怖い夢

怖い夢を見た時は、ひとりで考えているともっと怖くなるので、発散しなければ。
ということで。
 
大きなバラ・・・ツルバラかもしれない・・・に1センチくらいのうにょうにょしたヤツがいて・・・枝にも・・・裏返すと葉にもびっちり・・・それが私の手にも乗り移ってきて・・・「ぎあぁぁぁ~!!!」
で、目が覚めました。
 
そしてまた寝た。
 
黒いヤツ・・・ゴキ・・・か・・・類似のタイプ・・・目が合った瞬間ソイツが私に向かって飛び立つ・・・「いやぁぁぁ~!!!」
で、目が覚めました。
 
このホラーは何の暗示?
今日何か嫌なこと起きるのかしらん。
 
もし不吉な予言をなさる方は私に聞こえないように仰ってください。
私は怖いの苦手なので。

ベランダ作業記録

あまりにもいつまでも暑いので痺れを切らしてちょっと働く。
 
枯葉拾い、半分。
四季咲き系に追肥。
キャサリン、ヘリテージ、アイスバーグ、邪魔な部分を切る。
アルンウィック、邪魔じゃないので高さを揃える程度。
ミニバラ、適当。
ORは全て無剪定。
一季咲き種には触らず。
 
さーて、秋のERの咲き加減はどうなるでしょうか。
 
 
 
気がつくと裏で咲いているドレスデンドール。
このモスモスしたところがたまらなく楽しい♪
 
100913_01

今日の江ノ島

昨日の雨があがったのはいいけれど気温もあがった日曜日。
秋とは思えぬ暑さと人出の江ノ島でした。
 
ぞろぞろぞろぞろ・・・・・・
江ノ島って言わずもがな”島”ですから橋を渡って行くのですよ・・・
人も車もたくさん。島に入る車線が渋滞中・・・
090913_01
 
観光ではなかったので時間が無かったのですが、エスカーで行けば何とか・・・と大汗かきながら上まで行ってきました。
エスカー。近隣の皆様には有名ですね(出来た時は随分話題になりましたっけ)、即ち、手っ取り早く言えば「エスカレーター」です。
(まんま?)
江ノ島の島の頂上まで長~い(といっても直線は無理なので乗換有り)エスカレーターが通っているのです。自力でも充分歩いて登れますが断然早いので出費しました。はい、エスカレーター乗るだけで350円デス。
時間がなくて慌てて戻ってきてしまったので元は取れなかったと思います^^;;;
 
それでも、まぁ、9月の太平洋のほんの一角を、ご覧下さいまし。
 
090913_02

プチニュース

薔薇のニュースではないのですが・・・
 
「植物図館」さんで柳生真吾さんの特別講演があるそうです。
タキイ種苗販売代理店の園芸店で、山野草の品揃えがいいですよ。我が家のキモッコウと白ハマナスの盆栽仕立てはこちらで購入しました。(最近は薔薇は大苗しか見ませんねぇ。。。)
会社から5分で行かれるので是非!と思ったら、日曜の夕方でした。
日曜にまで会社の方向へ行くのはちょっと・・・^^;
でも私の”行きつけ”と言っても過言ではないので、日頃の感謝を込めて宣伝しておきますね。
日曜に東京都千代田区神田神保町まで行くのが苦にならない方は如何でしょうか、柳生のさんサイン入りエコバックや記念写真のプレゼントがあるそうです。
詳細は柳生さんの八ヶ岳倶楽部でどうぞ。店内の写真も載っています。
柳生真吾の八ヶ岳だより 神保町でトーク

旅の記録 山梨編

帰りも寄り道しながら帰ります。
中央高速で長野と東京の間にあるといえば山梨県。
今回は高速から近いサントリー『白州蒸溜所』に寄ってみました。
     南アルプス甲斐駒ケ岳の麓にあるサントリーの蒸溜所。
     ウイスキーと「サントリー天然水(南アルプス)」を作っています。
 
