図書館も進化の時代

図書館にはさまざまな役割があって、本や資料を貸し出したり読み聞かせたりというのは身近なこととして思いつきますが、そうした出版物などを収集・保存するというのもとても大きな役割のひとつであります。
特に国立国会図書館となるとその収集・保存の規模は壮大なものです・・・と、学生時代に習いました。
デジタル化の時代となり、デジタルな出版物も収集・保存の対象になっていることは漠然と知っていましたが、今日『国立国会図書館インターネット資料収集保存事業』(リンクフリーなのでクリックどうぞ)というのを見て驚愕したのでちょっと書いてみます。
 
どういう事業かというと、
ウェブサイトの情報が消えて無くなる前にそれらを集めて保存しておく、つまりウェブアーカイブ(Web Archive)を作っています。
世界各国の国立図書館や公的機関が中心となって行っており、日本では国立国会図書館が2002年よりインターネット資料収集保存事業(WARP)を実施しています。
ウェブサイトにも当然著作権があるので、個人のブログが勝手に収集されるということはなく、収集対象は主に国の機関、独立行政法人、国立大学法人、特殊法人、地方公共団体、地方公社等のようです。
 
私はたまたま経済産業省の古い情報のURLがとても長くて変わっていたのを見てこのアーカイブに気が付きました。
ちょっとヘルプ画面の画面コピーをさせていただいちゃいましょう。
こんな感じなのです。
   ↓
名称未設定-1
なにこの長さ?
なんで「http://」と「www」がこんなに離れて?
と思いますよね、こういうわけなのだそうです。
 
国の機関のサイトなどにはあまり用がないかもしれませんが、例えば過去のスポーツイベントのウェブサイトや、「平成の大合併」前の市町村のウェブサイトなど、少し身近なところで興味がありそうでしたら覗いてみると面白いかもしれません。
『国立国会図書館インターネット資料収集保存事業』
 
それにしても、イマドキの図書館は収集物が膨大で多岐にわたって大変ですねぇ。
どんなすごいシステムが組まれているやら想像すらできません。
古い紙の書物を修復してデジタル化するのもテレビで見たことがありますし、人間の歴史が長くなれば長くなるほど後世の人の努力は増大するのでしょう。
 
 
※追記
私のことですから、どんな時も検索に「バラ」という単語を入れて一度は試してみます。
国や地方の機関等が収集されているわけですから、でてくるのは「茨城」「茨木」などの地名関係がほとんどです。
唯一花のバラに関係のあったウェブサイトは「公益財団法人 日本バラ会」でした。

ご近所さんにお願い

駅までの道すがら、歩道沿いの皆様の植物たちを見せていただくのはとても楽しいものです。
角のクリーニング屋さんも、いつもお花が絶えずに嬉しい一角となっています。
でもひとつ、ただ見るだけの私が言うのもナニですが、鉢植えの背高植物を荷造り紐で束ねる風対策は、ちょっと見栄えが・・・
フレ様のこの針金ハンガー作戦なんか良いのではないでしょうか?

Fragrance World 針金ハンガー活用法

でも、奥様、青い針金ハンガーはそのまま使っちゃダメですよ~