残暑お見舞い申し上げます

お盆を過ぎると途端に気持ちが秋に向いていきます。
私には宿題はありませんから、あと10日ちょっとで9月かと思ってわくわくします。
東京は梅雨より梅雨らしい変なお天気が続き、気温は多少低かったものの決して快適だったわけでなく、体調を崩した人もいます。
「気温の変化について行かれません」とマスクをして来た女の子、この蒸し蒸しの日にマスクなんて余計に蒸れそうで可哀想でした。

お盆は、東京では個人経営の商店などではわりとお休みをしますし、工場系やその関連の企業ではまるまる一週間休みにしたりもします。
一般企業ではカレンダー通りの営業が多いのではないでしょうか。
でも、人はこの時期に休みを取ります。お盆の帰省をしなければならない人と山の日の祝日を利用したレジャーの人とが重なることもあります。
私の働いている職場では、郵便物や宅配の荷物は専用の部署が管理してそこで業者さんと授受します。何しろ量が膨大なのでね。
今週は郵便の集荷にいつもの担当者ではなく見慣れぬ人がやって来ました。
普段だったら郵便物の置き場所とか手順とか担当者さんと暗黙の了解があってスルスルっと終わることが初めての人だといちいちはかどりません。
でも見ているとそういうこと以前に、なんだかやっていることが妙にたどたどしいのです。
聞くと「行って集めて来いと言われた」ですと!
子供のお使いですかっ!
後日いつもの担当者にその話をしたら、お盆でとにかく人手が足りなくて、内勤の人が集荷に駆り出されたのだそうです。
そりゃ慣れていないのは当然ですね。「行って集めて来る」が精一杯なわけです。

お盆、なにかと大変です。

私も今年はわりと大変で、お稲荷さんをひとりで60個作ったり、お素麺を大量に茹でたり、天ぷらを大量に揚げたり、自家製梅ジュースを薄めて氷をいれて茶托にセットしたりしました。
地域によって呼び方は違うようですがK家近辺では「あらぼん」と言っています。
長男嫁は専ら接客なので、その地域に住んでいないので誰が誰やらひとりも知らない次男嫁とその娘と三男嫁(←これが私)の裏方用に私は割烹着を用意しました。
だって、割烹着を来ていればお洒落しなくてもいいし、袖があるから油跳ねてもいいし、知らないお客さんとすれ違っても「あぁお手伝いの人が来てるんだな」と思ってもらえてお客さんもこちらも楽だし、働いてるっぽく見えるし、冠婚葬祭っぽくも見える、これサイコー!と私は思ったのですよ。
でも、身内はみんな不思議そうな顔をしていました。次男なんか「割烹着見たのはS◯◯P細胞以来だな」とまで^^;
割烹着ってイマイチですか?
洋装用だと裾にフリルがなくて和装用だとフリルがあったので和装用にしたから袖がダボダボだったのが余計に悪かったかしらん?
私はエプロンよりフォーマルっぽくていいと思うのですけれどねぇ?

予定は未定にして決定にあらず

ここ数日Googleのニュースフィードがちゃんと拾えなくなっているので撤去しようと作業していて、バラのニュースのひとつに目が留まりました。
ボランティアさんが公園のバラの手入れをする記事だったのですが、そこにひとこと。
 
『バラは春の時期が見ごろだが、秋にも開花する予定。』
 
これは一見普通の文章に見えますが、微妙にマニアのツボを刺激します^^;
秋にも開花する予定、そう、予定!
 
四季咲きのバラが植わっているのでしょうね。
記者さんはおそらく、秋にもバラは咲くんだよと言いたくて何気なく書いたのでしょう。
でもこの「予定」がね、突っ込みたくなるのです。
なにしろ我が家のアルンウィック嬢は、四季咲きバラのくせに最近は秋の一季咲きを決め込んでいますから、今年もまた秋に開花する予定としか今のところ言えません。
そういう、予定は未定にして決定にあらずな事例がついつい頭を駆け巡って、重箱の隅を深堀してしまいます。
品種別、また管理状態別では、未定の部分もないわけではありませんが、全体的に一般論で言えば四季咲きバラに関しては『バラは秋にも開花する』と断言していただいても良いと思いますよぉ?^^;
 
剪定する人もしない人も、そろそろ秋バラが気になってくる時期となりました。

小銭は重要

自分では都銀と郵便局しか利用していません。
今回、会社に所属するある物のお金をかき集めようと思ってビックリ仰天しました。
小銭をATMで引き出せない!

都銀はできるのですよ。
例えば3万円引き出そうとして「3」「万」「円」と押すところ「万」の押しが甘かったりすると、ATMは3円ですかハイハイと、実に律儀にきっちり3円を出してくれます。
そういうのに慣れていたので、地銀と信用金庫のATMで硬貨が使用不可なのはショックでした。硬貨の入金もできないので1,000円にするのも不可能です。
分かっていれば窓口に行かれますが、そんな想定をしていなかったのでもう唖然愕然茫然。
その700円が、その500円が、大事だったのに。。。

自分の常識は世界の常識ではない。
改めて肝に銘じたことでした。

白熊を食す

20080819_01
 
・・・ということで、美味しい熊の『しろくま』です。
鹿児島名物なので九州ではスタンダードらしいですが、東京ではまだメジャーとは言えないフルーツカキ氷です。
今回は新宿伊勢丹の九州物産展にわざわざ行ってまで買ってきた天文館むじゃきのしろくまを初味見です(^^)v
 
パックの蓋を開けると、この通り。
 
20080819_02
 
みかん、黄桃、パイン、さくらんぼ、プルーンなどなど、フルーツがごっそりと入っています。
説明書きによると、お持ち帰りのこの状態を電子レンジで軽くチン!し、氷をサクサクにして全体を混ぜて食べるのがオススメだそうです。
でも私はこのまま食べました。だって一度に全部食べられそうにないんですもの。これでも「小」を買ったんですよ^^;私にとっては2食分です^^;;;
九州の皆様は小どころか大もイッキですか?
(桃李さん、夏休みが終わったら白状してください!)
軟弱な私には量は多すぎでも、味のほうは太鼓判を押します。私が昔から食べているイチゴシロップのかかったあのカキ氷とは全然別物です。天文館むじゃきさんに東京にも出店して欲しいくらいです。
伊勢丹にはイートインコーナーも作ってあってとても繁盛していました。
他にもたくさん美味しいもの屋さんが出店していて、会社帰りに行くと空腹のあまりヨロヨロしちゃいます^^;

七夕に薔薇を

旧暦の7月7日は、今年は8月11日なのだそうです。
中国では旧暦で七夕をやるのだと今日知りました。
七夕は日本では、織姫さんと彦星さんが・・・というわりには、短冊にお願い事を書いて子供たちが笹の葉さーらさら~というイメージが強いですが、中国では七夕節=情人(恋人)節のようです。

昨日は「情人節」、バラの売れ行きが好調 (8/12)

この記事に出てくる薔薇の名前が“藍色妖姫”と“緑色情人”。
1本15元だそうです。
通常1束(20本)で12元くらいということなので超高級ですね。
ちなみに今日現在のレートですと15元は200円強でした。

お値段はさておき・・・
なぜに“藍色”と“緑色”なのでしょうか?
加工品なのでしょうか?
“藍色妖姫”。色っぽそうですねー。どぎつくなければよいのですが。
“緑色情人”。恋人と緑色の関係が私には理解できません^^;中国ならではの謂れがあるのかもしれません^^;;;
中国の薔薇事情も気になるところです。