070912_07
 
気持ちのいい環境です。ひと山ふた山みーんなサントリーさんの敷地です。
 
070912_08
 
バードサンクチュアリもあります。
歩道の柵にも朝降った雨できらきらの鳥さんがとまっています。
 
白州蒸溜所内では、ウイスキー製造工程のガイドツアーとサントリー天然水(南アルプス)製造工程のガイドツアーをやっています。どちらも無料です。そしてどちらも最後に試飲があります(^^)v
ウイスキーの方は「白州」と「山崎」がいただけます。運転手は可愛そうに「なっちゃん」を飲んでいましたので(笑)私がシッカリとウイスキーをいただいてきました。
天然水の方は軟水と硬水の飲み比べ試飲なんていうのがあります。希望者は白州も飲めます。私はさすがにそこまでは(笑)
そして、まんまと工場限定のウイスキーなどをショップで購入し、サントリーさんの思う壺を演じてしまう優良観光客でありました。
 
070912_09
 
工場の展望所からは駒ケ岳がこのように見えます。
富士山の頭もみえました、頭に雲を乗せていましたが。
 
そして、中央高速を一気に走って東京へ帰還。
こんな夕焼けが出迎えてくれました。
 
070912_10
 

旅の記録 金沢編

長野県の保養施設から金沢まで、上信越自動車道から北陸自動車道を通って片道330キロ位だったでしょうか。カーナビだと長野の山道を下るのと高速を含めて5時間と表示が出ます。でもホント申し訳ありませんが運転手が暴走しまして片道4時間で着きました。物凄い根性で4時に起き、9時半頃金沢に到着。午後1時頃に帰途につき5時頃に保養施設に戻りました。なにしろ保養施設は夕食が6時と決まっているので是が非でも戻らないと夕食にありつけません。保養施設のご飯って美味しいんですよ^^;
駆け足でしたが平日だったのでどこもスムーズで、それなりな観光はできました。
 
朝は暗いのとお天気が悪いので、山道は雲の中のように真っ白。そんな中くねくねした道を下るんですからドッキドキ。何の動物も飛び出してこなくてホント良かったです。
上信越自動車道と北陸自動車道はトンネルだらけ。やけに沢山あると思って帰りに数えたら50個のトンネルをくぐりました。ということは往復で100個^^;
日本の背骨の連峰の下をくぐって日本海側に出て後ろを振り返ると、高~いお山に雲がたくさん”ひっかかって”いました。そして日本海側は一面の青空。太平洋側と日本海側っていつもお天気が違いますが、高いお山が雲を通せんぼしているのが本当に良くわかりました。日本海も真っ青で穏やかでした。でもこんな暑くては蟹さんはいないのですよねぇ^^;
 
さて、金沢と言えばなんてったって兼六園。日本三名園ですからね。
一歩入った瞬間「綺麗~♪」と大感激。
岡山は遠いので後楽園はよく知りませんが、先日行った梅の季節でない水戸の偕楽園より何倍も綺麗でした。(いや、偕楽園も梅が咲けばきっと・・・^^;)
一番有名なのはこのあたり↓ですね。
 
070912_01
 
070912_02
 
水に映った木々も綺麗でしょう?
それになんといっても地面に苔がいっぱい!
ビロードのようなのではなく、ちょっと背が高くてふかふかしているのでオオスギゴケでしょうか、すっごい綺麗でしたよ。わぁ苔だ苔だ♪と狂喜乱舞してこっそりスリスリしてきました。
春も冬の雪吊りも見たくなってしまいます。
園内は1時間で1周できます。
 
そして、金沢といえば茶屋街も有名です。
お茶屋さんが立ち並ぶいわゆる歓楽街です。綺麗なおねーさんが三味線をひいて歌ったり踊ったりして、飲めや歌えや楽しく過ごしたところです。今は重要伝統的建造物群保存地区だそうです。
 
070912_03
 ↑わんこちゃんがのんびりお散歩をする午前中
 
東茶屋街はそれほど広い地区ではないので、あまりお店に引っかからなければ見学には時間がかかりません。和風カフェのようなところでゆっくりすればそれなりにかかりますが。
 
