40年経ってわかるイタリア語

外国語の学習は、いろいろと紆余曲折があるものですよね。
英語学習の曲折といったらもう、言葉ではあらわせないものです。

子供の頃に読んだ漫画の中にイタリアのことが出てきていました。
イタリア人のセリフもカタカナと日本語が併記してあったので難なく読めました。
実は、その言葉の正しい意味がですね、今わかったのです。
雑誌の連載が1975年~1976年だということですから、実に40年の歳月を経て知ったイタリア語ということになります。

ひとつは「アッスンチオーネ」。
これはマリア被昇天祭と日本語が書いてありました。
イタリア語では Assunzione di Maria と書くそうです。
8月15日の国民の祝日だと教えていただきました。
そうか、あのシーンは真夏で、そういうお祭りだったのかと、今更知りました。

もうひとつは「ティアーモ」
これは愛しているというセリフが一緒に書いてありました。
最近このセリフの仕組みがわかりました。
ti は直接目的語代名詞、君を、ですね。
amo はamare の主語がio(私)の時の活用。

きゃー♪ 私ってスゴイ♪♪(←暖かい目で見守ってやってください)

べつに、これがわかったからどうだということもなく、ペラペラ喋れるようになったわけでもなく、何の得にもなってはいませんが、好きなマンガというところでテンションあがっちゃうんだな~。
スペイン語が出てくるマンガとか、フランス語が出てくるマンガとか、いっぱい読んでおけばよかったです^^;
最近とにかくいろいろな単語や人名が出てこないし、脳の細胞が大量に消滅しているのではないかと思っていましたが、ここで確実に2個は増えたでしょ。

夏 ラストスパート

もうすぐ終わってしまう展覧会を一気に見るべく、本日は有給休暇を取得して歩き回ってきました。

まず、両国。
先日時間がなくてゆっくり見られなかった、江戸東京博物館の「花開く 江戸の園芸」
展示物が入れ替わっていますので2回行っても面白かったです。
時間をかけてよくよく見て、浮世絵にいろいろ突っ込みを入れて遊んできました。

その後、日本橋。
三井記念美術館の「大妖怪展 鬼と妖怪そしてゲゲゲ」
百鬼夜行は何度見ても楽しいです。
今回の私の一押しは能面。大妖怪展に能面が出ます。
能面てなんとなーく怖いじゃないですか・・・ってそうではなく、怨霊とか幽霊とか人間の鬼神化・妖怪化というジャンルです。
般若(はんにゃ)はまだ人間味を残しているけれど、蛇(じゃ)になるともう人間味がなくなるという・・・重要文化財のそれは美しいお面を並べて見比べる機会なんてなかなかありません。

そして、目黒の眼科の待合室でfacebookを見て、急遽、広尾行き決定。
写真展 “Sometime Photo Exhibition”
写真家の福岡将之さんにお会いして来ました。
写真についての説明とギャラリーのガイドツアーまでやっていただきました。

今、家に戻って、、、足が棒!
東京も広いです。
両国は下町の代表格、子供用に顔をくりぬいた記念撮影用のお相撲さんが駅(改札口のところ!)にあるし。
日本橋はお江戸の基点であり、美術館の隣の千疋屋総本店では眼が飛び出るほどのフルーツを売っているし。
広尾はセレブ感満載、駅を出たらランボルギーニ屋さんがあって腰を抜かしそうになったし。
(※ランボルギーニ:イタリアの自動車メーカー、普通よりゼロが多い平べったいスポーツカー屋さん)
東京に住んでいても、だいたい同じところしか行きませんから、たまには周遊もいいものです。
しかし、足が疲れた。。。
これも、涼しくなったから出来たこと。
いまだに35度だったら歩けなかったところでした。

今更わかる

過去に撮ったバラの写真をスキャンしなおしています。
昔は機材の関係でプリント写真をスキャンしていたものですが、今のスキャナはネガもスキャンできたっけなーと思ったもので。
プリント写真を等倍で読み込んだものは大きさも小さいので、この際少し大きめにして保存版にしよう、とも考えました。
しかし!
大きめに読み込んでみると、どれもこれも、ピントが合っていないか、色飛びしているか、色潰れしているか、です。
これはいいと思うものなどありません。
今まで小さかったから目立たなかったものが、大きくするとはっきりと目立ちます。
デジカメでは、後で消せばいいや保険保険!と同じような写真を何十枚も撮るので中には少しまともなものもあります。
でもフィルム時代はバラ1種類1枚の撮り方をしていました。
ピントが合っていなくても色が飛んでも潰れても、これっきりなのです(涙)
あまりのどうしようもなさにちょっと打ちひしがれています。
バラのゲージュツテキな写真などあまり好きではないので、あー可愛い♪はいチーズ♪と気軽に記念撮影のつもりで来ましたが、ピントぐらい合わせなさい私!と心から反省しました。
せっかくピントが合っていても背景に不要なものが写っていたりもするし。
今更ですが、注意力散漫、気合が足りない、、、とわかりました。

ティーローズ

『ティーローズ、暖地に適するオールドローズ』
第12回国際へリテージローズ会議の講師ダイ・ダーストンさんの本です。(共著ですが)
 (第12回国際へリテージローズ会議の講師紹介はこちら
 

 
英語の本です。
日本でも簡単に購入することができます。
ティーローズファンの方、如何でしょう。
 
(英語が読めないので中身についてはコメントしかねます。ご了承下さい。)
(写真を眺めるだけでも楽しいですが、いつかは読めるように頑張ります。)

謎なミンミン君

我が家のミニバラ・コーヒーオベーションにしがみつくミンミン君。
 
090827_01
 
何故こんなところに?
狭いマンションのベランダですよ?
木なんて周りにいくらでもあるじゃないの?
こんなに必死につかまるほどバラ好き?
そもそもこんなに狭いところで何やってるの?
他にもバラはあるのに何故コーヒー?
(疑問はエンドレス)
 
 
朝見つけてビックリしつつそのまま出かけて、夜には姿が見えませんでした。
飛び去ったのか。
それとも力尽きてレンガの陰に落ちたか。
ベランダでは自然に土に還ることはありません。荼毘に付す(=燃えるごみ)しかありません。
今探しておかないと後になって腰抜かすかなぁ^^;
この夏5匹目の追悼なんですけど。
何故こんなところに?
狭いマンションのベランダですよ?
木なんて周りにいくらでもあるじゃないの?
(そして疑問はエンドレス)

ローズニュース

————————————————–
10月5日
花フェスタ記念公園内にバラを国花とするモロッコ王国風庭園
『モロッコロイヤルローズガーデン』オープン
————————————————–
 
だそうです。
気になる・・・
モロッコは薔薇の産地のひとつです。
ローズオイル、ローズウォーターを生産しています。
イスラム圏って薔薇好きですよね?
それともローマ帝国の影響とか?
 
 
花フェスタ記念公園のページ右下「花フェスタ2008秋のバラまつり」のパンフにちょこっと載っています。
高木さんと寺西さんの”秋のバラガイドツアー”なんてイイなぁ・・・