鳩はやっぱり鳥目?

我が家は高層マンションなので、あまりカーテンを閉めません。
だって、誰も前(空中)を通らないもん!
夜も寝室以外は全開ばりばりです。

昨日の夕方、薄暗くなってきたころ、ベランダで「ドン!」という鈍い音がしました。
なんと、鳩が硝子にぶつかったようです。
暗くなってきたところで、部屋の電気に惑わされて、硝子が見えなかったのかな。
こういうのを鳥目っていうのかと、なんか納得。
結構大きな音がしたので、鳩は無事かしらと心配していました。
セミまではぎりぎり拾って袋(ゴミ袋)に入れられますが、私、鳩は拾えませんから・・・。
どうやら怪我をした様子はなく、まるで用があって来たかのようにすました顔でしばらく歩き回ってから飛んで行きました。鳩も体裁を繕うのでしょうか?
都会の鳩はいろいろ気を付けないといけないことが多いのです。カラスとかガラスとか。。。

予想通りセミバトル

毎年のことです。
セミがベランダにやって来ます。高層にもかかわらずやって来ます。
今年は特に夜に水を撒いているので、水がかかっていきなり「ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛!」と言われると昼間の数倍心臓に悪いです。
あの大音量とだみ声はなんとかなりませんかね。
もう少し可愛く「み゜み゜み゜?」くらいだったらいいのに・・・。

今朝も窓からベランダを覗いたら1匹ひっくり返っていました。
それがですね、仰向けになったその手足で(手足か?まぁいいや^^;)葉っぱを抱えているのです。
昨日私とバトルしたセミかどうかは判別できませんが、危ない!と思って思わず葉っぱにつかまったけれどそそまま落ちたとか、ひっくり返ってもぞもぞしているところに葉っぱがどこかから飛んできて思わずつかまってみたとか?
ただひっくり返っているだけでなく、葉っぱを抱えていることによって、こちらの心情は激しく乱されます。
可愛そう・・・とはちょっと違う・・・
切ない、というのが近いかな。
つかまれるような木が無くてゴメンねとか、
だったらうち来るなよとか、
思わず掴んでしまうその本能とか、
干からびるのを待っている私の立場とか、
いろいろ、いろいろね。

ベランダで、ものすごい逃げ腰でジョウロを持っている私の挙動ったら、たぶんコントより面白いかも(^^)

蝉終盤戦

終盤戦、戦、ですよね。

朝、ジョウロを持ってベランダを右から左へ。

どぼどぼ・・・どぼどぼ・・・どぼ・・
ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛!!!!!
ッッっひ※%ぎ○●#ぁぁぁ!!!!!

ね。ありますよね。
バラにセミがとまっているなんて気が付きませんよ。
水かけちゃいますよ。
で、ふたり(1匹と1人?)で大絶叫しますよ。

前半はミンミン大音量と、終盤は力尽きたセミと、毎年毎年戦いは続きます。

400超え

東京スカイツリーが400メートルを超えたそうですね。
近くで見ると迫力も出てきたのでしょうけれど、我が家のベランダからだとたいした変化はありません。
 
100808_03
 
最大望遠で撮ったものを切り抜いて拡大したのであまりクリアではありませんが、第一展望台ができたことはわかります。
こういう建物は下から見上げないと臨場感がありませんねぇ。
画面上であと1.5センチ左に建ててくれればよかったのにな^^;
 
※追記!
気がつくと頂上にぽちっと建ってる。日々伸びてるのですね。
毎日観察記録をとる人の気持ちもわかります。
お天気が良かったので世界が白っぽいですが、さらに拡大して切り取りました。
 
100809_01
 
 
 
 
なんとなく水滴が涼しそうなドレスデンドールをおまけに。
「シャワー」水遣りが流行っているようなので、私も盛大にかけてみたところです。
  
100808_01

国際ヘリテージローズ会議 2011 佐倉

「国際ヘリテージローズ会議 2011 佐倉」の開催が、6月に行われた世界バラ会連合バンクーバー世界大会の評議委員会で承認されました。
 
バラは世界共通&共有の植物です。
バラのために世界の人々が集まって会議を開きます。バラとはそういう植物なのです。
 
その会議のひとつ「世界バラ会議大阪大会2006」では、ピエール・ド・ロンサールとエリナが殿堂入りしたということ以外あまり詳しい内容が伝えられませんでしたので、「国際ヘリテージローズ会議 2011 佐倉」については私がわかる範囲で色々とお伝えしたいと思います。
佐倉は千葉県、我が家から2時間かかりますが、大阪よりは近いので少しでも多くの情報が拾えることを期待しています。
 
名称 : 12th International Heritage Rose Conference in Sakura 2011
会期 : 2011年5月28日~6月3日
場所 : 草ぶえの丘バラ園
      その他佐倉市全域においてローズ・フェスティバル開催予定
 
さて、”会議”ということで、気になるのはその内容です。
”ヘリテージ(遺産)”から想像するに、世界の野生バラやオールドローズを中心にバラの歴史上重要なバラの保存等を話し合う会議・・・ではないでしょうか。
一般公開の講演会などあれば行ってみたいものです。
 
