今日のヒュー様

ヒュー様開花です。
150425_01

ヒュームズ ブラッシュ ティー センティッド チャイナ
Hume’s Blush Tea Scented China

長い名前でフルに言うのは大変なので、かつて一世を風靡したヨン様並みの大スター扱いで通称ヒュー様。

まだ1輪しか開いていないのに、もう良い香りがベランダ中に漂っています。
はぁぁぁ、しあわせ。

サンタマリアの谷

来年”第12回国際へリテージローズ会議”が開催される千葉県佐倉市に、草ぶえの丘バラ園があります。
去年から拡張工事を始め、秋には植栽が始まりました。
拡張する区画は『サンタ・マリアの谷』と『インドの夢』と呼ばれます。
『サンタ・マリアの谷』には、イタリアのヘルガ・ブリシェさん寄贈のバラが植えられます。
 
そのヘルガ・ブリシェさんの紹介が「趣味の園芸」テキスト5月号に載っています。
「趣味の園芸」テキストでは、先月4月号から”美しきヘリテージローズの世界”という連載が始まりました。
へリテージローズ会議関係者の好きなバラのお話しを紹介するものです。
ヘルガ・ブリシェさんとはどのような方なのか、どのバラがお好きなのか、へリテージローズ会議または草ぶえの丘バラ園に興味のある方は是非ご覧になってください。
チャイナローズとハイブリッド・ギガンティアのコレクターなのだそうです。 
草ぶえの丘バラ園へ寄贈のチャイナローズリスト(趣味園とは別の手持ちの資料です)を見ても、私は聞いたことのない名前のバラばかりで、実際にバラを目にするのがとても楽しみです。
近々拡張工事のその後の様子を見に行ってきます。

はじまりはじまり

ニュースによると、一部では今日から連休が始まっているとか?
私はカレンダーの赤色の通りにお休みします。
そして、たぶん半径1時間程度から外へは出ないかと・・・^^;
 
今日は、まず、イベント第一弾で「にこたま」に行ってきました。
ルドゥーテのバラは去年渋谷で堪能しましたが、招待券をいただいたのでちゃっかり見てきました。
後藤みどりさんと大野耕生さんのサイン入りの「New Rose」を販売していました。貴公子さまファンの方にはレアモノかもですよ?
後藤みどりさんと大野耕生さんと玉置一裕さんのトークショーは時間が短く、何しろ無料ですから、まぁ、通り一遍になるのは仕方の無いところで、お三方のご尊顔で元が取れたかなと・・・・・・
 
090425_01

ローズニュース

河津バガテル公園のニュースです。
 
◆4月28日、5月1日
入園先着100名に薔薇の新苗プレゼント。
苗の種類は書いてありません。いくつかの中から選べるのでしょうか。だとしたら少しでも早い順位の方がお得?
まだモダンローズには早すぎますが、カナリーバードやモッコウバラが見頃、オールドローズがぼちぼちのようです。モダンローズは今年は例年よりやや早めという予想が出ています。
 
◆5月5日
小中学生の入園が無料。
こどもの日ですからね。小学生の頃からバラ園に連れて行ってもらえるなんて、羨ましい。
 
◆5月11日
抽選で7名に薔薇の花束を。(女性対象)
母の日企画です。バラ園が選ぶ花束の薔薇って何でしょうね? そんじょそこらの名も無き薔薇なんて許しませんよ? ちょっと気になります。
 
◆5月18日
入園券末尾の数字が「15」の方はバガテル友の会(ローズコース)への入会無料。
それはそれは^^;
 
◆5月25日
入園券末尾の数字が「15」の方に公園花「伊豆の踊り子」の新苗をプレゼント。
ををっ!伊豆の踊り子!可愛いですよね。メイアンさんからいただいた黄色い薔薇です。
 
もし河津バガテル訪問をお考えの方は、こういうイベントにぶつけてみるのも楽しいかもしれません。
私は過去2度行きましたが、遠くても行ってみる価値はあるバラ園だと思いますよ~。

交通安全植物繁茂

私が住んでいる地区の近くに、ブログで4コマ漫画を発信しているお花屋さんがあります。
(「花福日記」で検索できます)
4/24の記事は「枯らし屋」。
せっかく買ったお花を枯らしてしまうのは妖怪枯らし屋の仕業らしいです^^;
床まで届く長髪に長衣を着てハンドパワーで枯らすらしいです^^;;;
で、妖怪退治には”お札”というお話しで・・・・・・
・・・・・・
お札とかお守りとか、色々な種類がありますが、もしも、商売繁盛とか交通安全と並んで「植物繁茂」と書いてあったらどうします?
私、買っちゃうかも。いや、買うまではいかないかな、お守り持たない派なので。でも手は出掛かるような気がします。ちょっと心惹かれますよね?

憧れのローズガーデン

060425_01

「憧れのローズガーデン
        ローズガーデン アルバのオールドローズたち」
 
出ましたねー。
鈴木省三さんから受け継いだ薔薇の博物館を目指したバラ園でした。
平成16年に閉演され、薔薇たちは「草ぶえの丘バラ園」に移植されました。
今年新装オープンの予定です。
アルバは畑の真ん中にいきなり出現するバラ園で、目の前を通ってもバラ園だと気づかないという評判(笑)でしたが、私も確かすぐ目の前の道で「ローズガーデンアルバってご存知ですか?」と聞かれましたっけ。「あ、ソレですよ(笑)」ってね。。。
本の中の文章もこのように、アルバはこうでした・・・と過去形が使われています。ローズガーデンアルバの思い出のアルバム、という感じですね。
オールドローズのお庭を目指している方は、是非是非この本をご覧下さいな。
素敵って言うより、綺麗って言うより、”美しい”が当てはまるガーデンです。
 
あまり自慢になりませんが、ローズガーデンアルバには一度しか行ったことがなく、しかもちょっと時期外してました。
5月の連休に行った私が無謀だったのですが^^;(ちなみに2003年)
でも、薔薇の少なかったローズガーデンアルバの記念撮影も載せちゃいます。
 
060425_02

ね?咲いてない(笑)
 
060425_03

こんもり具合がすごい!黄モッコウ終盤の時期でした。
 
060425_04

本の表紙のアーチ。全然ちがーう(笑)
 
060425_05

でも、やっぱり、美しいバラ園。。。
 
 
こんなところでした、ローズガーデンアルバ。
草ぶえの丘バラ園がどんな風に出来上がっているのか、楽しみです。
本は、アルバに行ったことがない方でもオールドローズをお持ちでしたら、ご満足いただけると思いますよ。
 
Amazonはこちら↓
憧れのローズガーデン ローズガーデン アルバのオールドローズたち