ことばーあんなことこんなこと

あんなこと。
苔類、読み間違えていました。
なーんにも考えていなかったのです。
「苔」は「コケ」だから「コケルイ」と何となーく読んでいました。
でも「苔」の字は音読みが「タイ」訓読みが「コケ」。
普通ナントカ類という場合には音読みします。
「鳥類」は「トリルイ」ではなく「チョウルイ」
「魚類」は「サカナルイ」ではなく「ギョルイ」
「人類」は「ヒトルイ」ではなく「ジンルイ」
となると
「苔類」は「コケルイ」ではなく「タイルイ」
もっとも、いきなり会話で「タイルイ」と言ってもほとんどの人が「???」でしょうから「コケルイ」とわかりやすく言うのは良いと思います。
難しい言葉を言い換えるつもりとか「コケ類」のつもりなら問題ありませんよね。
私は結構無知なレベルで間違った気がするので記憶定着のためにきっちり書いておきます。
「苔類」は「タイルイ」!
 
こんなこと。
職場で、届いた郵便の封筒に貼ってある消印が押していない10円切手を使うの使わないのという話をしていて、
私が「みみっちくないですか?」と言ったら・・・
「みみっちい!」
「久しぶりに聞きました!」
と言われました。
そう?
言わない?
ケチくさいと言うよりも可愛らしくない?

秋だご飯だ!

買おうかなーどうしようかなー・・・とずっと考えていた「かまどさん」をとうとう買いました。
うふふ、うふふ、ご飯が美味しい秋ですもの、新米の秋ですもの♪
通販だと良くわからないのでイガモノ東京店に行って大きさとか重さとかを確認して2合炊きを買ってきました。
もしかして持ち帰れるかなと思ったので車を調達し、恵比寿ガーデンプレイスに止めました。
駅に向かう横断歩道を渡って歩く歩道の通路に入らずにその横の外の道を下ったところにすぐお店があります。
コインパーキングだと休日は空いているかどうか心配、ガーデンプレイスなら余裕ですもの。
「かまどさん」は陶器で重いですが御付きの者に持たせて楽勝でございましたわ、おほほ。
おこげご飯なんか久しぶりに食べました。
パンも麺類も相当好きですが、やっぱりご飯、お米は最強の食べ物です。

お彼岸に

毎年毎年、暑さ寒さも・・・と生きる目標(!)にしているお彼岸です。
昼間はドッと汗をかきましたが、夜になって肌寒くなってきました。
うむ、うむ、今年も大変ヨロシイ。

昨日、某駅の駅ビル的商業施設の1階にある「とらや」さんでおはぎを買おうと思ったときのことです。
私の前に1組のご夫婦が品定めを始めたところのようだったので、私は順番順番とその横に立ちました。
店員さんはと見ると「研修中」のバッジをつけた店員さんでした。
研修中かぁ。
店員さんがご夫婦に話しかけます。
「何かお探しですか?」
ご夫婦が、私には聞き取れませんでしたが何かを言った次の瞬間、店員さんはいきなり英語を話し始めました。
横からではぱっと見わからないアジアのどこかのご夫婦だったようです。
そして二言三言ずつやり取りがあって、瞬く間にご夫婦は羊羹を買って去って行きました。
私はおはぎと、ついでにウサギのお饅頭も追加しながら、猛反省しました。
「研修中」のバッジを見た時に私は何を思った?
不慣れ、手間取る、遅いかも、、、そんなことを思わなかった?
お店の販売員の接客を侮っていなかった?
そんな私に「研修中」の彼女は見事なプロフェッショナルを見せてくれました。
高齢化社会につま先を入れる年齢にやっとなり、風立ちぬを1,000円で観て来たところなのに、いくつになってもニンゲンなっちゃないわぁとつくづく思いました。

いちおう帰宅困難の顛末

昨日は台風15号で今年2度目の帰宅艱難になりました。
3月に続き今年2度目の被災に会った方々に比べればなんということはありませんが、一応教訓をメモっておきたいと思います。
 
