で走って来るでしょうか?^^;)
 
西洋のお庭のツルバラの風景は私もかなり好きです。
石の壁や白い窓にツルバラ、本当に素敵です。
でも、ベルサイユ宮殿と姫路城はどちらが綺麗かなんて決められないし、決める必要も無いではありませんか?
バラも同じで、別に私だってヨーロッパに喧嘩を売るつもりはありません。
ただ単に日本には日本のバラがあるのです。
そして日本人が日本のバラの美しさを知らないではあまりにも勿体無いと思うのです。
日本のバラは日本の美意識を持って咲いています。
日本のバラは樹を愛で、その佇まいを感じるバラです。
 
野生のバラには五弁のバラが多くあります。
かつて話題になった「ダ・ヴィンチ・コード」にだって出てきた五弁のバラは、日本のバラだけはなく”バラの基本”なのです。
この基本を知っていると桜がバラ科なのも苺がバラ科なのも簡単に頷けます。
 
・・・というようなことをつらつらと思いながら、今年のバラを首を長くして待っています。
自動車運転免許取得に学科と実技があるように、ロザリアンの皆様も実技ばかりでなく、今年は学科で1冊読書など如何でしょう。
日本のDNAを踏まえつつ新品種のバラを愛でるのもちょっと新鮮でいいと思いますよ。

<なごみ>日本古来のバラ

茶道を中心とした日本文化を紹介する雑誌『なごみ』の2011年5月号の特集は「万葉の時代から江戸・現代へ 日本古来のバラ」です。
私は茶道はやっておりませんのですが、ニッポン大好きニンゲンでこういう情報はどういうわけか知っています^^;
 
今回の特集は雑誌の3分の1ほどもページをバラに費やしています。素晴らしい!
バラの特集と言って表紙にカラフトイバラを持ってくる雑誌が他にあるでしょうか。
ページをめくると、サクライバラ、ハマナス、サンショウバラ、ツクシイバラ、など、など、素敵なバラに出会えます。
撮影は我らが松本路子さんです。
 
日本古来の・・・ということで、万葉集、常陸国風土記では棘ばかりが注目された、という話しから入ります。
確かに、野いばらの花はあんなに可愛らしいのに「茨」(茨/荊=棘)呼ばわりですものね。
 
そしてさすがは日本文化を扱う雑誌で、若冲さんをはじめ、袱紗や鍋島のお皿などの美術工芸のバラもあります。
バラの茶花も素敵です。モダンな器に長く垂れた黄モッコウ(ルテスケンス)も、古美術の壺に盛られた白モッコウ(アルバ)も、気品があって何とも言えずカッコイイ!のです。
 
松島の円通院もベルギーのヘックス城も、薔薇物語は多岐に渡ります。
 
私の大好きな皇居東御苑のバラ園と草ぶえの丘バラ園も紹介されていて、松本さんのお写真がこれまた絶品!
 
文章は、高橋睦郎さんや大場秀章さんが担当されています。
 
どうです、ちょっと聞いただけでもかなり充実しているでしょう?
更に面白かったのは、小特集が「初夏をのりきるハーブティー」なこと。
ここでハーブティーを扱うものなの?と驚きました。
 
普段、園芸誌コーナーは皆様頻繁にチェックをされていると思いますが、意外や意外、園芸誌以外でもバラ特集をやっているのだということを是非お知らせしたいと思います。
 
雑誌はどこの書店にもあるというものではないかもしれません。
三省堂(あの駿河台の天下の三省堂)で見つけられませんでしたが、近所のイトーヨーカドーには置いてあります。
見つけられない方のために、いくつかのリンクを下に貼っておきます。
よろしければご利用ください。
なごみ 2011年 5月号、4月28日発売です。永久保存版ですぞ!
 
 
淡交社ホームページ
 
新刊なので今日現在本の画像がまだ出ていませんが、こちらでも予約購入できます。
  
アマゾン

 
楽天 

ローズニュース

なんとなく時節柄カーネーションを追いかけていたら、サントリーさんのサイトに行き着きました。
青い花プレゼントキャンペーンをやっているのですね。
カーネーションの”ムーンダスト”プレゼント期間は終わっていましたが、ナント、4月15日~5月31日は『「青いバラ」一輪と記念の品』プレゼントをやっています。
一輪、ネ^^;
記念品ってなんでしょ、ネ^^;
ザ・プレミアム・モルツを飲まなければいけないので私は応募しませんが、どなたか話の種に如何ですか?

一番の姫

050424rose
今年も薔薇が咲きました。
去年より遅れること2週間。遅れたというより去年が早すぎたのですが。
一番乗りはピンクの姫(^^)v
白い姫も蕾がいっぱい♪
黄色の姫は気が向いたら咲くんです。ちなみに去年はちょっとしか気が向かなかったみたいです^^;
今までに数々の植物を枯らし、炎の指か?と思っていたのに、薔薇たちは誰一人枯れることなく毎年毎年ちゃーんと花を付けてくれます。薔薇は難しい、なんて聞いていたので最初はちょっと躊躇していたのですが、全然心配することはありませんでした。私って薔薇と相性いいのかしらん(^^)
さあさあ、皆様、楽しんでいますかぁ?薔薇のシーズン到来ですよ~