藤見物

バラの前に藤は?と義姉の誘いに乗って、足利フラワーパークに行ってきました。
何しろゴールデンウィークなので東京から行くのは暴挙と思い、前日から義姉の家に乗り込んで、ささっと気楽に行ってきました。
お陰様で、ひとつも渋滞にあうことなく長閑なゴールデンウィークのお出かけとなりました。
とにかく有名なところなので、一度くらいは見ておかないとね、という藤です。

どどーん

ひらーん

藤って木がカッコいいですね

白いのもひらーん

外側からもだらーん

パークを見渡したところ

一番の売りは藤なので、藤があちらこちらに点在しています。紫、白、黄、そして葡萄みたいな八重。
ツツジ、シャクナゲ、アジサイなどもたくさん植わっていましたが、最近はどうやらバラに力を入れているらしく、義姉も知らないうちにちょっとしたバラ園までできていました。あと2週間くらいしてから行っても結構面白いかもですね。
もっともバラのラインナップは「わりと人気のモダンローズ」を集めていたようなので、私のようなマニアにどうかは微妙なところですが。
義姉のところでは、現在ロザリアン道まっしぐらなので、知っているバラを見て大変盛り上がっていました。
義姉よりはどちらかというと義姉夫がバラの世話をしていて、そういえば義兄も義兄嫁より熱心にやっているし、何故かしらと考えて思い当たりました。
男性陣は先に定年退職して「暇」なんですわ。
奥さんたちはまだ働いているので必然的に男性陣が日々の世話をやることになり、うっかりはまってしまっているのですね〜。

義姉に無断で駐車場の後ろのバラ園を載せちゃいましょう。

小さな一角ですが、周りにつるバラ、次に地植えバラ、そして中心に鉢バラと、結構集めていました。
私が持って行ったDVDも3回くらい見たと言っていて、メイアンさんや鈴木省三さんも覚えたし、なかなか熱心なロザリアンが育っています。

あ、いや、今日のメインは藤でした(笑)
藤も香りますねー。
バラの香りにはちょっと負けますけれど・・・
あ、いや、今日のメインは藤だってば(笑)
堪能しました。ホント。

それから、
義姉たちの勧めで「安藤勇寿「少年の日」美術館」に寄ってきました。
色鉛筆の画家さんで、私は絵が描けないしあまりよくわからないほうなのですが、この人は、かなり素敵だと思いました。
特にこの人の「視点」が魅力的です。
このテーマを描くのにこう描くのか!とものすごく感心しました。
ネットではなかなか絵を大きく載せたりしないのでわかりにくいと思います。
どこかで本など見かけたらめくってみてください。
私は今日かなり勉強になったと思っています。

作業記録

スキャンしたフィルムの整理。

1996年5月の写真終了。
写真はバラごとに連番のファイル名を付けていて(naninani_01、naninani_02・・・)1996年だとほとんど「_01」。
あぁここから始まったのだなと感慨深い。
写真は図鑑用としては使えないほどには悪くなく、もちろん良いとは言わないし美しい写真集用の写真では決してないけれど、、、当時としては「結構いいんじゃない?」と嬉しくなってバラ写にはまった原点なのがよーく思いだされるのでありました。

うっかり飛ばして2000年5月終了。
これは幕張メッセのバラのイベントの写真。
幕張メッセは完全室内。西武ドームは光が入るからまだマシで、室内は妙な照明があたって写真は最悪。
腕が悪いのが拍車をかけているともいうが・・・
でもたった1度きりのイベントだったので無理はあったのだろうなと無残にテカったバラの写真を見ながら思うのでありました。

