夏の歌

ベランダの窓を開けると熱波がむん!
すぐに閉めます。
修繕工事のため今日はベランダに洗濯物が干せない日です。
(ホームページで毎日部屋ごとにマルバツで教えてくれます)
熱中症予防には適切にエアコンを使い、、、はいはーい♪ガンガン冷やします!
こまめに水分を補給し、、、はいはーい♪コーヒーもジュースも準備OK!
飲み物のお供(おやつ)の準備もOK!
引きこもるぞ!
というわけで、

夏の酷 ひねもすのたり のたりかな

本歌の与謝野蕪村さんの場合はのんびり長閑な感じですが、私の場合の「のたりのたり」はグデグデノタノタでトドの昼寝な感じです。

お天道様に

とある取引先の若いお兄さんが、社用のFacebookに書いていたことですが・・・
なかなかイマドキっぽい物言いで、これはこれで可愛いなと思いました。

(お天道様に)

  ・・・すいませんもうちょっと気温下げてもらっていいですか(´・ω・`)

まず「すいません」ですよね、最近多いのは。「すみません」は少ない気がします。
そして「もらっていいですか」。この言い回しは本当に多いです。
太陽はお天道様でちょっと古風なのにね。
もちろん文句があるわけではありません。
言葉は古来から進化して変化してきた生き物ですから。

それにしても、本当に暑いです。
確かに頼みたくなりますね。
お天道様、あと3度下げてもらっていいですかぁ?

釘踏んだ!

何故?何故釘などというものがそんじょそこらに落ちているのでしょうか?
あー腹立つ!
踏んだのは私ではなく我が家の車。
右のリアタイヤに刺さりました。
スタンドで空気抜けてますと言われて気がつきました。
メーカーの工場に持って行き車体を持ち上げて見てもらったら、タイヤの内側斜め横にグッサリ刺さっており、この位置では穴を埋めるのは無理でタイヤを取り替えないといけないと言われました。
パンクに気づかなかったくらいで、我が家の車はランフラットタイヤを履いています。標準装備なのです。
工場の見積もりでは工賃と消費税も全部合わせて約6万円!
タイヤ1本ですよ?
なんなのですかこの莫大な金額は!
と言っても、好きでそういう車に乗っているのですから仕方がない。
しかしです、だいたい、そもそも、
何故?何故釘などというものがそんじょそこらに落ちているのでしょうか?
あー腹立つ!
(以下エンドレス・・・)
※ランフラットタイヤについてはWikiると詳細がわかります。

お買い物♪

この「ウォータードロップスチーミングリッド」って、テレビで取り上げられていましたよね、使い勝手はどうなのでしょう?
発売直後は売り切れでしたが、再入荷になっていたので試しに注文してみました。
ちょうどフライパンの蓋がダメになってしまったところなので、ちょっと奮発。
 

 

美味しいもの2

2009071511480000
これも中国のお土産、お茶です。
「菊」の何か(何かわからない(笑))が入っているらしいです。
薔薇ではありません^^;
体を冷やす成分が入っているとか、夏に良いらしいです。
 
ただし、お茶を飲みなれない人はちょっと飲めないかも。
かなり漢方くさいです。
私は紅茶はあまり飲みませんが、緑茶をはじめ白茶・青茶・黒茶、なんでもイケますから、このお茶はかなり好きです。
ティーバックになっていて、お湯を継ぎ足し継ぎ足し4杯は軽くいけます。
 
棗に続き夏休みの旅行のお土産毒見。
菊のお茶は通向きです。
 
この勢いだと今年は健康になっちゃいそうだわ~
・・・なんて簡単にはいきません。
梅雨明け35度攻撃、既にかなりのダメージが来ています^^;;;

何処でも薔薇が主役

社員旅行で仙台に行ってきました。
大多数のメンバーは金曜の朝に新幹線に乗り、お昼過ぎに仙台に着き、牛タンをいただきました。
Bプロジェクトのメンバーは参加できず、DプロジェクトとYプロジェクトのメンバーは仕事をこなして夜中に仙台着、とかいうバタバタの社員旅行でした。
ま、会社の話はどうでもいい(アハハ^^;)ので、私の興味の向いた写真など貼っておきましょう。
 
牛タンは前記事に貼りましたので、お次はコレ。
 
070715_01
 
私の大大大(∞←無限大)好物の『萩の月』
そしてチョコレートバージョンの『萩の調』
『萩の調』は第34回モンドセレクション特別金賞受賞だそうです。
どちらもその美味しいことといったら!
どれほど好きかって、今朝起きて一番最初にしたことが『萩の月』と『萩の調』を食べることでした(笑)
本日は朝食お菓子、直後に昼食ラーメン、ってとこでしょうか?(すごい生活だわ(笑))
 
そしてお次は薔薇。
薔薇?そうですよ薔薇です。社員旅行でも薔薇なのです。
 
松島の円通院のお庭にはプチバラ園があるのです。
パンフレットによると「円通院は瑞巌寺に隣接した臨済宗妙心寺派の寺院で伊達政宗公嫡孫伊達光宗公の菩提寺」だそうです。
そんなところに何故薔薇が?
光宗公の死を悼んで建立された「三慧殿」の厨子の図案は「支倉六右衛門常長が西欧より持ち帰った様々な文化を文様として描き」とあります。
西欧より持ち帰った文化の文様のひとつが薔薇なのです!
 
070715_02
 
向かって右の赤いお花の絵、これが薔薇だそうです。
 
070715_03
 
いかがですか?
説明のプレートも撮りましたが光っちゃって見難いですがなんとか読めます?
 
070715_04
 
ローマから持ち帰ったのですって。三慧殿が建造されたのが1646年。この頃同じ薔薇がローマに咲いていた・・・のでしょうね?
日本最古の洋バラの絵だそうです。油絵って書いてあります。
 
宮城県松島町のサイトによると『円通院がバラ寺の愛称で親しまれていたのは、扉のバラにヒントを得た天野明道住職が、院内六千平方メートル一帯に、色とりどりのバラを植え込んで一般に開放したため』だそうですが、現在はだいぶ縮小されてしまったようです。6000㎡もあったら私は狂喜乱舞したでしょうに。。。
 
↓ちらっと見えた薔薇に、猛ダッシュする直前の風景
 
070715_05
 
↓6000㎡とはいきませんが綺麗に整形されたバラ園
 
070715_06
 
↓モダンローズ、ハイブリッド・ティーが中心。
 
070715_07
 
070715_08
 
薔薇にはネームプレートも立っていてきちんとお手入れされていましたが、時期が時期だけにアップにはちょっと耐えられない状態でした。雨続きでしたし。
 
そんなこんなと、個人的には一部盛り上がった社員旅行(笑)
お天気が悪くて松島なんてロクに見えなくとも”私は”楽しかったからいいのです。
「KさんはここでFinePixがでますか」「Kさんここに説明がありますよ」とみんなに世話されてね^^;