会社を出たのが16時半。
遅いですよね。この時間には家に着いているべきでした。(でもそうもいかないのが現実)
電車が普通に動いていたのでなーんだと思いましたが、案の定途中でとまりました。
白金高輪で下ろされてもあとどうしようもありません。
駅に突っ立ているわけにもいかないし前には進めないので、仕方なく戻ることに。
会社に戻ることも考えましたが、そのときはもう既に暴風雨。外に出た瞬間に傘が壊れそうな暴風だったので駅からたった2分の会社に戻ることも諦め、大手町で止まっていた電車の中で2時間ほど過ごしました。
JRに回ることもちらりと考えないでもありませんでしたが、3月の経験からいって大きな駅に行くのは良い事ないな(目黒駅で懲りた)とひたすら”待ち”に徹しました。
椅子に座っていただけなので体力は温存。
時々構内放送が聞こえてきました。
「運転規制をしています」
「ただ今台風が通過中です」
”やっはーやっはー”と踊りながら通過する台風をリアルに想像する。
「地上は風速25メートル以上の風が・・・・・・」
あぁ、さっきそれ見たわ。
「地上は風速30メートル以上の・・・・・・」
ひえぇ~数値増えてる~
「地上は風速25メートル以上の・・・・・・」
あ、減った?
「ただ今安全確認をしております」
をををっ♪
3月にはJRよりも東急の対応が良かったので、今回も東急を信用しました。
ただ、3月は三田線と目黒線の接続に難があり苦労したので、今回は3月の最終判断と同じく日比谷線-東横線に狙いを定めました。目標は中目黒。
最初は恵比寿折り返しだった日比谷線も東急の復旧とともに中目黒まで走ったし、中目黒乗換えは渋谷よりストレスが少ないように思いました。
 
東急に乗れるようになったのが20時半くらい。
家に帰り着いたのは21時半頃でした。
3月は24時を回っていましたから、それに比べればなんてことありません。
なんか2度目で妙な度胸がついたような?
 
というわけで2度目の教訓。
無闇に動いても結果はたいして変わらない。
大きな駅に行かない。
東急は結構いい。
会社を出る前にトイレに行っとく。
バッテリーの残量注意。
 
 
ベランダは想定内の惨劇。
普段から強風に備えているマンションの高層階でもちょっときつかったです。
ヘリテージとキャサリンが咲くの1回損した感じ^^;
今後はキャサリン&アルンエリアと室外機6号組の対策を強化すること。
 
今回の私の教訓はこんなところでしょうか。
温暖化で台風の被害は増えると言いますから、川の近くの人、山の近くの人、それぞれあるでしょうが、都心は都心できちんと考えていかないといけませんね。。。

バラの挿し芽の根性

これは・・・・・・
 
100922_01
 
・・・・・・生きているのでしょうか?
 
今年は1本しかコップに入れなかったのではっきりと覚えています。
これはアルンウィックキャッスルです。
春の花が終わってビョーンと伸びて邪魔だったので切りました。
ということは切ったのは6月?
葉は1枚(1セット?)ついていたものが落ち、その後ずっと「緑の棒」としてコップに入っていました。
それが今、6月からだとすると3か月たった9月、何やら動き始めました。
茶色くならずに緑のままだったので、一応挿し続けていたのですが、まさか本当に生きていた?!
根はまだ確認できないので生き延びるかどうかわかりません。
でもガーデンローズの底力は計り知れないものがあると、しみじみ感心しました。
棒だったのですよ?3ヶ月もですよ?
バラはすごい。本当に。

何度目かの正直

ポインセっちゃん、赤くなれ作戦2007。
 
牛乳パックを繋げたものや紙袋を重ねたものを被せてもクリスマスに赤くならなかったポインセチア。
もっともっと真っ暗な場所は何処か?
考えて考えて考え抜いて・・・
 
ここ ↓
 
070922_01
 
扉を開けると ↓
 
070922_02
 
クローゼットの中などお見せして失礼^^;
 
今年もミッション進行中(^^)v
 

アイランド花どんたく

福岡県にて開催中のアイランド花どんたく。
気にはなっていますが関東ではあまりニュース映像もなく、どんななのかなーと思っていましたら、モウズイカ氏の花どんたくレポートを発見しました。
ガーデナーの皆様はもちろんご存知でしょう。モウズイカ氏はガーデニング界では有名な方なんですヨ。

レポートによりますと・・・・・・

サントリーさんが遺伝子組み替えにより開発した青い薔薇については「色彩としては、最近の青バラに多く見られるような病的な色彩ではなく、素直に美しいと言える色合いだったので安心しました。」とあります。
写真撮影は禁止だそうですので残念ながら画像はありませんでしたが、でも、ちょっとホッとしますね。

その他、青いカーネーションや変化アサガオの話題もありますし、とてもコミカルなレポートですので、興味のある方はどうぞホームページをご訪問ください。

モウズイカのガーデニング狂時代 http://homepage3.nifty.com/mouzuika/
(ページ中ほどの黄色いバックのエリアから「(^^;)花どんたく」の文字をクリックしてください。管理者に許可を取ったわけではありませんので、リンクはしていません。)

アイランド花どんたく公式HP
(【青いバラ展示情報】というインフォメーションが出ています。ということは毎日は出ていない?随分”箱入り娘”ですね^^;)