おちゃっぴい?

新聞に三鷹の森ジブリ美術館関連で、江戸川乱歩の「幽霊塔」の記事が載っていました。
「ルパン三世 カリオストロの城」の元ネタになった作品という紹介でした。
カリオストロは大大大(以下無限に略)好きな作品ですが、そういえば「幽霊塔」は読んでいなかったなと本を購入しました。
単行本だと宮崎駿さんのイラストのものもあるそうですが、お高いので^^;文庫本にしました。

乱歩さんは面白いとは思いながらも、作品数が結構多いので気後れしてあまり読んでいません。
そしてあの時代(昭和のはじめのほう)の作品も最近めっきり読んでいませんでした。

まだ読み始めたところなのですけれどね、久々に読むとカルチャーショックを受けますね。
現代とは全く違う文体、乱歩さんの文体はたいへんリズムが面白くて好きです。
そして使われている言葉がこれまた違います。

「おちゃっぴい」
私はここで仰け反りましたよ。
こんな言葉を聞いたのは遥か昔です。
栄子さんという女の子に対して、
『しかたのないおちゃっぴいだ』
『まったく栄子のおちゃっぴいのなせるわざだ』
『そのおちゃっぴいのかん高い叫び声が』
・・・・・・
もしも、宮崎駿さんに釣られて今の中学生がこの本を読んだとして「おちゃっぴい」って何?と聞かれたら・・・何と答えます?
実際に聞かれたわけではありませんが、そう考えたら、私はどう今の言葉に置き換えてよいのか思いつきませんでした。

そういう時は、辞書。

我が家の広辞苑(第三版)を紐解きますと、

①(おちゃひきの転)働いても金にならないこと
②多弁で滑稽なまねをする娘。おませな娘。

きゃー!「おちゃひき」って何?って聞かれそう^^;
お茶、挽きませんからね、誰も。
(わからない人は自分で辞書引いてね!)

次は大言海(だいげんかい 発行:昭和7年 著者:大槻文彦)

①主トシテ、小娘ナドノ、出過ギテおしゃべりスル者ヲ嘲リテ云フ語。

うーむ、なんとなく大言海のほうがピンと来るでしょうか?
出過ぎる子、お喋りで喧しい子、それが何の役にも立たずひたすらウザイ子・・・かな?
でも「おちゃっぴい」というと、なんとなく憎めない響きがいいですね。

「おちゃっぴい」が出て来たのは、300ページ余りある本の36ページ目なのですよ。
読み始めていきなりテンション上がっっちゃって、他にも素敵な言い回しがたくさんあったりして、ストーリーよりも乱歩ワールドそのものに盛り上がってしまった本でした。
あ、ストーリーももちろん面白いですよ、乱歩作品の中でも人気は高いようですし、なんといってもカリオストロの原型ですしネ!
とは言え、まだ途中だったのでした。
いちいち単語に引っかかっていないで先に進まなくちゃ^^;

6月の庭

K家田舎の続き。
カメラを持って行かなかったのでスマホで記念撮影。
表のアーチは滋味だなぁ・・・と思っていたら、
130620_01
裏にちょっと派手なアーチがあるのを発見しました。
アーチを綺麗に作るのは難しいですね。
ちゃんと剪定してちゃんと誘引してこそ綺麗なアーチが作れるのです。
自然にそうなっているわけではないのです。
お庭はすべてがお手入れの賜物です。
130620_02
スモークツリーが、満開・・・満開という表現でいいのかな、でも他に言いようもなし・・・満開です!
130620_03
裏のほうに椅子が置いてありました。
日ごろ人が座っている雰囲気ではありません^^; 猫も座りそうもないし・・・
オブジェかな、庭仕事の途中でたまには腰掛けるのかな?^^;;;
130620_04
夏よりは「危険」が少なかったのは良かったですが、雨だったので、にょろっとした物が出やしないかとビクビクしていました。
途中の、田舎の往来の少ない道路で、前を走っていた軽自動車が急ハンドルを切ったので、え?と思ったら、続いて我が家の車も急ハンドル。
通り過ぎざまに見てしまいました、1メートル、いや1メートル50はあろうかという青っぽいにょろっとしたやつが派手に道路をのたくっているのを。
あんなもの轢きたくないですよねー。(ふるふるっ)
お庭で出会ったらきっと一生立ち直れません。

暑さで壊滅脳

夜、顔を洗う時に、コンタクトを外す前にコンタクトケースを洗う習慣があります。
 
今朝、顔を洗う時に、何を思ったか、いや何も考えずに、コンタクトケースを洗っていました。
そしていざコンタクトを装着しようとして、あれ?無い?
 
ガーーーーーーーーーーンンン
 
流しちゃいました。
 
排水溝に顔を押し付け(←コンタクト入ってないから何しろ見えない^^;)一つだけ引っかかっているのを発見しました。もう一つは既にドンブラコでした。
 
2weekを使っているのですが、月曜日に開けたばかりだったんですよね。。。
 
それもこれも、この暑さが悪い!私の脳は暑さで溶けるのです。
今年も試練の季節がやってきました。

USB扇風機

050620fan1

雨が降らなくても湿度が高く蒸し蒸しする梅雨時。
パソコンに向かっているとなおさら暑苦しい季節です。
そんな時に活躍するのが卓上扇風機。
しかもUSB接続のシロモノです。
え?USBって何かスゴイのかって?
これはですね、コンセントにさしてあるのではなく、パソコンと繋がっているのです。パソコンのUSBっていう穴に差し込めばオッケーなんです。
スゴイでしょう?(スゴイんですったら(笑))

050620fan2

小さくても顔にそよそよ、結構涼しいですよ。
もちろん、パソコンOFFると電気が来ないので止まっちゃいます^^;