070912_04 070912_05
 
まだまだ暑くて夏も残りつつ、猫はトンボハントに熱中して、季節の狭間の金沢です。
 
最後に軽く武家屋敷跡などをちらりと覗いて。
 
070912_06
 
武家屋敷も、お茶屋さんも、そして先日の松本城も、日本のおうちは(ひと括りに家と言ってしまう)階段が急で狭くて、玄関やあちこちに段差があってバリアフリーのバの字もなくて、壁で仕切られていなくて、天井が低くて、お台所が怖くて、トイレも怖い、です。
文化の点ではともかく、家屋の西洋化によって暮らし易くなったのは確かだと思います。
 
というところで観光はおしまい。
一応海側に行ったので、、お昼にお寿司など食べて帰ってきました。
 
 
山梨編に続く。
 

旅の記録 長野編

今年の夏は盛大に旅行に行かれなかったので、今頃夏休みを取って保養施設に行ってきました。
旅の記録って書く人と書かない人がいますが、書いておくとただ写真を保存する以上に後々色々思い出すことが出来て楽しいと去年の自分のロシア日記を読んでそう思ったので^^;今年も記録しておくことにします。
 
保養施設は長野県の湖のほとり。地元の方には申し訳ありませんが、湖の近辺のレジャー施設ってあまりリピートするようなものでは・・・行く度に”白鳥”に乗る人がいるかしらん?・・・お土産店もお気に入りのものがあるならともかく・・・○×館なんていう施設も、ねぇ・・・なので・・・
今まで行ったことのなかった『美ヶ原高原美術館』へ。
     長野県の中央、八ヶ岳中信高原国定公園にある美術館。
     草原に現代彫刻が展示されています。
     070913_01
       ↑山の上は雲雲雲。私は片手に傘もさしています。
高原にはマツムシソウやリンドウなどが咲き、秋の気配が漂っていましたが、何しろ雨ふりでしたので屋外の彫刻をのんびり見物する気分でもなくソコソコで退散。
 
では、松本辺りまで走ってみるかと『松本城』へ。
     長野県の松本市にあるお城、国宝です。
     お城の色が黒いんですよ。
     070913_02
       ↑黒いのもカッコイイ ここも雨降り
 
お城の中の見学は急な狭い階段だらけで、武士ってホントにこんなところで働いていたの?絶対に足ぶつけたり頭ぶつけたりしたわよねーとぶつぶつ文句を言いながらゼイゼイ上り下りしたら、足のスジが筋肉痛になりました。
 
しかし、今回のメインは長野県にはありません。長野県の保養施設から金沢強行日帰りというのが主な目的でした。一度も行ったことなかったんです。
 
 
金沢編に続く。
 

眠れぬ訳

あちこちで去り行く夏に思いを馳せる声を聞きます。
でもそういう人に限って夏は好きじゃないと言います。
なのに秋バンザイ!と叫びながら、やっぱり夏を思っています。
何故?
子供の頃の夏休みの名残?

シーズンオフとオフシーズン。どっちが正しいんだっけ?
辞書辞書・・・と。
シーズンオフは和製英語だったのですね!?
オフシーズンにオンシーズン。それを日本語で言うと?
季節外れと季節・・・んー・・・当たり?(ちがーう)
閑散期と繁忙期?そうなんだけど・・・なんか微妙。

ね?眠れなくなりません?
夕べそんなことを悩んでいたら頭サエザエでしたよ^^;

で、季節外れになっちゃう前に夏に撮った写真を駆け込み掲載。
(結構みんな同じことやってる(^^))
050913jonanls01
南国ムード漂うフリの東京湾。
白いお船も通ってます。

050913jonanls02
そこから眺めた飛行機。
初めて飛んでる飛行機撮ってみました。動くんだ。速いんだ。
子供やワンコちゃんと同じでぶれるぶれる。やっと1枚合格^^;

今日はメチャクチャ暑かったです。34度はもうイヤ~。
でも、雲がたなびいて、夕焼けが綺麗で。やっぱり夏じゃあないのですよね。