雨国

地下鉄の長いトンネルを抜けるとナイアガラであった。

・・・

ってくらいに雨がザンザン!
電車を降りてびっくりしました。
本当に傘を持っていても驚くほどに降ってました。
最近の雨は加減を知らないので困ります。

業務連絡

このブログの表示が少し変わるかもしれません。
パソコンが壊れちゃったとか、ウイルスに破壊されちゃったとか、そういうトラブルではないので安心して「ふーん」と高みの見物でお願いいたします。

以下Wordpressをご存じの方に説明しますね。
このブログは「Catch Box」というテーマを借りています。
この作者さんは、わりとこまめにUpdateをするようなのです。
実は私はこのブログが最初のWordpressだったので、いろいろ手探りで、スタイルシートもPHPファイルも直接手を入れてしまっているのです。
元が英語だったので各所を日本語に直したりもしています。
Updateするとこれが上書きされてしまうのですよね。
だから今までUpdateのお知らせは無視してきたのですが、そろそろバージョンもだいぶ上がってきて、せっかくなので最新のテンプレートにUpdateしたいなと思ったのです。
「子テーマ」フォルダまでは準備しました。
でもそこで「まてよ?」と思いまして。
そういえばドコとドコを直したか忘れたなぁ、とか、
別に英語でも良くない?、とか、、、
というわけで、一度このままUpdateしちゃおうかな~ということになりました。
バックアップは取ってあるのでイザとなったら戻せばいいし。
過去にやった未熟なメンテナンスをやり直すチャンスかもしれないし。
時間を取って集中してやれば、誰も違いに気が付かないくらい速やかにできるのでしょうけれど、何しろ暑くて使い物にならない私の脳ミソのこと、何日か放置しておいたり、妙な思い付きで違うことをやってみたりしそうなので、一応、事情を説明しておきます。
ま、とにかく、乞う高みの見物!です。

花がら

平日は暑くて水遣りだけで精一杯でした。
もうすっかりドライフラワーになってしまったので、ゴミ袋直行のアルンウィック嬢。
130714_01
コノヒトはスタートが遅いにもかかわらず走り出したらイケイケドンドンです。
これだけ咲いていたぞと( ..)φメモメモ
鋏と一緒に持てるスマホのカメラってお手軽で便利ねぇ~

猫再び

昨年は中止になったらしい大古書市、今年は開催するようです。
そして恒例の猫ポスターも復活です。
120714_01
サービス拡大バーション♪
120714_02
童心にかえる夏休み。
童心からいくばくかの時間が経過したらしい猫さんは、スイカを食べることも忘れて読書に熱中しているようです。
ふふふ。

ギボウシ・ギボちゃん

ちびっこギボウシのギボちゃんが爽やかに咲きました。
 
100714_01
 
我が家お決まりの6号鉢だし真北の位置だし、なかなかの過酷な環境ですが、まったくへこたれる様子もなく毎年元気に咲く良い子ちゃんです。
 
 
 
おまけ。
 
この写真のバラ、誰だと思いますか?
 
100714_02
 
こうして色を抜いてみると、ヘリテージってアイスバーグにものすごく似ていませんか?
さすが(Iceberg×Wife of Bath)だなぁと感心しています。
でも、アイスバーグの花持ちの良さは全く引き継いでいません。
房の2番手3番手は仕方なくこうして室内で咲いてもらっています。
蕾4つ、みんな開くところは律儀です。そこはアイスバーグ似?

美味しいもの

2009071412240000
中国のお土産、棗(ナツメ)のドライフルーツです。
”山東特産”とは書いてありますが、Zさんは江蘇省に出張に行ったので、結構広範囲で売っているものかもしれません。
女性に良いとのこと、袋の裏書きを見てもわかりませんが、鉄分とかそんな成分かな?
ちなみにZさんはとっても肌の綺麗な方なのです。こういうところに秘訣があったのか!?
食べ方は「即食(eat it directly)」「煮粥」「泡茶」等です。
柑橘系のドライフルーツが苦手な私も美味しくいただけます。
”蜜棗”というくらいで、甘くコーティングしてあります。
夏休みに中国へ行かれる方、これならお土産に買ってきても迷惑がられず人気商品となること請け合いです。
ちなみに。
袋ではオメイエンシス的な写真ですが、実際はスピノシッシマ風です。
(↑バラ語。訳すと袋では赤だけど中身の色は相当黒っぽい、という意味です。)
 
 
※お昼休みにつまみながら撮影&記事書き

国立博物館物語

ずいぶん久しぶりにマンガを買いました。
このマンガの内容がちょっと前に話題になったのでご記憶の方もいらっしゃるかと思います。
デパートの壁とか床とかには実は化石がたくさん含まれている、という話題です。新聞にも載ったのではありませんでしたっけ?(←結構あやふやな記憶です。スミマセン^^;)
あの時は「ふぅ~ん」と通り過ぎてしまったのに、何故今頃になって読んでいるのか。
私の検索に引っかかったのですよ、この本が。
何を検索したのかって?決まってるじゃないですかぁ~薔薇ですよ薔薇(大爆)
全3巻のうちの2巻目に『いのちのバラ』というお話しがあるのです。なかなかいいお話しでした。
ネタバレはしませんけれど、恐竜とか生命の進化とか博物館にあるようなものがお好きな方はきっと面白いと思いますよ。
夏休みのお子様にもこんなマンガだったら「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」とばかりも言えないと思います。テストの点数が上がるわけではないとしても、理科により興味を持つようになるかもしれないし、これを読んだ後に博物館に行ったら楽しいかもしれません。
Amazonのカスタマーレビューを見ても概ね評判はいいようです。
機会があったら是非(^^)v
 
国立博物館物語