サー・セドリック・モリス

キューピッドに続き浮かばれないバラの写真第2弾。

私にしてはまっすぐ撮ってあって自分で「やればできるじゃん」と感心した写真。
(たいてい曲がるのよ)
(根性が滲みでるのよね)
sir_cedric_morris_01
Sir Cedric Morris
つるバラの枝です。
これもキューピッド同様花の写真を撮っていないので未掲載です。
秋に一季咲きのバラの実や棘だけ撮り、春にタイミングが悪かったりして花に会えないと、こんなのが量産されます。。。

キューピッド

写真の整理をしていて、バラ図鑑に載せていない写真が目につきました。
バラの名前はキューピッド。
cupid_03
カナ名以外のことがあやふやなので載せていません。
どんな花かと言いますと・・・
花の写真なし!
そのかわりあったのが・・・
cupid_01

あー・・・
愛の神の名前だというのに、秋のバラ園でローズヒップは地に落ち、近くのハート形にも見えなくもない葉は裏返り・・・
なんだか愛の欠片もないような・・・
いつか春に花の写真を撮ってバラ図鑑に追加するにしても、この実の写真はお蔵入りだろうなぁ・・・

バラ図鑑に載せたりブログに載せたりする写真の陰には、日の目を見ない膨大(そりゃもう膨大)な写真たちがハードディスクに眠っているのであります。
どんなに変でもピントが合っていなくても、一応眠っているのであります。。。

バラあるある

時に、世の中のなんでもかんでもがバラに関係しているように見えることがあります。

現在、日本全国、敬老の日と秋分の日と挟まれた国民の休日でシルバーウィーク中です。
春のゴールデンウィークに対して提唱された和製英語ですが、私はシルバーシートのイメージが強くてこの単語には馴染んでいません。
私のそんな違和感は誰も気にせず、世の中せっせとイベントが行われています。
子供向けにウルトラマンたちが集合するイベントが広告に載っていました。
ウルトラマンたちがなにやらミッションをこなすようです。

ウルトラヒーローズミッション

目に入り易い文字と、目に入り難い文字が、ありますね?ね?ね?
ウルトラマン何やってくれるのかなぁ?とちょっとワクワクしますね?ね?ね?

秋になればバラ

今年も、暑さ寒さも彼岸までが守られそうで大変嬉しいです。
今日なんか泣きそうなくらいに嬉しい30度以下です。
明けない夜は無いと言いますが、終わらない夏も無いのですね。(感涙)
 
というわけで、秋になればバラの季節です。
 
BISESの次はマイガーデン、雑誌もバラ特集です。
今回のマイガーデンは、マイガーデンにしては”私のお庭は・・・”ではない記事が半分もあり斬新でした。
ガーデナーではない私としては面白かった、、、です(^^)
 
時は常に流れていて、今年はもう去年ではないのと同じくらいに今年のバラは去年のバラとは違っていて、行くバラの流れも絶えません。
かつ消えかつ結びて、新品種が作出され販売停止になるバラもあります。
悠久の流れ、そして本流あり支流ありを見ていると、飽きないのですよね。。。
 

ポスト・カンファレンス・ツアー追加

『第12回国際へリテージローズ会議』終了後のポスト・カンファレンス・ツアー。
ツアー1とツアー2のうち早々に締め切られたツアー2でしたが、バスを1台増やして人数を追加するそうです。
ツアー1は花フェスタ記念公園と飛騨高山。
ツアー2は双葉ばら園、国営越後丘陵公園と、野生バラ(オオタカネバラとハマナス)の自生地。
国際へリテージローズ会議(サイトによると、ヘリテージローズ、すなわち人類の遺産として後世に伝えるべきバラ、古くから愛されてきたオールドガーデンローズや世界のバラ属野生種についての研究、貴重なバラの保存のために必要な情報交換など)参加者としては、ツアー2に人気が集まるのも当然と言えば当然?
ツアー1が80名、ツアー2が120名。壮大なスケールのツアーになりそうです。
 
ちなみに私は不参加です。
料金的に73,000円~78,000円はちょっと・・・・・・
岐阜も福島も新潟も遠いので仕方がありません。

暑さ寒さも

暑さ寒さも彼岸・・・・・・明けまで?
彼岸の入りではありませんでしたね。
ベランダ掃除の残りをやっていたら、暑くてめげました。
 
 
今週ののワンダーXワンダー。
「イギリス庭物語」だそうです。
面白そうかな?見てみようかな?
 
