福ねこat百段階段

雅叙園の『福ねこat百段階段』に行ってきました。

念のため説明を入れますと、
目黒雅叙園改めホテル雅叙園東京は、目黒駅に程近い結婚式場などもある内装の派手な豪華絢爛なホテルで、なかでも木造の「百段階段」(99段だけどね)は東京都指定有形文化財となっており、その階段と階段の途中の部屋を利用してさまざまな展示会が行われます。

今回は↑の百段階段のリンクにある「○○の間」というところがそれぞれ悉く猫で埋め尽くされるというイベントです。
ただ、猫といってもさまざまありましてね。
今回はあえて言うなら「猫又展」?とでも?
私はぬいぐるみのような洋猫やくーくー寝ている子猫の写真ばかりを見るより猫又のほうが好きなので、たいへん楽しく見てきました。

写真撮影可なのでいくつか紹介します。

タイトルが福ねこなので、ふくふくしたやつから。
誕生日猫です。
365日分の猫がちゃんといるので自分の誕生日を撮るのはお約束(笑)

激論中の猫又。

踊る猫又。

雛壇の五人囃子がやたら楽しそう。

陰陽師系の猫がカッコイイ。

怖カワイイ切り絵猫。

天照さんと八咫烏。

まだまだありますが、おおまかにはこんなラインナップです。
実物の猫とは違う、作家さんの創作なので、こういう世界は楽しいです。

センパフローレンス祭り

ロサ キネンシス センパフローレンス
Rosa chinensis semperflorens
別名:Slater’s Crimson China

140505_01

140505_02

鉢を棚の奥に置いて倒れないように固定してしまったので、なかなかいい感じで写してあげられませんでした。
でも、今年は妙にふんわりした八重咲きで大輪なので、細い枝が枝垂れて手前まで来てくれました。

140505_03

今日は雨。
我が家付近は風も強くなるかも?と思い、咲いている花をカットしました。
花びらが結構細かくて拾うのが面倒なので・・・。
センパフローレンス嬢も今年は大豊作。
6号鉢ひとつで花束ができました。
これ全部センパフローレンス嬢です。

140505_04

縦撮りの方がよかったかしら?と相変わらず似たような写真を量産してお祭り騒ぎです。
そこらのコップに挿しているので足元が見え見えですね。
一応隠してみようかと努力はしてみましたが、まぁあまり気にしないでください^^;

140505_05

バラ、始まりました。

雨も止んだし、ということで。
ちょっとお散歩。
 
今や恒例となったアークヒルズのバラ。
 
難波茨の背景はビル。
 
120505_01
 
黄木香薔薇の背景もビル。
 
120505_02
これはこれでいいのです。
 
カラヤン広場にて。
いつも「ばら売り」という文字についつい反応してしまうのですが、こう書いてあるということは、私だけじゃないんだ?みんなそうなんだ?(笑)
 
120505_03
 
 
そして。
皇居、東御苑のバラ園。
 
今年はやっぱりちょっと遅めかも。
サクライバラもちらりちらり。
 
120505_04<   浜茄子もぽつりぽつり。   120505_05
 
バラ、始まりました。

早咲きのバラ

バラのシーズン2010がいよいよ開幕しました。
今咲いているのは早咲きのバラ。
いくつかご紹介しましょう。
 
Rosa banksiae luteskens キモッコウ(一重)
我が家にあるのはキモッコウだけど八重と、一重だけどシロモッコウ。
全部で4種類あるのでややこしいです。
 
100505_02
 
 
Rosa hugonis ロサ ユー(ヒュー)ゴニス
左上の蕾、枝と同じ赤茶色のお洋服から黄色い顔を覗かせています。
赤茶色の蕾はちょっと不思議です。
 
100505_03
 
 
Canary Bird カナリー バード
わかり易い名前です、カナリア色ですものね。
hugonisとどこが違うかって?種類がちがうのです^^;
 
100505_04
 
 
Rosa primula  ロサ プリムラ
こう見えて意外と大輪で目立つのです。
サクラソウ(primula)より遥かに大きいですよ。
 
100505_05
 
 
Rosa spinosissima ロサ スピノシッシマ
これから咲くバラだと思いますが1輪みつけました。
早めに咲いて早めに実をつけるタイプです。
 
100505_06
 
 
Rosa chinensis spontanea ロサ キネンシス スポンタネア(ピンク)
バラの世界では有名な原種なのです。
なかなかいい感じのピンクですね。
 
100505_07
 
 
Rosa chinensis spontanea ロサ キネンシス スポンタネア(赤)
私が今年”からぶった”バラがこれ。
来年は我が家で会えますように。
 
100505_08
 
  
Rosa laevigata ナニワイバラ
このバラのフェンスを作っている方、多いですね。
キモッコウと争うように、どこも実に見事です。
 
100505_10
 
 
 
一番下のナニワイバラ以外は5/4の草ぶえの丘バラ園です。
(ナニワは今日のうちの子でーす(^^)v)
頼んでいたバラ苗が急遽来年となりましたが、バラ園行きを中止したところで「さてどうしよう?」という予定の無さだったので、やっぱり軽く様子を見に行ってきました。
でもバラの花が見たい方のトップシーズンは5月末~です。
今行っても早咲きのバラが数種類咲いているだけですから、このページを見て慌てて行ってはダメですよ。
 
ほら、パッと見、緑色だけでしょう?^^;
 
100505_01
 
拡張区画の植栽はこんな↓感じです。
 
100505_09
 
まだ中には入れませんでした。
来年世界のバラ関係者がいらっしゃるのはちょうど1年後。
このちびっ子たちがいいお花を咲かせてくれることを願っています。
 
 
 