今年は守備悪し。。。

今朝は風の音で目が覚めました。
私が目が覚めるくらいですからものすごい音です。
昨夜から暴風が吹いているなとは思っていたのですが・・・
(それでも夜中は目が覚めませんねぇ^^;)
ベランダに出てみると・・・
6号鉢が軒並み横倒し。
マダムも夫人も姫も蕾をつけたままばったりと。
リシュリュー卿はせっかく開いた花がぼろぼろに。
ブランシェの花は全部吹っ飛び。
・・・
台風の時だってこんなに倒れたことないのに(号泣)
春先には水切れさせてただでさえ葉っぱがちりちりなのに、追い打ちをかけるようにぼろぼろになってしまいました。
ミニバラの一部はうどん粉大流行だったし。
今年はあまり良いことがありません。
どうしてかな、鉢置きすぎかな・・・・・・

表彰台ぎうぎう

1位ノルマリス、2位キネンシスに続き、第3位、、、ですが、
表彰台の上が大変込み合っております。
 
ヒュー様(ヒュームズブラッシュ・ティー・センティッド・チャイナ)
120507_01
 
はまちゃん(スピノシッシマ・ダブルホワイトみたい?)
120507_02
 
難波茨
120507_03
 
全員同じくらいで3位入賞!
 
あーもう、朝からカメラを持ってうろうろ忙しいことといったら。(←放っておいて下さい)

ロサ・ギガンティア ロサ・キネンシス

ロサ・ギガンティア Rosa gigantea
 
110507_01
 
左の列が神代植物園のギガンティア、右の列が我が家で初開花のギガンティア嬢です。
今年は1輪しか咲きそうにありませんが^^;
見た目では植物園の雄大に育っているお花とそんなに遜色ない?
 
バラの剣弁の祖とか、ティー香の祖とか言われています。
確かにすごい剣弁ですよね。
香りは・・・ほんのりなのです。まだ若いからかなぁ?葉の色も薄いし。
来年はもっと咲いてもらってもっと色々検証したいものです。
 
 
ロサ・キネンシス Rosa chinensis
 
110507_02
 
ブッシュタイプのキネンシスは6号鉢でも充分いけます。
大株のような爆発的な同時開花は無理ですが、冬までぽつぽつと楽しませてくれます。
直射日光2時間くらいでも咲ける体力も持っています。

今日オススメのバラ

昨日と同じタイトルにしましたが、今日のオススメは昨日のオススメとは違います(笑)
 
 
Humue’s Blush Tea-scented China ヒュームズ ブラッシュ ティー=センティッド チャイナ
我が家では通称”ヒュー様”
い~い香りがします♪
  
100507_01
 
 
 
名札は「白はまなす」
でも絶対にスピノシッシマの血筋だと見ています。
これを買った千代田区神保町の「植物図鑑」さんは4/30で閉店しました。
 
100507_02
 
 
 
追悼編。
 
ビコロールは強風のため1日で散りました。
花びら2枚は拾えましたが3枚は飛ばされました。
花びらと言えどもマンションのベランダから無闇に飛ばすのは気が引けます。
 
100507_03
 
 
 
予告編。
 
キャサリン~♪
時間の問題になってきました。行け行けER!
 
100507_04
 
 
あー、毎朝忙しいんだな、これが(^^)v

ノイバラ

ノイバラは日本の誇る日本原産のバラです。
カラフルな巻き巻きではありませんが、あのバラたちだってノイバラが無かったら今頃あったかどうか?
現代のバラの成り立ちの基本中の基本、それがノイバラです。
 
私が欲しがるのは当然と言えば当然。
でもなかなかベランダに置くような小さなしかも気に入ったノイバラが見つけられずに今日まできました。
が!
とうとういただいてしまいました~~~♪
超ご多忙中の松本さんが渋谷駅まで持ってきてくださいました。
30秒立ち話をしてサヨウナラというくらいにお忙しかったのに、わざわざです。
感謝感謝です。
 
ほうら、可愛いでしょう?
 
