冬はこたつ、夏は?

冬にカタログを眺めながら妄想するのをこたつ園芸と言いますね。
夏のデスクワークは何というのでしょう、エアコン園芸?
今年の夏は修繕工事のためにバラの実物がベランダにないので、PCワークに勤しみました。
すっかり忘れてしまったPHPを思い出しながら、バラ図鑑の改修に取り組みました。
以前の手作業HTMLがバラ名50音での分類だったので、やはり50音検索は必要であろうということになり、この度検索項目を追加しました。
Webフォント「Font Awesome」も使って楽しみました。
当ブログのメニューに「バラ図鑑/PC版」「バラ図鑑/スマホ版」のリンクがありますので、何かの際には図鑑をご活用ください。

スマホ版のほうはスペースの都合上検索条件は少なくなっています。
その分作業工数は少なくて楽でした。
PC版のほうはかなり悩み、条件が重なると訳が分からなくなるので、50音検索とそれ以外の条件検索を別に分けました。
条件クリアの際の動作など相当悩んだ後が見受けられて我ながら笑えます。
何かを直そうとすると何かを壊す私のこと^^;不具合があまりないように祈ります。

写真の掲載のほうは、これから2012年のバラを整理するところなのであと7年分はたっぷりあります。
なかなか最新品種が載せられそうにありません^^;

そして、妄想ですが・・・
他所の家の地植えのバラを見ると、バラ園のバラを見るのとは違った思いが沸いてきます。
バラ園のバラはあれは別なのです、何というか、プロの世界?
でも家庭のバラは同じレベルで思考が働きます。
つまり対抗意識とか(笑)
私も大きなバラを育てたい!
と思いました。
「大きな」というのは屋根まで伸びるつるバラとかそういうことではなくて、6号鉢より大きなという意味です。
妄想の結果、今ある6号鉢3つを8号鉢に置き換えるのは簡単だということがわかりました。
たった3つと思うでしょうけれど、狭いベランダなのですからそれ以上の数を大きくしようと思うと鉢の数を減らさなければいけなくなります。
ま、それもアリですけれどね、少数精鋭に切り替えるというのも。
でもそうすると何を残すかという大問題も出てきてこれまた大変です。
室内のバラはセリーナ嬢が1本枝枯れしましたが全員生きているし、実家からも枯れた報告は来ていません。
至難の技です。
でも10号鉢くらいで少数精鋭という夢も捨てたわけではありません。

エアコンの風にあたりながら理想と現実の狭間を行ったり来たりするのは、単なる堂々巡りで、ちっとも脳は活性化されていないかもしれない気がします。

ワンランク上の日本語

地元で納涼祭がありまして、たいへんローカルなレベルでなかなか頑張って開催されていました。
午前中のビニールプール遊びなどはお天気が悪くかわいそうでしたが(張り切って準備した大人もかわいそう^^;)午後からはだいぶ晴れ間も見え、私は夕方からの落語を聴きに行ってきました。
落語家さんは、有名になる一歩手前くらいの方かなぁ^^;;;
でもプロですからやっぱり面白いです。
ほんと何度でも思わず噴出しちゃうからすごいです。
子供も、静かにしていることを条件に入場を許されましたので、いたのは小学校中学年以上でしょうか。
確かに静かにはしていましたが、お菓子を食べながら、もぞもぞ、もぞもぞ。
ちょっと子供たちを横目で観察していました。
落語聞いてるのかな?面白くないのかな?
私の観察結果。
小学生には、落語は言葉として耳に入っていないのではないでしょうか。
もちろん日本語なので単語はそれなりに聞き取れていると思うのですが、それが頭の中で意味を成していないのではないかと私は疑っています。
落語のような話し方って子供たちの日常ではまったく聞きませんからね。
それが大人になるにつれ、たとえ単語がいくつかわからなかったとしてもちゃんと意味が取れるように、成長するのですから人間たいしたものです。
外国語の勉強ではそういうことはよく思いますが、母語でもやっぱり同じように徐々に&確実に進化していく気がします。
落語の上質な言葉のひとつひとつがきちんと耳に入ってくる大人になって欲しいものです。
あ、私もね、そいう大人になりたいです!!!

