ふんばったで賞

ゆめさん邸主催の「ふんばったで賞」の我が家編受賞記念撮影です。
(ややこしい説明^^;)
あの台風15号でヘリテージもキャサリンも見るも無残!と思ったら・・・・・・
結構踏ん張っていました。
 
傷だらけのローラ・・・じゃなくて、ヘリテージ
開くと早々に散るヘリテージも満開前は踏ん張るのです。
 
110924_01
 
 
開きかけた蕾で踏ん張ったキャサリンモーレー。
それほど傷も無く、夏の装いのまま風雨にも踏ん張って耐えました。
 
110924_02
 
 
風があったのでベランダ掃除は3分の1で終了して・・・・・・
 
 
原種シクラメン冬咲き組がそろそろ”来ている”という噂だったので覗いて見ました。
 
110924_03
 
これはもしや葉っぱ?(わくわく)
 
植物たちったら、雨にも負けず風にも負けず、夏の暑さにも負けず、丈夫で、怒ったりもせず笑っているし、すごいものです。

ちょこっと横浜

Y150のチケットを母に”もらった”ので、なんとしてでも行かねば!(笑)ということで。
 
まずは、一応、Y150行ったゾ、混んでたゾという報告を。
 
左に赤レンガ倉庫、右にラ・マシン(蜘蛛)の見える歩道橋から。
横浜ったら混んでるでしょ?
090924_01
 
ラ・マシン。てっぺんと足の付け根に人が乗っています。
冷静に考えると結構ホラーっぽいシルエット。
090924_02
 
 
それはそうと。
第二の目的はバラの偵察なワタクシ。(いつ如何なる時も^^;)
 
某迷氏噂の「アメリカ山公園」も偵察して来ました。
今年新しく整備されたところなので、もしかしたらまだあまり知られていないかもしれません。
港の見える丘公園に上がっていく時にフランス山の階段がきついなぁとお思いの方、是非、みなとみらい線の元町中華街駅のエスカレーターを利用しましょう。屋上がアメリカ山公園になっています。公園を通り抜けるとすぐに港の見える丘公園です。階段無しで超楽♪です。
 
できたばかりなので、モッコウバラのトンネルもまだスカスカ!ですが
090924_03
なぁに、3年もすれば立派なトンネルになりますって。
 
こんな素敵な扉が朝6時から夜11時まで開いています。
090924_04
 
 
マリンタワーに無理無理バラを入れてみました。
090924_05
山下公園のピンクの「桜霞」です。
写真の出来は置いておいて、横浜の公園ではバラをチェックしましょうというお誘いです。
あちらこちらの公園にバラの花壇があります。
ちゃんと名札も立っています。
年季の入った古木も植わっています。
剪定もちゃんとされています。”ローズヨコハマ”も”はまみらい”もきっちり夏剪定済みでした^^;
意外や意外”ローズふくやま”の名札もありました。(福山は広島県ね)
春に行かねば。。。

追記:
 
某迷氏よりご指導が入りました。
エスカレーター出口(入り口)のところをグルっとまわれ!だそうです。
皆様、まわりましょう。
某迷氏よりそこに咲いている「夢」のお写真を本館Rose Garden薔薇図鑑2でお借りしています。

東京ミッドタウン

そろそろほとぼりも冷めたかな?と思い、東京ミッドタウン見物に行ってきました。
 
070924_01
 
冷めていましたよ、ほとぼり。今ならゆっくり歩けます。
駐車場もすぐに入れましたし。さすが土地が広いだけあって駐車スペースもゆったりです。ドアを全開してもお隣の車にぶつからないくらい1台分のスペースを取ってあります。料金は10分100円です。この金額は都心ではごく普通です。
 
工事が始まった頃は「ここに街ができるらしい」という噂を聞いてもどんな風になるのか全然想像もできませんでしたが、まぁ本当に街が1個スポン!とできあがっていました。広かったんですね、防衛庁。
 
