カンカン帽

今年は、エルニーニョがどうたらこうたらで猛暑を覚悟しろというニュースがでていました。
はぁ?今年は?毎年猛暑ではありませんか?
もっと暑いのですか?
というわけで、帽子を買ってみました。

160610_01

麦わら帽子の中でもこの形はカンカン帽と言われます。
カンカンて?と思って検索してみたところ、

麦わら帽子の一種・・・
水兵や船の漕ぎ手のために作られた男性用の帽子が発祥・・・
麦藁を平たくつぶして・・・
天井とつばが平らなのが特徴で・・・
多くの場合ハットバンド(リボン状の帯)が付いており、黒が正式な色・・・

などと長々と説明がありました。
要するに↑↑↑の写真ようなものですわね(笑)

この帽子は、日本の帽子店さんの作ったものです。
私は日本の職人さんをとても信用していまので、多少割高でも買います。
とても軽くてしなやかな手触りです。
帽子のサイズなんて1センチ単位かと思っていたら、この帽子のサイズには「.5」がついています。
そんなところも日本の帽子ですよね(^^)
もちろんサイズ調整テープもついています。

帽子を被ったからといって気温が下がるわけはありませんが、いちおう猛暑対策です。
日傘は、自分でも持ち歩きが邪魔だし他人に対しても近づくとすごく邪魔なので必要最低限にして、なるべく帽子を被ってみようかなと思っています。

雅と妙

新聞に載っていたので既に目にした方も多いかと思います。
 
サントリー美術館の国立能楽堂コレクション展。
そのタイトルが
 
  能の雅(エレガンス)
  狂言の妙(エスプリ)
 
このコピーは衝撃でした。
雅がエレガンスで妙がエスプリですよ。
その通りではありませんか。
能と狂言によくはめたなぁと感動しました。
 
ご覧になっていない方はサントリー美術館のサイトをどうぞ
 
・・・と言いつつも展示を見には行きません。ゴメンナサイ^^;;;

雑ではない草たち

雑草というと、なんとなくどうでもいい草のような気がします。
植木鉢に植えた覚えもない草。
きっと雑草というのでしょう。
でも、良く見ると、ほら、可愛いじゃないですか?
 
060610_01

ちょっとだけハート。
綺麗な緑色をしています。
 
060610_02

完璧にハート。
人気が出ないのが不思議なくらいハート♪
 
お呼びした覚えはありませんが、だからといって邪魔にするのも忍びない。
みんな今、薔薇たちと同じ世界で生きています。
ベランダは本来植物が生育する土のある場所ではありません。
何かがそこに根付いている、それがどんなにすごいことか、時々思い出してみたりします。
 
 
さて、おまけ。 
 
060610_03

本来白~クリーム色の薔薇で、今までこんなに赤くなったことはありませんでした。
今年の気温不順のせい?
こんなの初めて見ました。
 
060610_04

花の色は優しい薄紫と思っていましたが、実は結構派手な顔をしているような気がします。
ちょっとイマドキ風だったかなー。