たかねの花

高嶺。
高い山や峰のこと。
高嶺の花。
高い山など遠く届かないところに咲いているイメージから、自分には手の届かないものをいう。
高嶺薔薇。
本来は高嶺に咲くが、たまに都会のベランダにも咲くバラ。

お天気が悪いのでちょっと暗いですが、超ラブリーに咲いています♪

始めること。

今朝、壁掛け時計が止まっていたのをきっかけに、会社中の時計合わせをしました。
 
実はあの時計進んでるんだよ・・・
タイムカードの時間合ってない・・・
サーバの時計も狂ってる・・・
電話も・・・
 
始めてみると、皆から発言が出るわ出るわ。
日々思っていても見て見ないふりをしてきたことがなんと多いことか。
 
そして、ちまちまと頑張ってどの時計も合っているのを確認した時、とても爽やかな満足感に浸りました。
 
わかってはいるのですけれど。
やらなければ終わらない。
お掃除も、剪定も、植替えも、やり始めれば勢いがつくのはわかっているのに、始めることがなかなか出来ない。
 
“始めること”にエネルギーを使え。
 
と言われても、それが何故か難しいのです。
何故だろう  ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~ (←困ったらとりあえず踊ろう)

取り急ぎお詫び

みなさま~
申し訳ございません<(_ _)>
 
また、なんか、やらかしたようで。。。
 
本館のメールボックス設定をミスったようで、皆様のメッセージを「受信」ではなく「蓄積」しておりました!
どうしてこんなことに?うぅぅ。
おかしいとお思いでしたでしょうに。
皆様我慢強く私が気が付くのをお待ちくださっていたようで・・・(滝汗)
なんて良い方たちなのでしょう(落涙)
私のスットボケタ性格をご理解くださりありがとうございます。っていうか、言って下さいよぅ^^;;;
現在只今より対応に走らせていただきます。
関係者の皆様、よろしくお願いいたします。

それでも時は進む

そろそろ蒸し暑くなってきて、ここからあと3ヶ月くらい飛ばしてくれないかなぁと切望する今日この頃です。
じわりじわりと暮しにくくなる気温と湿度。
それでもロサ・キネンシス・センパフローレンスがぽつりぽつりと咲いてきます。
さすが繰り返し咲く四季咲きの代名詞”センパフローレンス”
 
090614_01
 
 
 
買った時に付いてきたローズヒップの種を撒いてみたカカヤンことブラクテアータ。
ちょっと育った気がします。
雑草じゃなくてバラですから、という姿になってきたような。
 
090614_02

ベランダ改造計画2007

… road to Greenfingers
 
進化するベランダ。
 
改造場所:北側ベランダのラティス
 
◆2006年まで
 
フェンスにラティスを付けた。(その時の様子はこちら
 
gf_060926_01
 
ラティスってどうやって植物を飾っていますか?
蔓を這わせるか、ハンギングを掛けるか、ではありませんか?
生憎、我が家の北側ベランダに置いてあるのはヘレボラス(クリスマスローズ)やギボウシなど日陰に強いといわれる宿根草。
蔓性でもなければハンギング向きでもない植物たち。
このラティスってなんか違うなーとひたすら悩み続けてとうとう・・・・・・
 
ベランダ改造計画2007発動!
 
◆2007年 『ラティスに棚を付ける』
 
gf_070614_01
棚と言っても、ただの棚ではなく四角く囲まなければいけない理由は「風」。
ここは低層住居地域ではありません。その逆。何十階建だかの会社の大きなビルや高層マンションが林立する地帯で、河を通る風とビル風が相まってそれはそれは凄い吹きようで、世間で風が強いなという日はここらは暴風間違いなし。ベランダにひょいと鉢を置くなんてあり得ません。ついうっかりとソレをやって植物は隅のほうへ転がり叩きつけられベランダは土まみれ、という惨劇も何度か体験済みです。
 
しかし、その痛手から学んだのは
〝鉢に風が当たらなければ飛ばない〟
ということ。
葉っぱが千切れたり折れたりすることはあっても鉢さえガードできていれば大丈夫です。
というわけで、棚は四角に決定。
大きくすると棚が重くなるのでひとつの棚に1鉢の仕様です。
 
ラティス3枚に棚は上下互い違いに5個。
本当は6個設置できますが大きな樽が置いてあるのでそこは抜かしました。
(つまりラティス1枚に棚2個の計算)
 
gf_070614_02
 
左右は1枚板、上下はすのこ状。
水や光や少しの風が抜けたほうがいいのかなと思って。
 
gf_070614_03
 
基本的に木ねじ留めですが、底のすのこは念のため補強。
 
ラティスと棚は「結束」で固定。
 
gf_070614_04
 
上部2ヶ所、底2ヶ所に穴をあけて結束を通してラティスに絡めてキリキリッ!と締めました。
 
棚を下のほうに付けた列の上の段はアイビーなどハンギング出来るものを掛けています。
棚を上のほうに付けた下の段は鉢をレンガで覆って置いています。
(こんなふう↓ これはヘレボ・エリックスミシイ嬢)
 
gf_070614_05
 
 
まだ木が新しくてラティスとの色の差がクッキリですが、風雨に晒されればもう少し落ち着いてくるでしょう。
設置してからまだそれほどの暴風になっていないので本当に鉢がずれたり落ちたりしないかは未検証。
上下左右を覆ってしまって光が遮られた植物たちの成長も今後の観察に期待。
 
でも、なんといっても見栄えはいいです。
うちに似合わないくらいスタイリッシュです。
ひとつの棚にひとつの鉢、この贅沢さがお洒落です。
園芸雑誌とか取材に来ないかしらと思うくらいです。
ベランダの幅が狭いので正面から写真を撮ることができませんでしたが、部屋の中の奥の方まで行って遠くから眺めるともっとスッキリと見えるのですヨ。
 
使った素材の木がどれくらいで朽ち果てるのかわかりませんが、材料費はそんなにお安くなかったので(1万円超えた(涙))なるべく長く持ちこたえて欲しいものです。
 
ラティスもう一枚分増やせば、あと3個はヘレボを置けるな ( ̄ー ̄)ニヤリ
 

始めましてのご挨拶 その2

新顔さんがもうひとり咲きました。
ギボウシのギボちゃんです!
 