090507_01
 
東横線の急行が「うそぉーん」というくらいに混んでいて少し散ってしまいましたがお花もほら。
 
090507_02
 
元々はM下様のナチュラルガーデン出身のノイバラちゃん。
回りまわって私のベランダに辿り着きました。
頑張ってお世話させていただきます。
 
ノイバラと一緒にアイスバーグの写真の手作りのカードや資料もいただきました。
ゆめさんのお庭の載った雑誌と共に我が家の家宝です。
全てはバラと共に。

薔薇写始めは皇居から

今年初の薔薇写でテンションがぐぅぅ~っと上がって、皇居行った!薔薇撮った!と触れ回っておりますので、やはり記念に何枚か貼っておきましょう。
 
去年も騒ぎましたのでご記憶の方もいらっしゃると思いますが、皇居には「バラ園」があります。
東御苑の本丸の大芝生の横あたり。植えられているのは日本や中国が原産の薔薇ばかりです。皆様どうしても薔薇と言うと華やかなイメージしかお持ちでないようで、このバラ園にいると様々な会話が面白いです。私は意地悪ではありませんからパパさんがお嬢ちゃんに「これは薔薇じゃないよ。こういうのは豆だよ。」なんて意気揚々と教えていたって何も言いません。「ハマナスは豆ではありませんけどぉ?」なんておくびにも出しません。
 
そんなバラ園の薔薇たちをどうぞご覧下さい。
 
私の大好きなサクラバラ。一重でピンクで小さくて・・・ってこのテに弱いのです。ちょっとピコティもどきも良いでしょう?
 
080507_01
080507_02
 
 
ナニワイバラは何故か花びらがフリフリでした。
一重の花ですがひとつひとつが大きく、白と黄色のコントラストもはっきりしているので、フェンスいっぱいに咲くとそれはそれはゴージャスです。
 
080507_03
 
え~、ものはついでということで、我が家のナニワ嬢も全身をば(^^)
5号鉢5輪の目標にあと1輪。
 
080507_04
 
 
サンショウバラ。ピンクが可愛いでしょう?フリル付きですよ♪
 
080507_05
 
 
ハマナスの白。
 
080507_06
 
もののついでに、我が家の白ハマナス嬢の全身。ナニワと同じ5号鉢。
 
080507_07
 
我が家の白ハマナスは一重ではないので、正確に言うとロサ・ルゴサ・アルバではないと思うのですが、かといって、ハイブリッド・ルゴサとも思えない。ロサ・ルゴサ・アルバ・プレナなんてあるのでしょうか。よくわかりません。(ロサ・ルゴサ=ハマナス、アルバ=白い、プレナ=八重咲き ラテン語かな?)
  
 
ハマナスの赤。一番ポピュラーなタイプです。
これくらいワイルドに咲かせられたら最高ですね。
 
080507_08
 
 
コウシンバラ。の、蕾。
お魚さんの顔みたいで笑っちゃいました(^^)
 
080507_09
 
 
マイカイ。これはRosa rugosa var. plenaだそうです。
ロサ・マイカイとの区別がよくわからなくて薔薇図鑑で悩んでいるのです。(ってまぁ裏話ですが^^;)
 
080507_10
 
 
白モッコウ黄モッコウは散り始めていたので抜かして、あと「鹿の子」を撮れば全部かな?
鹿の子は月末頃に咲きそうな感じでした。
 
これだけの可愛らしいバラ園ですが、何百種類も植わっている大きなバラ園に負けないくらい大好きなところです。

マイブーム・やさいのようせい

最近のマイブームは「やさいのようせい」です。
教育テレビで平日の午前7時40分~7時45分に放送しています。
天野喜孝さんの絵です。天野さんがこんなに可愛い妖精さんを描かれるとはちょっとびっくりでした。
元気な芽キャベツくん、気の強いガーリックくん、おしゃまなレタスちゃん、ほのぼの白ナスくん。みんなナイスキャラです。
朝の放送ですが、夜寝る前に見ると脳が程よくリラックスして良い夢が見られそうな気がします。
連休が終わって5月病?なんて憂鬱な皆様、5分間の癒しの世界をご一緒に如何ですか?
 
 
「やさいのようせい」で検索すると、公式サイトやYouTubeなど様々な情報が見られます。