サーバ切替備忘録

レンタルサーバのサーバ切替作業を行いました。
見た目には何も変更はありません、あったら逆に困ります^^;
実は、この作業が結構大変だったので、次にまたサーバ切替が行われる時のために備忘録を書いておきます。
(長いし、専門用語が多いし、面白くないですよ、今日の記事←事前自己申告)

サーバ切替は、レンタルサーバのセキュリティ脆弱性に備えるために行われます。
2010年にも切替を行いました。
でもその時の苦労話は何もありませんでした。
なぜならば!
当時はWordpress(ワードプレス)も含めてDB(データベース)を使用していなかったからです。
旧サーバから新サーバへのデータコピーは業者さんがやってくれます。
前回は私はコピーされたホームページの表示を確認すれば良いだけだったのです。
今回はそうはいきませんでした。

まずは、新サーバのIP(アイピー)アドレスを叩きます。
何も表示されません。
マニュアルを見ると「Wordpressの方は・・・」
そうなのです、Wordpressですからまず「htaccess (エイチティーアクセス) 」「wp-config(コンフィグ=Wordpressの設定ファイル)」から書き換えなければいけません。
私は本館ホームページとブログでふたつのWordpressを使用しています。
そして今回余計に作業を面倒にしたのがMac。
慣れ親しんだ「秀丸エディタ」が無いので、UTF-8(ユーティーエフエイト)で保存するのは何なの?から調べなければなりませんでした。
ソフトはインストールしたものの、なんだか馴染めなくて、結局最後はヨボヨボのWindowsマシンを立ち上げて「秀丸」で作業したという捗らない結末になりました。
IT企業を辞めてからシステム開発的作業を全くしなったためMacでテキストエディタを使っていなかったのは大きな痛手です。
これからPHP(ピーエイチピー)の修正などでもっと使いこなしていかなくてはと思います。
次に、設定を書き換えるにあたり新データベース名などを確認しなければなりません。
どこに書いてあるって?サイトマネージャーへログインしろって?それはどこ?初期パスワードは管理者パスワード?は?それ何だっけ?
と、いちいち捗らないことこの上なく、途中でなんども「あ゛〜〜〜」と言いながら休憩を挟みました。
データベースのエラーが「1」と「3」の違いだと気づくのにもかなりの時間を要しました。

やっと新サーバのページが表示されてホームページの確認が終わると、次はバラ図鑑です。
これがまたDB(データベース)で、しかも自分でPHP(ピーエイチピー)にDB接続を書いているので、これらの接続先を全部新サーバに書き換えます。
でもこれは元々自分で書いただけあって当初思ったよりはスムーズに終わりました。

そして次はこのブログ。
業者さんがコピーしてくれたのは5月なので6月分の記事とコメントが新サーバにありません。
旧サーバからエクスポートして新サーバにインポートする作業にも若干躓きました。
テーブル全体を一度にやろうとしてエラーになったのは容量オーバー。
分割しようとして管理者権限がどうしたこうしたと言われたけれど、私のWindowsは半分壊れているのでそんなところをいじっていると余計に時間がかかると踏み、試行錯誤の結果、全体ではなくテーブルひとつずつのエクスポート&インポートという力技で乗り切りました。

あとはメール。
メールアカウントを6個も持っているとこういう時に面倒です。
これもまたBeckyではなくMacメールなので使い勝手がわからず試行錯誤の末設定完了。

というわけで、かなり余計な頑張りも含めて頑張って、昨日切替実行ボタンを押しました。
ひと通りチェックしたので何事もないとは思っているのですが、もしも万が一どこかで失敗していたらすみません^^;
数年後にまたサーバ切替があった際には、今日のこの記事を見返して、あの時も苦労したんだな頑張ろうと思うようにしたいです。

カラム水の記録

グイン・サーガの読者にしかわからない話題だと思いますが・・・

今日は、早川書房の1階「カフェクリスティ」特設の「居酒屋グイン亭」でカラム水を飲みました。
150625_01

メニューはいくつかありますが、やっぱりカラム水でしょう。
150625_02

カフェの入り口
150625_03

おちゃめなバーテンぐいん?
150625_04

19時前頃ですが、明るい季節で良かった♪
150625_05
 
 
私は、カラム水は、たまにはいいけれど、そうしょっちゅう飲まないと思います。
アセロラドリンクばかり飲むと飽きるじゃないですか。
あの感覚です。
もっとサッパリしたものが飲みたいと絶対に言います。
ナリス様には悪いけど。

記録

1900年代のフィルム写真の整理終了。
次は2000年代だぁ~。・・・でも、2000年代も既に14年経過。先は長い。
いやいや地道に2000年5月の写真を整理しよう。
バラの写真はほとんど5月前後と10月前後だけ。
とは言え、それぞれ何100枚だかあるわけで・・・。
フィルムで撮ったのが2005年まで。ここが一番手間がかかる。
その後はデジタルなので多少楽なような気がするのだが・・・その代りデジタルになって撮った枚数が激増しているので・・・手間は同じか?^^;
バラ図鑑は132件登録。

オヤブン到来

毎年ウィンブルドンの放送が始まるころにベランダにやって来るオヤブン。
 ※注:オヤブン=カフェオレ色の6本足の甲虫。でっかいからオヤブン呼ばわり。
今朝、ベランダで寛いでいるのを発見しました。
ウィンブルドンテニスが始まったのとぴったり同時!
オヤブンは番組表を持っているのかしらん???

