デジタル版

三省堂(国内大手の本屋さんね、読み方は「さんせいどう」)で、あるいくつかの指定の雑誌を買うとそのデジタル版をプレゼントという企画があり、面白そうだったので1冊買ってみました。

指定の雑誌を買うと、レジでレシートともう一枚「クーポン番号」の紙をくれます。
三省堂書店のサイトで、会員で無い人は会員登録をしてから、クーポン番号を入力します。
デジタル本を読むアプリ「BookLive!」をダウンロードします。
アプリのアカウント設定をします。
アプリの本棚画面にデジタル版が表示されます。

と、まぁ、手順はこんな感じなのでタブレットやスマホの操作が出来る人なら難しくないと思います。
雑誌を読むという目的なら、PCではなく手に持てるタブレットやスマホを使いますよね?
私はiPadに入れてみました。

雑誌を買うとそのデジタル版をプレゼントという企画なので、雑誌を買ったのに、紙の本があるのに、同じものがiPadにも二重にあることになります。
雑誌をすっかり読んでしまった後では、デジタル版をめくる勢いも落ちるというものです^^;
でも私が買った雑誌にはレシピなども載っていたので保存しておくのには良いとは思います。
ただ一冊まるごと全部ではなく、ページを選んで保存できたらなーと、思ったりもしています。

記事のスクラップの課題は置いておくとして、
雑誌はデジタルもアリでしょうかねぇ。
最近はマンガ雑誌を電車で読んでいる若者がいないと思ったら、結構デジタルで読んでいるそうではありませんか。
週刊誌なんかもそうなるのかなぁ。
我が家では既に「鹿の王」(2015年本屋大賞の小説)もデジタルで読んでみています。
一応iPadはひとり一台持ってるので、それぞれのiPadに入れておけば勝手に読めますから。
本だと読み終わるのを待っていたりしなければならないところなので、その点デジタルは自由度高いです。
ただ問題はiPadって私にはちょっと重くて(←古い機種です)、本を読むと手が疲れるってナンなのよ!なところが玉に瑕^^;

以上、最近のデジタル版体験感想でした。

いよいよ国際ヘリテージローズ会議

国際ヘリテージローズ会議が始まります。
明日は無料の公開講演で、オディール・マスクリエさんの「バラで満たされた古都リヨンの邸宅 ラ・ボンヌ・メゾンの暮らし」とジェラルド・メイランさんの「オールドローズとモダンローズの幸せな結婚」のお話しが聞けます♪
明後日からはいよいよ会議本番です。
公開講演は午後からなのですが、会議のレクチャーは朝から午前中いっぱい。
3日間5時起きして頑張ります。
随時速報を入れますし、時間があればつぶやきもしますので、ここのブログと左サイドにミニウィンドウを貼ってあるTwitterで、一緒に臨場感を味わっていただければと思っています。
Facebookは後日”まとめ”を載せる予定です。(さすがの私も3つで速報はちょっと・・・^^;)
もうワクワクして既に「遠足ハイ」状態です(笑)

留守中の鉢植え水遣りシステム実験記

バラの季節だというのに6日間も留守にしました。
2・3日ならそのまま出かけるところですが、花の咲く時期に6日水無しはあまりにも無謀。
どうにかぜねばと悪戦苦闘した記録です。
結果的には、ベランダに吹き込むくらいの雨でも降ってくれればという私の雨乞いに対してバラの神様がスペシャル大サービスで応えてくださり、東京は台風と入梅という次第になり、ベランダの鉢植えたちは全員生き延びました。
もちろん水遣りシステムの効果もあってのことと思い、守備をレポートします。
 
マンションなので他人に鍵を預ける方法はまず除外。自力オンリーで考えました。
我が家のベランダには水道設備がありません。従って水道システムはボツ。
お風呂場利用は窓が無くバラに日光が当たらないのでボツ。
その結果以下の3つのものを候補にあげました。
ホームセンターで買ったものもあるのですが、画像が欲しいので楽天さんにご協力をいただきます。
 
水やりおまかせ君

 
水やり当番

  
保水材
粒上のものを土に混ぜてジェル状にして保水するやつです。
ホームセンターで買ったのですが銘柄を忘れました^^;
 
 
まず、ペットボトルを逆さにするタイプ。
これは水の減り具合が調節しにくいです。
角度によっては1日で水がなくなってしまいます。上手くいけばもう少しもつのですが。
6日には大きなペットボトルが欲しいし、それをコントロールするのはちょっと冒険だなと思いました。
 
