限定お菓子買い集め

高速道路のSAと道の駅は、地域限定のお菓子が満載なので大好きです。
 
興味のあるもの、ありますか?
 
100427_01100427_02100427_03
 
左:KitKatさつまいも味 小江戸川越
中:KitKatわさび 静岡・関東土産
右:KitKatとちおとめ 栃木限定販売
 
キットカットは最近各地でこういうものを売っています。もしかして全国展開ですか?東北自動車道蓮田SAに川越と関東。道の駅みかもに栃木。まんまと戦略に嵌ります。
 
 
100427_04100427_05100427_06
 
左:レモン牛乳アイス
中:カルビーポテトチップス 北関東の味 栃木 焼き餃子味
右:ベビースター 宇都宮の餃子せんべい 栃木限定
 
今話題のレモン牛乳は、お菓子にもなっていましたが私はアイスにチャレンジしました。このアイスは美味しいです。東北自動車道佐野SAで食べられます。
 
 
100427_07100427_08
 
左:トーハト ハーベスト 芋ようかん味 東京限定
右:東京 塩ひよこ
 
塩ひよこは東京オリジナルです。
東京限定お菓子は東京郊外でよく見かけます。都内では東京駅や羽田空港が狙い目です。
お土産という位置付けだからでしょうね。都民ですが東京限定が珍しくて”逆輸入”しちゃいます。
 
 
1日でこんなにお菓子を買い集めてしまいました。
それなりの出費だったような・・・高速代に匹敵するくらい?^^;;;
道の駅では一応植物コーナーも見ました。最初は「アンクルウォルター1000円♪」なんて見るのですが、すぐに飽きちゃって(笑)
私はいくつになっても、いつまでたっても、花より団子なんだなぁ。

息合わず

今年のハナニラとチューリップのコラボは失敗に終わりました。
 
失敗その1。
ハナニラが増えすぎた!
確かに増えるとは聞きました。でも1年でこんなに増えるとは!!
”チューリップの這い出る隙間もありゃしない”状態でヲヨヨ^^;でした。
 
失敗その2。
チューリップが咲くのが遅すぎて、ハナニラが終わってしまった!
チューリップにも早咲きと遅咲きがあるみたいですね。
今年のはかなり遅めだし、予想していたのと全然雰囲気が違ってアヤヤ^^;でした。
 
 
では、記念撮影を披露いたしましょう。
 
まずは去年の様子から。
 
070414_01
 
随分サッパリしていますね。
でも雰囲気はこんな感じで満足だったのです。
 
今年。
 
4/15。ハナニラ満開。ちゅー全然。
 
080427_01
 
ハナニラ畑も好きは好きですが、この樽にはいくらなんでも多過ぎ。
なんだか品が無いほどのもりもり。
(余談ですが、これが我が家の東側ベランダのほぼ全景です。)
 
そしてこの後、大風の日が続いて倒れるわ萎れるわ・・・
 
4/27。ちゅー満開。ハナニラ終了。
 
080427_02
 
茶色くなったハナニラをかなり引っこ抜きました。
最初からこれくらいの量だったら清楚でよかったのに。
それに、なんですか?この間延びしたチューリップは?
すっごくバランスも姿勢も悪いです(ーー゛)
 
 
今年はハナニラの球根を少し堀りあげてみます。
チューリップも、ホームセンターのお安いばら売りからテキトーに選ぶのはやめて少し吟味してみます。
 
球根の寄せ植えって難しいものだったのですね。。。

下町ガーデニング事情

23区を歩いていて思うのは、地面がない、ということ。
うちと会社を往復しているだけでは一度も”土”を踏みません。
道路は全部舗装されています。車道も歩道もです。
駅の階段もエスカレーターも土とは無縁です。
地球に直に触れることのない日が何日も続くこともあります。
 
東京都千代田区神田。
江戸っ子の住む下町です。
所狭しと鞄を並べてある鞄屋さん、靴も置いてあるけれど草履のほうがメインの草履屋さん、かつては看板娘が座っていたのだろう小窓のあるタバコ屋さん、ハケとブラシばっかり売っているハケ屋さん、天ぷら屋さん、お蕎麦屋さん・・・・・・そんなお店が軒を連ねています。
下町の古い家は、隣ととても接近して立っているので、文字通り軒が連なっています。
広いお庭などあるわけもありません。
でも、お庭がないなりにいろいろ工夫して暮らしているのです。
 
060427_01

歩道は、厳密に言うと東京都(千代田区?)の持ち物のような気がしますが・・・
大きな樹は街路樹なのでこれは公共物。
その周りの白い柵とパンジーたちは、きっとお店のオバサンのもの。(オジサンだったらごめんなさい^^;)
いつの間にかこんなデコレーションが(^^)
 
ちょっと足を進めて、ピンクのバケツのところに立ってみますね。
 
060427_02

左側は、元は歩道の植え込みです。
ツツジは公共物。
それ以外はみーーーんなきっとお店のオバサンのもの。
植木鉢がズラズラズラーーーーーーっと並んでいます。
反対側から撮ったほうがわかるかしら?
 
060427_03

ね?植木鉢(^^)
大きなビル、高速道路、アスファルト・・・そんな都心のジャングルに出現したオアシスみたいではありませんか?
四季折々ちゃんとお手入れされて、いつもお花が絶えません。
 
緑豊かで自然がいっぱいのほうが、もちろん良いに決まっています。
でも、この下町を故郷としている人びとの、なんて言うのかな、心意気? そんなものが感じられてイイナーと思いながら眺めていたのでした。

植物の声

050427news
フジサンケイビジネスi 4/23(土) 1面から
「植物の声が聞こえる!?」
植物と会話する-。夢のような時代の到来を予感させるシステムが愛・地球博(愛知万博)で提案され、園芸ファンなどの話題をさらっている。
(中略)
植物が発生する電気を測定して植物のメッセージを読み取ろうとする試みだ。
(中略)
「ミズ ヲ クダサイ」。植物のそんな言葉を聞き取る日は意外と近いのかも・・・。

植物と人間の言葉で会話をすることが夢のように素晴らしいことなのかそうでないのかは私にはわかりません。
今日は難しいことはサテおきまして。
例えば、一人暮らしの人が家に帰ってきてホッと一息お花を見るとします。そんな時「ミズ ヲ クダサイ♪」と言われたら、おぉそうかヨシヨシなーんて和んだりしないとも限りません。
でも、例えば、お庭やベランダに出た時一面の薔薇や宿根草や家庭菜園の植物たちが「ミズ ヲ クダサイ」「ミズ ヲ クダサイ!」「ミズ ヲ クダサイ!!」「ミズ ヲ クダサイ!!!」といっせいにしゃべったとしら・・・・・・
ホラーですよね。。。。。。

100年後、それとも1000年後、日本が沈没せず、地球も滅亡していないとしたら、人間と植物の関係はどうなっているのでしょう・・・