放送時間 総合テレビ 2010年9月25日 土曜日 午後8時~8時44分

お彼岸ですが

夏の間ブツブツ唱えて暮した言葉。
「暑さ寒さも彼岸まで」
涼しくなった!と(思って)ベランダ掃除に精を出しました。
大汗かきました。
湿度高すぎです(涙)
途中から雨が吹き込んできてお掃除は半分でリタイアしました。(ちょっとホッ)
 
私の目下の悩みはコレ↓です。
 
080921_01
 
一体全体私はどうしたら???
秋の台風シーズンに備えて棒にくくりつけてみたものの、えらくバランスの悪いロサ・フェティダ・ビコロール嬢です^^;
右を壁にしましたが、左か前か、台風で2・3回は倒れるでしょうな。。。
下のほう、相当葉っぱがありませんが?
どの辺を剪定するのでしょうかねぇ???
 
 
コーヒーオベーションの夏花を全部切ったら、残っているのがグリーンアイスだけになりました。
グリーンアイスは元気な薔薇です。丈夫で長持ち、こんな可愛い顔して芯が強いです。
良く伸びる。良く咲く。散らないで長持ちする。うどん粉らない。等々
血筋にテリハノイバラなどが入っているという噂です。原種の血が入るとやっぱり丈夫なのでしょうか。良く伸びるところがテリハ系の血かもしれません。
 
080921_02
 
淡いピンクのグリーンアイス、いいですよぉ~♪
もう少し寒くなると赤も入ります。楽しい薔薇です。
 

皇居東御苑花だより

『皇居東御苑花だより』を見てちょっと感動しました。
今東御苑で見ることのできる秋のお花や実の情報が細かく載っています。
 
「カリガネソウ  二の丸雑木林  1株  開花始める」
 
東御苑の雑木林の中でカリガネソウが1株開花を始めたことをちゃんと把握してその情報を載せてくれるなんて!
ページ下部の「皇居東御苑花だよりの地図へ」のリンクもクリックして下さい。
どのお花がどこに咲いているか地図になっています!
春夏秋冬どなたかがこまめに見回っているのですね。更に情報発信まで。
天晴れ、宮内庁!!

備忘録

9月20日、マドンナ Confessions Tour(東京ドーム)に行ってきました。

データによると1958年生まれだそうですので、48歳。
そんなおねーさまがどんなステージを繰り広げるのか、見たかったのです。

さすがマドンナおねーさま、タダモノではありませんでした。

7時開演予定が、大阪公演では20分程度の遅れだったそうですが、20日は8時になりました。
いやいや、8時だと思っていたのはほんの5~6万人のものどもだけで、おねーさまが「今」と仰ったその時が7時なのでございます。
でも、私らは翌日もフツーに平日なので、眠いのは困るので、なるべくお約束は守ってくださいましとお願いしたいところです。
 
060921_01
 
 (↑開演前。席から。)
 
2階席からは肉眼では豆粒ですが、スクリーンを見ますと、おねーさまのスレンダーなこと!
太腿ピリリ!お尻もキリリ!
体脂肪率はいったい何%なのでしょうか。日頃どんなトレーニングをなさっているのでしょうか。
このくらいの歳になると大概腹部から臀部のあたりにたるみが・・・っととと・・・こんなところで自爆してはいけません・・・「おねーさまは鞭のように細くしなやかで美しかったです、まる」、、、と。

その上、ガンガン歌うわクルクル踊るわ。(歌手ってそういうものか^^;)
その頃私はといえば・・・・・・
ドームが割れるんじゃないかという大音響と、点滅するライトの洪水に、頭ガンガン心臓バクバク(笑)
ものすごい音量にナケナシの脳みそが揺さぶられて吹っ飛んで行きそうになりました。
光の点滅が私は苦手で、以前テレビアニメでも問題になりましたっけね、どうも光酔いするのです。
2階席だったので幸い全員立ち上がったりはしませんでしたが、乗り乗りの人たちの狭間で眉間にシワを寄せて「次、バラードお願いします」と本気でお祈りしながら下向いて唸っとりました。(情けない^^;)

『私はこうする』という強い意思を持ち、また、それを実行する力がある。
カッコイイわけです。
それにはやはりこれだけの経験と年数の積み重ねが必要なのかもしれません。
マドンナが48歳だから出来ること、それを見せてくれたような気がしました。
しかも世界レベルの超一流のあざやかさで。
いろいろな批判も、好みもあるでしょうけれど、同じことをやれと言われてもそう誰にでもできるものではない筈です。
やっぱりタダモノじゃないでしょう。

今回13年ぶりとかの来日だそうですが、次回はコンサートはもういいです。
これからは適度なボリュームでCDを聞いて、のんびり鼻歌でも歌って過ごします^^;
 
マドンナおねーさまは、やっぱり赤い薔薇がお似合い。
 
060921_02
 
Schwarze Madonna - シュワルツ マドンナ -