水やり当番、結局はこれに頼りました。
でもこれも微調整が必ず必要です。
手順道理にセットしても上手く水が通らない場合があります。
数日前からテストをすることをお勧めします。
私は大きなバケツと2リットルのペットボトルを使用しました。
1鉢1ボトルと思いましたがそんなに水もお茶も飲めなくてボトルの確保が出来なかったため2鉢1ボトルにしました。
大きなバケツは5~6鉢くらいでシェアしてもらいました。
管の途中に空気が入ると水が流れづらくなります。管を吸ったり吐いたりして根気よく1本ずつ調整しました。
ペットボトルを置く高さも重要です。ちょっと高いところに置くと水はあっという間になくなります。低いと水が流れにくいです。鉢と同じ高さかちょっと高いくらいでいいと思います。板などを置いて良い位置を探すことが必要です。
一旦水が流れると随時流れ続けます。ずっと土が湿っているので鉢にキノコが何本も生えました。
外出時以外の普段には使用しないことをお勧めします。長期使用するとバラの健康に良くない気がします。
 
保水材は水やり当番やペットボトルが刺さらないほどの小さな鉢植えに使用しました。
粒々を土の中にしっかり埋めないと保水の効果が高まりません。
小さな鉢植えの土の余白に割り箸を刺して穴を開けるのは根を痛める危険もあります。
これも非常時のこととして「無いよりマシ」と割り切って使うしかありません。
全部は土に埋め切れなかったので効果はまぁまぁで、頼りすぎるのは危険かもです。
 
 
出かける直前までジョウロを手にペットボトルとバケツに水を満たし続け、水やり当番のホースの具合が怪しいもには保険でペットボトル(500ml)を刺し、室内のジェルには気合を注入し、出かけました。
 
帰宅後は、水はほとんど使い切った状態でした。
先に申しましたとおり、バラの神様と雷様が台風の大盤振る舞いをしてベランダに雨を吹き込ませて下さったようなので、土が湿っていたのは雨のお陰か水遣りシステムのお陰か判断が出来ない部分もありました。
でも、バラなら3日水をやらなくても弱りはしても枯れはしないと踏んで、半分もてばいいやくらいの大雑把さでよければ、晴天だったとしても充分に使えるシステムだと思います。
これ以上長期の留守となると、ペットボトルやバケツの水がもたないので危険です。
 
一番安全なのはバラの季節に出かけないこと、ですけどね。。。

室内組さん

ベランダの鉢が小鉢なら、室内の鉢は超小鉢。
 
090530_01
 
今座っている椅子の横にCDラックがあります。奥行き17センチ程度のラックです。
その上に乗っているヤマアジサイとポインセチアです。
この大きさはベランダだと絶対に転げるので窓辺に置いています。
去年は短日処理もしてもらえずにヘボヘボだったポインセチアもサマーカットになってまた葉っぱが出てきました。
ヤマアジサイはモスポットに入っています。ちょっと和風でよいでしょう?
和風といえば、鉢の下に敷いてあるのはワンコ柄の手ぬぐいです。半分に折ると幅も長さもぴったりなのです。土がこぼれてもじゃぶじゃぶ洗えるし、可愛い柄がたくさんあるし、手ぬぐいはなかなか使い勝手が良いですよ。
 
窓の外のベランダにはこの部屋のエアコンの室外機があり、その上にイングリッシュローズとヤマアジサイの6号鉢とおこちゃまミニバラが乗っています。

本日のオススメ番組

今日の「美の壺」は『苔』です。
金曜の夜です。東京はお天気悪いです。涼しいです。
苔鑑賞でまた~りと癒されて過ごしましょう。
 
 
– * – * – * – *- * – *- * – *- * – *- * – *- * – *- * – * –
見ました。癒されました。はぁ~苔はヨイ。
苔は日本人が尤も身近に感じてきた自然の美、だそうですよ。
あぁ、ニッポンちゃちゃちゃ♪
 
我が家のベランダは風が強いせいかあまり苔が育ちませんが、その代わりにお部屋の窓辺の「ウサギゴケ」(とはいえ、タヌキモ科タヌキモ属の多年草)がものすごい繁殖しています。
ウサギちゃん、押すな押すなの大混雑^^;
 
080530_01

お知らせのお知らせ

八ニ一(はにはじめ)さんのペット写真入門のお知らせを発見したのでお知らせします。
(なにやら判りにくい表現^^;)

「おしゃれ工房」 NHK教育テレビ
5/30(月)21:30~55 「ペットを撮るイチ押しテクニック」
翌日再放送 14:30~55
毛並みキラッとソファーのネコ 講師:八ニ一
5/31(火)21:30~55 「ペットを撮るイチ押しテクニック」
翌日再放送 14:30~55
公園で遊ぶイヌ 講師:八ニ一

(以上転載)

ということです。
動物を撮るって難しいですよね。ちっともいい顔しないし、動くし。
もしかしたら役に立つ情報が聞けるかもしれません。
私の周りって特に猫好きさんが多いので、ちょっとお知らせしてみました。
きっと皆さんせっせと愛猫の写真を撮っているでしょう?
情報発信の猫山さん、ありがとうございまーす!
そして夜。。。。。。
見ましたぁ。はっちゃんか~わゆい♪
ぽってりと抱っこされてる姿がたまりませんでした。おとなしい子でした。
撮り方の説明も、わかりやすかったです。