ウルトラの♪

ウルトラの♪という出だしで「父がいる」と続けたアナタは立派な人です。
今日、Googleで「円谷英二生誕114周年」というのをやっているのでこんなことを書いてみました。
わからない人は検索してね(^^)

で、本題です。
「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」を見てきました。
ウルトラ兄弟親子以上にウルトラな植物たちがたくさん並んでいました。
地球上の生き物って、よくわからないような菌類とかいろいろいますが、不可思議なことにおいて植物って1・2を争う高レベルではありません?
なんか、わざと?というくらい「変」なやつっていますよね。

ちゃんと説明のパンフレットが置いてあるので熟読するとまた説明が面白いです。
「クサスギカズラ科」ってあるのですね。
仏手柑、いいネーミング。
でも和名「火星人」という多肉はどうかしら?
「世界一卑猥な種子」とか。
「月下美人」に対抗して、昼間にたくさん咲くサボテンを「八方美人」と名づけたとか。
あと、バオバブが盆栽になるということに腰を抜かしそうになりました。

どうやら写真OKのようでみなさん撮っていたので私も記念撮影。
ふふふ。
これは何でしょう。
これは「砂漠のバラ」という植物です!

150707_01

150707_02

もちろんバラ科のバラではありません。
イエメン、サウジアラビアの砂漠に咲くキョウチクトウ科だそうです。
『砂漠に色は無い。そんな中で出会うこの花は見たものすべての心を奪うほど鮮やかである』とパンフレットに書いてあります。
それを私流に言いますと、無機質な砂漠でこんなお花に出会って頭がバラ色になってしまった人の命名でしょう、と解釈しました。
ぱぁぁぁ~☆っと、それはもう幸せになれるのは、砂漠のユリでも、砂漠のチューリップでもなく、砂漠のバラなのです。バラってすごいですよね!

と、最後にバラをウルトラにまとめて終わります(^^)

queueまたはline

「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」 での「翠玉白菜」展示が今日までだそうですね。
今日の列はTwitterでは130分待ちになっています。
母が行ったときは240分だったとか。
「日本人偉い」と言っていました。
母も充分日本人の鑑です!
私は・・・虫付き白菜はね・・・パスしました。

英国では列はqueueなのね。
ウィンブルドンでは、頑張ろうと思ったら、それはそれは並ぶらしいです。
終わってしまいました、ウィンブルドン。
ベランダでは季節のお客様の「オヤブン(=大きくて偉そうな昆虫)」がまったりとしています。

モスポットとツタ

100707_01
 
直径10センチ程度のモスポットにツタが植わっています。
我が家にしては異色の人材です。
 
この話しは2~3年前(いつだか忘れた^^;)に遡ります。
日が当たらず強風の吹き荒れる北側のベランダでツルバラを育てられないか?と思いました。
多少日の当たる東側のベランダには洗濯物を干すのでフェンスにバラは這わせられません。フェンスが空いているのは北側のみ。
でも、いきなりバラを入れて枯らしたら大ショックです。
そこで、ツルバラのようにツルが伸びて、冬は落葉して、日陰OKで、強靭で、枯れても惜しくないもの・・・・・・それはツタだ!と思ったのです。(ツタさんごめんなさい^^;)
ツルを伸ばすためには6号鉢では苦しいかなと7号鉢をひとつ買いました。
あれから幾年月・・・
北側でバラは無理という結論に達しました。
ツタはかろうじて生きている状態です。ダメになった部分は処分し、強剪定して6号鉢に入れてそっと置いてあります。しょぼしょぼっと葉っぱは出ています。7号鉢は今年イングリッシュローズのヘリテージが入居しています。
剪定をするとついつい何でも挿すのが私。
葉っぱが2枚ほど付いた一番綺麗な枝をモスポットに挿して部屋に飾っていました。
それが最近になって伸びてきたのが上の写真です。
あらま、生きてる!ととても驚いています。
さて、このインドアグリーンのツタは、果たしてこのままインドア盆栽仕立グリーンになるでしょうか。
乞うご期待。 ・・・嘘です、期待しないでください(^^ゞ
 
ツタはヘンリーツタです。
日陰OKで強靭なのは正解でした。でも暴風には向かないようです。。。

消灯

日本で世界規模の大きな会議が始まり、初日の今日は全国でCO2削減の消灯キャンペーンを行うそうですね。
我が家のベランダから都心方向を見渡すことができますが、確かに今夜は
 
  東京タワーがいない!
 
周りの高層ビルは通常通りなのに、東京タワーだけ何処に行っちゃったんだか?という景色です。

ドングリの番

スペースシャトルで宇宙に行くのは、今度は「ドングリ」だそうですね。
横浜のドングリ、宇宙の旅へ 野口さんと共にシャトルで asahi.com
向井千秋さんと一緒に宇宙に行ったのはミニバラでしたけれど。
覚えていますか?オーバーナイト・センセーション。
050707_rose
こんな可愛いピンクのミニバラでした。
今回はドングリかぁ。
いくら選び抜かれた精鋭ドングリだといわれても、私は盛り上がらないワ^^;
ま、いちおう、ドングリくん宇宙酔いしなきゃいいねー(^^)/~~ くらいのエールでも送っておきましょ。