六本木ヒルズ、表参道ヒルズとはだいぶ雰囲気が違います。
ヒルズはちょっと・・・という方にはミッドタウンはオススメです。どちらかと言うと恵比寿ガーデンプレイスの雰囲気に近いかもしれません。何が似ているというわけではなく強いて分類すればですけれど。あまり子供っぽくないところがそう思わせるのかもしれません。
 
070924_02
 
ミッドタウンに行ったら、お店だけではなく周りのガーデンにも行ってみましょう。
 
070924_03
 
広くて気持ちがいいですよ。
芝生のところに滑り台とブランコがあります。
なんてお洒落なブランコなのでしょう!
 
070924_04
 
滑り台のほうは数人の親子がいらっしゃいましたので撮影は遠慮しましたが、階段部分が赤、滑る部分が黒の変形滑り台でカッコよかったです。
ガーデンは半分は芝生で半分は日本庭園になっていました。色々なお花や木々が植えられていましたが、やはり植えたばっかりという感じの若木が多くて3年後が楽しみかなと思います。
でもベンチがたくさんあったのでお散歩にはいいかもしれません。
 
ミッドタウンの中で私の目を引いたのは、サントリー美術館のミュージアムショップ。ゲートの外側にあるので美術館に入らなくても見ることができます。すごい素敵なショップです。あんなにスタイリッシュなミュージアムショップは始めて見ました。置いてある品物は何しろサントリー美術館ですから渋いですし(サントリー美術館の展示って焼き物とか屏風とかが主です)、お値段も「これが、い、い、いちまんえん!?」な感じでしたが、あのたたずまいが私はえらく気に入りました。
他のショップは、あまり変わりませんね、ヒルズや新丸ビルなんかと雰囲気は一緒です。
私の好きな地下食品街には「Precce(プレッセ)」がありました。高級スーパーというのでしょうか、紀ノ国屋とかザ・ガーデンとか三浦屋とかのような輸入食材やちょっといい(高い)ものを売っているのですが、私が良く行くPrecceよりも更にグレードアップしていて見応えがありました。(見ただけです^^;)
他には「とらや」(和菓子の)や「TSUTAYA」(CD等販売)もビックリするほどお店がスタイリッシュでした。
 
そして。
私はまたつまらぬ物を斬って・・・もとい、買ってしまった、わけで。
 
070924_05
 
この本可愛くないですか?(笑)
「sushi」などと書いてあるので外国の方向けかと思ったらそうでもありませんでした。普通に漢字がたくさんある日本語です。
ページ左に握ったお鮨の写真、右にはネタの説明。
鰹の漢字、英語でbonito、鰹の絵、鰹の薀蓄。
これがネタごとにあるのです。
写真が綺麗だし、この感性は私好みでした。
 
 
六本木だからと行かずに敬遠していた方は是非一度お散歩をお試し下さい。
あまり六本木っぽくないところがちょっとオススメです。
 

秋だ!

朝一番、”ピンポーン”と秋がやって来ました。
 
060924_01 060924_02
 
義母作栗おこわ。栗が埋もれてます。胡麻までかかって手間いらず(^^)v
生栗。お庭の栗。全部剥いてくれたんだぁ。アリガトゴザイマスぅ(^^)v
そして新米も!
 
食べますよぉ、ええ、こうなったら全部食べますとも。
体重計さん、よろしくお願いいたしますデス。
(↑何をお願いしているのか、自分でもよくわかっていない^^;)

花の都ぎふ祭り

「花の都ぎふ祭り」の公式ウェブページ。
荒俣宏さん監修です。 岐阜とお花の話題が満載です。
岐阜の薔薇の読み物もあります。現在は「vol.16 花の画家ルドゥーテの生きた時代」です。バックナンバーも読めます。
花フェスタ記念公園が日本一から世界一にバージョンアップしたらまた行きたいなーなどと思いつつ、秋の夜長にお花の薀蓄、皆様もいかがでしょう。

http://hanakiko.jp/