これから2年間、会議開催まで楽しみにしていましょう。
 
090808_01
 
090808_02

ローズニュース

白砂伸夫さんの「えっ、これってガーデニング?」をご存知でしょうか。
サイトは「honya ―21世紀の読書空間」(honyaで検索できます)。
記事は「白砂伸夫の「えっ、これってガーデニング?」」(白砂伸夫で検索できます)。
白砂さんは有名なランドスケープデザイナーさんです。
花フェスタ、ハウステンボス、アカオハーブ&ガーデン、10ヶ国大使夫人のガーデニングなどを手がけていらっしゃいます。雑誌にも度々登場されますね。
8/2の記事『バラざんまい』に花フェスタの写真が載っています。
私が思わず「をををっ!!」と叫んだのは、その中の「アイスバーグの並木」。
これはちょっと意表を突かれました。
花フェスタ未訪問の皆様は是非ご覧になってくださいな。アイスバーグがこんなことにっ!と目が丸くなること請け合いです。(お好みかどうかはべつとして^^;)
ロサ・ピンピネリフォリアも素晴らしい風情です。和風のバラ園行きたいわぁ~。
白砂さんは今年のシーズンに3回も花フェスタに出かけれらたとか。いーなー、3連続バラ園詣で私もやりたーい。新幹線往復3回で・・・パチパチ(電卓を叩く)・・・\(◎o◎)/ヒヤー!

ロシア便り Ⅲ

ロシアに薔薇はあるのか?
実は非常に疑問でした。なんたって超寒いお国ですから。
結果。
ありました。少しは、ですけれどね。
鉢植え、花壇にはモダンローズが。そして公園の植え込みにはハマナス系がちらほらと咲いていました。
北海道にも咲いているハマナスの品種ですもの、ロシアでだって咲くのですよね。冬はどうして過ごしているのやら。掘り上げてもらえるのか、冬囲いをしてもらえるのか、はたまた野ざらしか・・・。
一般の家庭のお庭ではどうなのでしょう?
ほんの数日の滞在では薔薇たちのすべてを知ることはできません。
でも、薔薇は咲いていました。紹介しますね。
 
060808_01
 
サンクトペテルブルクにあるピョートル大帝の夏の宮殿です。
赤とピンクの薔薇が花壇にお行儀良くズラーっと並んでいました。
ホワイトとクリームイエローの建物と青い空に薔薇がとても映えていました。
 
 
060808_02
 
モスクワのトレチャコフ美術館の前庭。
ロシア美術のコレクションで有名な美術館です。
 
 
060808_03
 
モスクワ郊外のセルギエフ・ポサードの大修道院。
女性はスカーフを被ってお祈りに訪れます。
 
 
060808_04
 
モスクワのホテルの植え込み。
赤い薔薇の手前は、これもしかして巨大なギボウシの類?
 
 
060808_05
 
モスクワの街のショウウィンドウ。
鮮やかなピンクの薔薇と秋・冬物。10月には雪が降り始めるそうです。
 
 
060808_06
 
モスクワの街のお洒落なお花屋さんのウィンドウ。
あまりに小洒落たお花屋さんだったのでお店に入ってカメラを出すのもためらわれ・・・。外からガラスに映りこんだ街の風景と共に黄色い薔薇を。
良く言えばちょっと不思議な、悪く言えばわけのわからない写真ですが、なんとなくカオスっぽいところが自分では気に入っています。
 
 
060808_07
 
モスクワの地下鉄の駅の横にあるフラワースタンド。
モスクワにはフラワースタンド(または花キオスク?)がたくさんありました。
そしてそこには必ず薔薇がありました。
私はたった数日滞在しただけですので、いつも薔薇があるのか、それともちょうど季節がよかっただけなのか、春にはチューリップやカーネーションに替わっているのか、判断はつきかねます。
でも、ロシアの男性はよく女性にお花を贈るそうですし、中でも薔薇は人気があるであろうことは想像に難くありません。
写真の左側に男性が立っていますね。薔薇を眺めて動かないんですよ。プレゼントを考えてあの薔薇この薔薇と悩んでいたのでしょうか?
 
060808_08 060808_09

「P、O、Eの逆、A」でロシア文字の薔薇ROSEです。
数字はお値段。単位はルーブル。1ルーブルが4~5円の換算です。
赤い薔薇が1本約200円~250円。黄色い薔薇が1本160~200円というところでしょうか。
 
 
薔薇はすごいですね。
バラ園や薔薇のお庭のように存在することもできれば、公園の片隅やアパートの窓辺やお花屋さんに存在することもできます。そしてそのどこにいても人々に愛されています。
 
本当はあまり期待をしていなかったんですよ。ロシアで薔薇なんて。
英国やフランスなどで見るような薔薇とは少し違いますが、やっぱり薔薇は特別なんだなー。
 
たかが花、されど薔薇。
 
 
以上でロシア便りを終わります。