第62回ジュネーブ国際バラ新品種コンクール

世界各地で毎年バラの新品種コンクールが行われていることはご存知でしょうか。
もちろん日本でもです(^^)v
でも今日はスイス・ジュネーブのコンクールの記事を紹介しましょう。
今年で62回目、第2次世界大戦後に始まったコンクールです。
じっくりお読み下さい。
 
第62回ジュネーブ国際バラ新品種コンクール swissinfo.ch 2009/06/16
 
※このサイトのコンテンツは個人使用のために限って利用が許可されています
※時間が経つとリンクが切れる可能性があります
 
如何でしたか?スミレのように香る薄紫のバラ。
コンクールってこうやって行われているのですね。
 
毎年毎年、しかも世界各地で行われるのですよ、”新品種”コンクールが。
そして新しいバラが続々と市場に流れます。
我が家のベランダの面積は変わらないのに。
写真だって撮っても撮っても追いつきゃしないわ ┐( ̄ヘ ̄)┌

ローズウォーター

最近の私のお買い物はこちらです。
080625_01
これは「ローズウォーター」というシロモノです。平たく言うと「バラ抽出水」です。
まーたKさんたら何やってんだか・・・って思いました?
だって、どういうものか知りたかったんですもの・・・^^;
黄木香薔薇の盆栽を見た時から私のアジアブームが始まりました。
現代の薔薇は、東洋の薔薇と西洋の薔薇が掛け合わされてできたもの。
ノイバラ、ハマナス、にっぽんちゃちゃちゃ。
そして中国から選ばれて西洋に渡ったヒュームズ・ブラッシュを入手し、遅ればせながら中東のロサ・フェティダ・ビコロールを追加。
どうよ!このオリエンタルラインナップ!!←腰に手を当てニヤリ
で、ふと考えました。
日本では野ばら以外の薔薇は観賞用でした(野ばらは鑑賞すらされず)。
現代のガーデニングブームも然り。
中国はどうなのでしょう、公園やお寺に薔薇が植えられているのを見ました。
中国でも”市の花”というのがあって、薔薇はいくつかの市の花に制定されているはずです。
そして、中東は・・・。
イラクとかサウジアラビアとか、薔薇は”国花”です。
市の花などではなく国の花です。
日本における桜は正式に国花として制定されているわけではありませんが、日本国民老若男女が知っており、季節になればヤレ開花だヤレ前線だと大騒ぎ。
それと同じように考えると、薔薇を国花とする国にとって、薔薇は一部のマニアだけでなく全国民に認知され、全国民に誇りにさえ思われている花、と解釈できます。
でも、全国民がガーデニングブームを引き起こしているわけではないと思うのです。ブルガリアで茶摘のように女性たちが薔薇を摘んでいる写真をよく見かけるように、中東の薔薇も収穫系なのだと思います。
しかも、香油にすると大変高価になりますので・・・産業としてはあるかもしれませんがそういう理由で国花になるとも思えません・・・庶民にまでくまなく浸透できる薔薇は、ローズウォーター以外に考えられないのです。
中東の薔薇に関する資料はあまりありません。
有り難く読ませていただいた雑誌の記事によると、中東では日常生活に不可欠の香料や薬品や清涼剤としてローズウォーターを利用しているそうです。
イランではガラス瓶に詰めて乾物屋をはじめ至るところで売られているとか。
モロッコでは薬屋で必要な分量を瓶に詰めてくれるとか。
(参考資料:なごみ 2008年2月号 淡交社)
国民が毎日毎日日常生活のどこかでローズウォーターのお世話になっているとしたら・・・薔薇が国花になってもちっとも不思議ではありません。
 
080625_02
 
とりあえずお安そうなものを注文したところ原産国はアラブ首長国連邦でした!
お店の説明によると原料はイラン産でアラブ首長国連邦で詰めているそうです。
ちなみに、お安いものを見つける時の検索キーワードは「ローズウォーター 食用」をお薦めします。「ローズウォーター」だけだとお高いコスメ系がぞろっとヒットしてきます。
念のため私が買ったのはこれです。
 
ローズウォーターの使い方の例としては、前述の雑誌によると、
・部屋や家具、衣服、風呂水などを薫らせる
・手や顔、身体に振りかける
・砂糖や蜂蜜を加えて甘味飲料にする
・菓子や料理の香り付け
などだそうです。
その他インターネットでは、ストレートティーに少し入れる、洗顔後の保湿パック、アイロンがけのスプレー、ブローの前のヘアミスト、などの使い方がありました。
 
さーて私はどうしましょう。
え?考えずに買いましたよ、もちろん(笑)
開けてしまうと、早く使い切らないといけないと思うのでまだ香りもかいでいません^^;
 
日本の私たちの薔薇のイメージが世界共通とは限りません。
世界は広い。
でも、薔薇は薔薇。違うのは人。