余談ですが。
朝、湾岸を走った時にはもう葛西の出口はちょっと渋滞していました。
もちろんディズニー渋滞でしょう。
帰りはお昼頃でしたが(そんなにバラが咲いていないのでさすがの私も早く退散する)葛西の出口は超超超~長蛇の列になっていました。
パークに入るまで大変そう。入ってからもアトラクション2時間待ち?
皆様1日中並んで過ごす日だったに違いありません。
ゴールデンウィークってたいへん。
私は連休中近場のお散歩や都心へ買い物に行きましたが、お陰さまでどこも道がスイスイでした。

Rose du Roi a Fleurs Pourpres

オールドローズの中のポートランドローズという分類のローズ・ド・ロイ・ア・フルール・プルプレ。
舌を噛むので通称プルプレ。
 
こんな色のバラが欲しくて、色々探して、私なりに厳選したバラです。
”大当たり!”だったような気がします。
コンパクト、まっすぐ伸びる、丈夫、花持ち良し、そして、良い香り!
 
今年のプルプレ嬢を飽きるほどたくさん(笑)ご覧下さいませ。
 
090505_01
全身。6号鉢。立派な苗だったのではみ出しぎみ。
 
090505_02
おこちゃま。2本増やして1本養女に出し、これは・・・どうしましょう。
 
090505_03
 
090505_04
 
090505_05
 
090505_06
 
たくさん、たくさん、記念撮影しました(^^)v

難波薔薇の場合

ナニワイバラ 難波薔薇 Rosa laevigata です。
 
先日、トゲトゲの蕾を紹介しました。
 
080505_01
 
 
その後、バニラソフトクリームのように尖ってきます。
 
080505_02
 
 
そして、新鮮な卵のように純白と黄色のコントラストが現われます。
 
080505_03
 
 
この開きかけの色合いがとても綺麗。
 
080505_04
 
 
全部開くと直径7㎝。巨大な一重。
皺にもならず、上手に畳んであったのね?
 
080505_05
 
 
全体的に色は薄くなりますが迫力は満点です。
 
080505_06
 
 
中国・台湾原産。
江戸時代に難波の商人によってもたらされたので難波薔薇という名前がついたと言われています。
「金沙羅」「雪月花」とも呼ばれたとか。純白の花びらと黄色のしべを見ると頷けます。
 
性質は放っておけば垣根や屋根を覆うほど伸びますが、キモッコウ同様盆栽に仕立てることも可能です。可能なはずです、盆栽ショップで売っていたくらいですから^^;(980円でした。頑張ります^^;;;)
ちょっと横張りしますので、上手くいくとカッコイイ樹形に仕立てられると思います。(希望的観測)
小さなボディ(5号鉢)に5輪くらい咲かせるとお洒落だと思いませんか?

皇居のバラ園

皇居にバラ園があるのをご存知ですか?
バラ園といっても、お洒落なガセボがあったり薔薇のアーチがあったり女神さまが立っていたりガーデンチェアがあったりする、そういうバラ園ではありません。
全体はこんな↓かんじです。
 
070505_01
 
これは本丸の大芝生を背中にした位置です。
真ん中で枝垂れているのが『鹿の子』。
両側には『庚申薔薇』『マイカイ』『浜茄子』など。
棚には『黄木香』『白木香』。
奥の柵には『桜薔薇』『難波薔薇』など。
そういうバラ園です。ほんの一角ですがバラ園には違いありません。
 
それぞれが1本~数本ですが大切に植えられています。
皇居には樹も花も流行の洒落た洋ものはありません。
薔薇も、日本や中国が原産の薔薇ばかりです。
薔薇はルーツを辿ると決して西洋のお花ではないのです。
広いバラ園で色とりどりの現代薔薇に囲まれてアフタヌーンティー、なんていうのももちろんバラ園の醍醐味ではありますが、こういう日本のバラ園も是非是非多くの方に知っていただきたいと思います。
日頃お花屋さんで見る薔薇とは違っているので「何これ?もしかして薔薇?薔薇?薔薇?」と半信半疑で連呼していたオカーサマもいらっしゃいました。
そうなんです。薔薇なんです。
 
↓これは桜薔薇です。図鑑にはサクライバラと出ています。
 
070505_02
 
これが見たくて行ったのです。時期バッチリ!でした。
か~わいい薔薇ですよね。
 
↓桜薔薇のフェンス(竹製ですヨ)の前では庚申薔薇(コウシンバラ)も満開。
 
070505_03
 
↓難波薔薇(ナニワイバラ)はもう少しです。
 
070505_04
 
↓白浜茄子も。(うちの子こんなに大きくなったらどうしましょう^^;)
 
070505_05
 
↓白木香、黄木香の棚。黄木香はもう終わりです。
 
070505_06
 
070505_07
 
薔薇たちは毎日都心のビルを見て暮らしています。
ここは日本一都会のバラ園、でしょうか?
 
鹿の子も見たかったのにまだ蕾が固かったです。
あと1週間?10日?
もし機会がありましたら、皆様も是非一度皇居の薔薇をご覧下さい。
 
 
★参考文献
  私はこの本を見て出かけました。 皇居の花 四季折々の花めぐり
☆余談
帰りに「新丸ビル」見物をしてきました。(@_@;)なほど混雑していました。
空いてさえいれば、落ち着いた雰囲気のお洒落なセンスのいいビルです。
エスカレーターが長蛇の列でなければ。。。