心機一転

長い長いトンネルを抜けました。
どうやら仕事にありつけた(!)ようです、やれやれ。
失業保険残り4日、ぎっりぎり(笑)
パートタイマーですけどね。
学生アルバイト以外で、時給で働くのは初めてです。

このトンネルは実はとてもとても長くて、いろいろ危ない橋も渡っているので(アハハ^^;)文字にすることができないのがとても残念です。
ま、当たり障りのないところでざっと言いますと、会社の業績が悪くなり、会社が雇用調整助成金をもらい、社員が減り、給与が滞り、給与が減り、最後はとうとう給与の支払いができず失業保険をもらってくださいと言われることになりました。その後もいろいろありますがここは特に(ピー)の部分です(怖っ^^;)
このトンネルをとうとう抜けたので、日のあたるところに出た安堵感でいっぱいです。
もう終わったから言えることですが、いやぁ本当にいろいろ勉強しました、良いことも良くないことも。

前の会社も、別にゴミ箱蹴って辞めたわけではなく、社長が、私たちが失業保険をもらっている間頑張って建て直すからまた手伝いに来てねと願っていました。
私たちは、お金をくれるならね、と言っていました。(当然よね)
ですがこの度「手伝えなくなりました~」と言ったものですから、社長はとても残念そうにしていましたが、パート先を見て何も文句が言えなかったようです。
国の機関だものですから・・・安定した職場でよかったですねとスネていました^^;
でも時給は安いですよ、びっくりするほど。

これから面接を受けられる方のために・・・え?受けない?・・・ま、いいや、書いておきますと・・・
面接で必ず聞かれる応募理由のところで、私が「先日NHKのニュースで、国家・・・なんたらかんたら・・・」と言ったら面接官たちが「をををっ!」と声を揃えてどよめいたのですよ。
この時、勝ったな、と思いましたね。
あ、受かったなではありません、勝ったなです。
受からなくてもいいのです、とりあえず話題取ったぞという勝利(笑)
結果的には採用もしてくれましたけれど。
とにかく、私はちゃんとニュースを見ていて良かったなと心から思いました。マニュアルに書いてあるセリフなんて言ってちゃ掴めないどよめきです。
それから、雇用調整助成金対策で取った中国語検定4級。
普通4級なんていう資格は履歴書に書いてもしょうがないレベルと言われますが、ほかに書くことのない私は欄埋めで書いていたのです。
そこが結構突っ込まれました。
簡体字はIMEで入力していました、なんていうことが、今ここで役に立つなんて誰が想像できたでしょう。
人生どの糸がどこに絡んでくるのか本当にわからないものです。
履歴書にはどんなことでも遠慮せずに書くべきでしょうね。

今年の秋は「新人」となるので、さすがに有給とってバラ園詣ではできませんが、交通費が無くてバラ園に行かれないよりはずっとマシです。
週末に横浜あたりにバラを見に・・・
あー!そういえばズームレンズがズームしなくなって修理の依頼を出したのでした。
家ではマクロレンズが必要ですが、外でマクロじゃーねー、修理間に合うかしらん?
最悪の場合はスマホ?←これかなり最悪
でもいいわ、たとえスマホ片手にでもスキップして行っちゃう♪

というわけで、今後は新しい目線の面白い話題も書けたらいいなと思っています。

頭の中

今、私の頭を「パカッ!」と開けると、ふたつのバラがくるくる回っているのが見えるかもしれません。
 
京成バラ園芸さんで受注生産品種の販売が開始になりました。
来年の新苗2,000円、私にしては”超高級”です。
でも去年買った苗がいい苗だったので1本だけ買いたいです。
アレとアレ、どっちにしよう。
 
くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる・・・・・・・・・・・・
 
他の買い物ではそんなに悩まないのに、バラは悩みます。
なぜかと言うと、バラは全部欲しいから、ひとつに決めるなんてできないのです!
 
ガーデナーさんはじめ植物好きは、この時期から人差し指の上下運動が多くなり、園芸店では本人曰く「運命の出会い」があるものなのです。
はぅぅ。。。

「秋のバラまつり」

山形県村山市の東沢バラ公園で「秋のバラまつり」が開催されているそうです。
5~7月に咲いて7月下旬に剪定、そして今、秋薔薇。見ごろは今月末頃までとか。
剪定~秋の開花が1ヶ月早いですね。
山形だから?それともバラ園の方針?
ともあれ、再び薔薇の季節です。

タマスダレGetぉ~

先日実家の庭で「これ可愛いわねぇ~」と言ったら「じゃ持ってく?」と一株掘ってくれました。
もちろん欲しそうぅぅぅに言いましたとも(^^)v
タマスダレ。
 
070918_01
 
どんどん増えるそうなので最初はちっちゃいの1個から。
群生させると可愛いですよね。近所のお寺の石柱と松の木の下に今たくさん咲いています。
さすがヒガンバナ科。お彼岸がトップシーズンです。
病気知らず、お日様もそこそこ、お水もそこそこ、植えっぱなしで増える手間要らず。なんて私向きなんでしょう。
問題は我が家の強風に耐えられるかということです。そこさえクリアできればこっちのもの?
毒草だし嫌う人もいるみたいですが、私はハナニラとかタマスダレとかこういう雰囲気のお花が好きみたいです。