鉢移動の記録

マンション修繕に伴う鉢移動の記録です。

だいたいにおいて、考えることがあまり好きでない私は、お手軽な方向へと流れ着きました。
結論。水やりサービス付きの実家に持って行っちゃえ。
ということで・・・

車のトランクに小鉢を詰め込みました。
部屋と車を何往復もしたのでちゃんとは数えていませんが、十数鉢と思います。
5号鉢と6号鉢で、しかも背の高くない原種とミニバラたちが主です。

(クッションは転倒防止で隙間に詰めたもの)

実家へ到着して・・・
最初は玄関の横に並べましたが・・・

(手前の3鉢です)
(なぜか1鉢6号ロング(アイスバーグ)もありますが、他は全て平鉢です)

全部は無理!ということで、駐車場の隅に並べてみました。
手前の白い鉢たちが我が家のバラ鉢です。

ふむ、ふむ、なんとかおさまりそう。
ということで・・・

完成形がこちら。

こうして見ると、なんだか広い駐車場のように見えますが、実際は我が家の車は入りきらない程度の大きさです。
実家には現在車はありませんので、普段は空きスペースです。
そして壁の上に室外機が見えますが、あれは隣家の地面です。
横浜は山。急坂に家が並んでいるので、各家の地面が1件ずつ段々にずれています。

うちは虫がいるのよね、とか、
うちはバラが似合わないのよね、とか、
そんな声は全く聞かなかったことにしておきました。
今まで深窓の令嬢で屋根のあるベランダの奥にいたバラたちですので、急に開けた庭に行って、雨が当たるだの水が跳ねるだの直射日光が暑いだの文句を言うのか、それとも野性味を発揮して喜ぶのか、ワクワクしながら夏を過ごしたいと思います。

根負けした・・・

Macメールが新サーバでどうしても設定できなくてめげました。
Becky(←Windows)ならあっという間にできたのに。
Macがダメなのです。
旧サーバではちゃんとできたのに。
根負けしてThunderbird(←フリーソフト)に乗り換えました。
あっという間に設定完了しました。
私って・・・私って・・・
Mac苦手かも・・・

写真忘れる

雨が続いて、水滴がかからないベランダでも鉢の土が乾かず、水やりパス。
ベランダをひと回りして、ヘリテージ譲とカカヤン嬢とヒュー様の記念撮影でもしておこうかなと思ったはずなのに、部屋に入ったらキレイサッパリ忘れてしまいました。
バラの一番花の咲く春先にはあり得ないことです。
あの頃はもうワクワクそわそわ、カメラもしまってはまた出しさっきと似たような写真を連写したりして、写真を撮るのを忘れるなんてことがあるわけがない!
いやぁ、、、
7月になりました。

白バラ

バラを検索すると頻繁にひっかかってくる「白バラコーヒー」。
白バラ牛乳という商品名(シリーズ名?)で、バラが入っているわけではありません、念のため。でもロゴマークはバラなのですよ(^^)
「正直・純潔・尊敬」という花言葉から白バラを選んだという噂です。
たまたま目についたのでなんとなく飲んでみました。
DSC_0063
これ、美味しいです。
今度から選んで買ってもいいと思うくらいに後味が美味しいです。
さすがバラ!!(笑)

カカヤンバラ

カカヤンバラ こと 八重山野茨 こと Rosa bracteata。
いよいよ開花です。
 
100701_01
 
さすが超遅咲き。
もう7月ですよ。でも早くても6月後半~と言われているのでこれで普通なのです。
4月に咲く野ばらもあれば7月に咲く野ばらもあります。面白いものですね。
芯が赤いのと黄色いのがあるようです。

ハマナスの咲く頃

思い出しておくれ、・・・Rose Maniaのことを?
ん~~字余り。
 
先日、ハマナスの切手が発売になり、そういえばハマナスの切手って前にもあったなぁと思ったので並べてみることにしました。

japan_04 japan_18 japan_22 japan_23
発行:1996年7月5日 ふるさと切手 北海道 発行:2005年4月26日 ふるさと切手「北海道の花」 発行:2007年5月1日 ふるさと切手「関東花だより」 発行:2007年6月22日 ふるさと切手「国土緑化」

現在出ているハマナスの切手はこの4枚(のはず)です。
左から1枚目、2枚目、4枚目は北海道の切手です。ハマナスは、昭和53年7月26日に「北海道の花」として指定されています。
3枚目は茨城県の切手です。太平洋側におけるハマナス分布の南限地が茨城県なのだそうです。
 
デザイナーさんによって少しずつ違うハマナス。でもどれも可愛いですね。
特に後半の2枚は背景がちゃんと茨城と北海道でますますいい感じです。
 
え?ハマナスって?勿論薔薇ですよ、原種ですが。ロサ・ルゴサ(Rosa rugosa)っていうんです。

ひまちゃん比較研究

同じ向日葵の種を、お庭と会社のベランダで育てた比較。
東京郊外の邸宅Yume Rosegardenのお庭の地植えと、千代田区のコンクリートビルの9階のベランダの100均プランター。
さて、結果やいかに。
 
左側:Yume Rosegardenひまちゃん  右側:ベランダひまちゃん
 
060701_01a 060701_01b

種からの感動の発芽。この段階では格差なし。
 
060701_02a 060701_02b
 
葉っぱの艶が若干違うか?でもどちらも頑張ってます。
 
060701_03a 060701_03b
 
大きくなってきました。葉っぱの大きさに差が出ました。
 
060701_04a 060701_04b
 
花が咲き始めました。身長が伸びないベランダひまちゃん。
 
060701_05a 060701_05b
 
咲いたお花のアップ。ベランダひまちゃん貧弱ぅ^^;
 
060701_06a 060701_06b
 
葉っぱも身長も、向日葵らしさに明らかな違いが・・・。
 
060701_07a 060701_07b
 
Yume Rosegarden:満開。ベランダ:終了。
 
 
この比較で・・・
プランター栽培は植物をコンパクトに育てられる、と読み取るか・・・
植物は地飢えでノビノビと育てなければ可愛そう、と読み取るか・・・
私は、ん・・・、私はどちらも健気で可愛かったので、敢えて結論はつけません。
ひまちゃんは咲きました。偉かったです。
 
頑張った人:ゆめさん&K島氏
 
ありがとうございました(^^)v