spaghetti作って考えた

日ごろあまりパスタを食べません。
嫌いというわけではなく、むしろ好きだと思いますが、なんとなく最近作っていませんでした。

ふと食べたくなって久しぶりにspaghettiを作ったら・・・失敗しましたぁ^^;
ニンニクをもう少し色づければよかったし、唐辛子焦がしたし、オリーブオイル少なかったし、茹で汁を勢いよく全部捨ててしまって麺がパサついたし、ジャコ(具はキャベツとちりめんジャコ)に塩気があるかと思ったら案外味が無かったし、、、これって惨敗でしょ(涙)

で、考えたのですけれど。
なんかspaghettiの感覚を忘れているのですね。作業の流れの感覚って手馴れていれば自然にわかることなのに、しばらくやっていないと手と頭が上手いこと流れないのです。
料理でなくても久しぶりにやると「あれ?」となることありますよね。
しばらくキーボードを打っていないとものすごく打ち間違えるし、しばらく写真を撮っていないとカメラの設定を忘れるし、しばらく走っていないとなんとなく走り方を忘れた気がするし。
よく、毎日毎日変化のない日常とか、変わり映えのしない単調な日常とか言います。
でも、同じことを繰り返すのは大切なことです。ニンゲンは何かとすぐ忘れますから。
そして、その繰り返す「同じこと」の種類を増やしていけばいいわけですよね。
毎日ただ歩くだけの同じことと、毎日歩いてスキップする同じことと、毎日歩いてスキップして三段跳びするという同じことは、同じことに差が出ます。

なんだかアレコレ言っていますが、つまりですね、
たまには新しいレシピを仕入れて自分なりに工夫してみたりするのは、手にも頭にもお腹にも良い!ということです。
ただ、私は他人の言うことを聞かずに本能の赴くままにテキトーにしかできないので、初回は失敗率が高いのですよね・・・

野菜カレー

暑い時はカレーでしょ。
というわけで、お昼にカレーを食べに行きました。
 
100820_01
撮影:Y田嬢
 
白くて大きな塊は大根なんです。大根とカレー、合いますよ。
私は夏は、茄子とオクラとトマトを入れるのが定番なのですが、大根は盲点でした。
ジャガイモと人参も大きめ。
そして茄子などの野菜揚げのトッピング。
お洒落なカレーです。こちらのお店の人気メニューです。
 
 
神保町:サフランにて
 
ゴルゴ13さんの色紙があったヨ(^^)

花・花・猫

先日、義母の作品がとある絵画展に入選したということで、記念のポストカードをもらって来ました。(頼めば作ってくれるらしい。60枚も作ったらしい(笑))
 
080820_01
 
国立新美術館に飾られるなんてすごいですぅ~。
これは絵ではなくてちぎり絵なんですよ。
 
 
今年の義母の庭を探検するのは断念しました。だって前の日にすごい雨が降ったんです。そんな時にお庭に踏み込んだら何に遭遇するでしょう?おぉ恐ろしや^^;
 
踏み込まずに遠めで。
この辺りがフォーカルポイント(注視点、目を引く点)かと思います。
 
080820_02
 
アーチが薔薇だったらよいのですが残念ながら違います。
 
 
ちょっと望遠で近づいて。(私は前進せず^^;)
 
080820_03
 
 
お庭の真ん中に建ててあるログハウスがちぎり絵の作業場兼教室です。タマちゃんのお気に入りの場所でもあります。
 
080820_04
 
 
おうちでご機嫌なタマちゃんを望遠でキャッチ!
タマ「ふふ~ん♪ふんふん~~~♪(しっぽパタパタ)」
 
080820_05
 
 
あんまり近づくと怒られます。
タマ「むっ」(そして微妙に無視)
 
080820_06

先取りしすぎ

秋葉原が電気屋さんでいっぱいなように、御茶ノ水では駅前が楽器屋さん、坂を下りると神保町方面には本屋さん、小川町方面にはスポーツ用品屋さんがずらりと軒を連ねています。

お盆は過ぎたとて気温は33度。(計ってないけどきっと^^;)
↓店頭にこんなの飾ってありましたけど、今は見たくもないですよぉ。

050820sunobo

この時期にウェア買いに来る人はいるのでしょうか。
試着なんて、考えただけで汗でそう・・・・・・