070614_01
 
ギボウシなんて葉っぱのほうが有名だし、日陰に植えられていたりするし、なんだか地味な印象がありますが、お花はこんなにラブリー♪です。
1本だけベローンと長くてイカみたいなヤツだなぁなんて思います。
我が家の北側ベランダの夏のホープです。
(冬は葉っぱがなくなっちゃうのでその地位をヘレボに譲ります)
 
我が家ではギボちゃんもおちびちゃんです。
みんなと仲良く6号鉢に収まっています。
 
070614_02
 
ほうら、小さくて可愛いでしょう?(^^)
 
お庭に雄大なギボちゃんも素敵ですが、北側のベランダにちんまりと咲いたギボちゃんもとってもとっても愛らしいです。

薔薇園いろいろ

先日友人が『広見公園』の薔薇の写真を送ってくれました。
薔薇の本などでもほとんど紹介されていませんが、静岡県富士市にあり、バックに富士山を望みながら薔薇を眺められるという公園です。写真好きの方にはちょっと有名みたいです。雑誌BISEに一度載ったことがあります。
(広見公園の詳細は本館「Japan’s Rose Hot Spots」で←宣伝(^^)v
 友人の写真は携帯のカメラなので富士山は写っていません。念のため。)
私もいつかは撮ってみたいです、背景が富士山の薔薇の写真。
富士には薔薇だって良く似合う、はず。ですよね?
バラ園に行って一面の薔薇を見るのもいいけれど、風景に溶け込むバラ園ももっともっとたくさんあったらいいのに。ご当地薔薇とでも言いましょうか、例えば東京だったら東京タワーと薔薇って一緒に写らないかなーなんて思います。横浜では港の見える丘公園の薔薇が横浜っぽくていいですね。
全国のそういう風景薔薇の写真をを集めて県別にしたりして写真集でも出したら楽しいだろうなー。

それから、前橋バラ園の話題もいただいているのですが・・・
”前橋バラ園”という語で確かにいくつかのサイトはヒットします。
でも、なーんか微妙に薔薇の話題ではないんですね。
前橋市のサイトでも敷島公園は載っていましたが前橋バラ園は載っていませんでした。
敷島公園のバラ園と前橋バラ園って同一ですか?それとも?
前橋に詳しい方がいらっしゃいましたら情報提供をお願い致します。

それから、しばらく前のことになりますが・・・
『ナッシュビル・カーズ』さんからフレーバーコーヒーのことでMailを頂きました。
(ナッシュビル・カーズさん、遅くなって申し訳ございませんっっっ)
私も以前買ったことのある薔薇の香りのコーヒーを販売しているお店です。
薔薇のフレーバーの他にも、ブルーベリー、ラズベリー、オリーブ、ラ・フランス、いちご、アプリコット、ハスカップ、ラベンダー、メロン、ゆず、みかん、りんご、夏みかん、マロン、そば、もも・・・etc.・・・それはそれはたくさんの種類があります。こんなに色々あるなんてちょっとビックリです。
フレーバーには得意不得意があるかもしれませんが、興味のある方は変わったフレーバーにもチャレンジ(!)してみては如何でしょう。
ローズフレーバーは身体の中まで薔薇の香りでいっぱいになったような気がしましたよ。ハァァってすると身体の中から薔薇の花びらでも出てきそうな妖精にでもなったような感じ(笑)
コーヒー自体は美味しかったのであとは香りはお好みで。
ちなみにローズフレーバーコーヒーは東京では神代植物園、静岡では河津バガテルのお店に置いてあることは確認済みです。
バラ園に行くと何かと薔薇グッズが気になりませんか?薔薇アイスも一度は食べたくなるし、お土産もついつい買っちゃったりします。お土産に迷った時は思い出してみて下さい。

今年の春はバラ園へ行かずじまいでした。信じられなーい!(笑)
①週末に用事があった
②週末にお天気が悪かった
③週末に運転手がいなかった
行かない言い訳が3つも!
今思えば西武ドームのバラショウを駆け抜けてきて本当に良かったです。
あれがなかったら今頃絶対に禁断症状が出ていましたね。
って、やっぱり私、バラ園中毒?アララ~

NYCの標識

050614ny

↓のジグソーパズルの付属解説。

この写真のパズルは上級にしてしまったので、完成して写真を見てもらえる機会が少ないのではないかと思いまして(笑)ちょっと解説など。
どうしてこの写真を撮ったのかといいますと・・・
歩道は、歩く人と走る人。
アメリカの方もジョギングお好きですからねぇ。
自転車道は、自転車の人とスケートの人。 これが「ををっ!」と思ったのです。
自転車道はヨーロッパでもよく見かけますが、スケート(ローラースケート、というかインラインスケートとか言うのでしたっけ?)の人がよっぽどいるのですねぇ、ニューヨークって。確かにセントラル・パークではたくさん見かけましたが、そのまんま街を走っちゃうんですね。速度は自転車に近いです、言われてみれば。
ところ変われば標識変わる。というお話でした。。。