400字詰め原稿用紙

私、いまだ求職中なのでございますよ。
それで時々面接なんぞに行くわけです。
今回の面接はなんと「作文」付き!
400字詰め原稿用紙に手書きの作文なんて書くの、いつ以来でしょうねぇ?
作文があるのは事前にわかっていたので、お題はその場にならないとわかりませんが、400字のボリューム感だけは事前にチェックしておきました。
字数を数えてくれるアプリがネット上にあるので、自分のブログのどの記事が何文字かをみれば、大体の感覚はつかめます。
そして本番。うふふ、完璧に埋めましたよ、3百90数文字、バッチリです。
400字の文字数競争だったらかなり高得点な作文です、内容はともかく!
ただ肝心の面接ですが、ちょっと業種が違ったかなーという感じがしているので、結果はこれからですが、まぁ・・・いいです^^;;;
400字詰め原稿用紙を埋めた満足感で今回はヨシとしましょう。
ただね・・・手書きだと漢字がね・・・「おぎなう」ってどういう字だっけ?とか「かんせつてき」を「関接的」なんて書いちゃったりとかで、何度も手が止まりました。なんとか思い出して「補う」と「間接的」は書きましたけど・・・。
 
 
参考までに、今日の文章↑↑↑は480文字です。

キノコのこのこ

美味しいキノコを食べるのは大好き。

わけのわからないキノコを育てるのは大嫌い。

140802_01

暑いので、原種シクラメンの鉢を北側の隅に置いたのです。
陽は当たらないけれど、ベランダは暑い。
朝、土が乾いていなくても夜までにカラカラになったらどうしよう?
と、ついつい頻繁に水遣りをしていたら・・・
キノコ出ました。ふぅぅ。

いちばん!

オンリーワンももちろんいいですが、ナンバーワンもちょっと「うふふん」な気分になるものです。
ベルばらキッズを読んでいたら安奈淳さんが載っていて「第一次ベルばらブームの人気スター」と書いてありました。
そっかー、あれは第一次ベルばらブームだったんだー。
もちろん私は知っています、安奈淳さんのオスカルと榛名由梨さんのアンドレ。
”「アンドレとオスカル編」(75年7~8月/東京11月)”となっていますが、その頃は「○○編」なんて言っていなかったような気がします。75年だったんですか。私は地方都市の市民会館で見たのでもう少し後だったかもしれません。安奈淳さんはそれはそれはカッコよかったです。ねーOさん?(←旧姓ではなく現姓で呼んでます)
それでは今は第何時ブームなのでしょう?私は第一次だもーん、へへーん、どうだ若者よ!(笑)
 
でも、ガンダムは「ファースト・ガンダム」とは決して言わない。ガンダムは機動戦士ガンダムだもん。それ以外の何者でもないんだもん。
 
 
 
夜な夜なPCの前に座って旅行の写真に名前を付けています。
何故かというと、デジカメが2台あって勝手にすき放題撮っているのでそれぞれの写真をまとめたいからなのです。
「日付_地域名_場所名+連番」にしています。
昨日なんて「ちょっとぉ~『エルミタージュ120』なんてのができちゃったよぅ」(つまりエルミタージュで120枚は撮影したということですな。そんなこともあろうと3桁連番にしておいてよかったぁ。)と言ったら「まぁそーだろーな」とオット。
なーにさ、撮り放題撮っておいてその涼しい顔は、私ゃ大変なんだぞ!
ちょっとくらい変な写真でももう2度と行く機会がないかと思うと安易に捨てられないビンボー根性と、えーい面倒な!似たような写真ばっかじゃん捨てちゃえ捨てちゃえの投げやり根性が、私の頭の中でバトルを繰り広げております。
何枚かピックアップしてプリントもしたいので”ベストセレクション”も作らなければならないし。
デジタルもいいけれど、実家なんかに持っていって見せられないので、やっぱりアルバムも必要なんですよね。。。

・・・と、ここでストレス発散したところで、今日もがんばろ。