小さな満足

ひっさびさに晴れて・・・半月ぶりくらい?・・・暑くなった今日。
歩道橋の階段を、とんとんとん!とリズムよく上がる私。
うふふ、好調じゃないの。
お天気が悪くて湿気てしまいそうでしたが、涼しかったのであまり体力を奪われていないかも。
エアコン無しでよく眠れたし。
秋に向かって、よし!

ただ・・・
ヘリテージ嬢が代わりに湿気ていました。
スズメバチに怯えているうちにひっそり咲いて終わってぼろぼろっと・・・^^;
スズメバチは今のところ来なくなったようではありますが、私がトンボも蜂に見えてビクビクしているもので・・・^^;;;

秋一季咲きバラ

バラはたいてい春あたりに咲くものです。
四季咲きは春から繰り返し咲き、
返り咲きや二季咲きは春と然るべき時に咲き、
一季咲きは春に咲く。
しかし、最近の我が家のアルンウィック嬢は春はダンマリを決め込み、秋になると咲き出すという秋一季咲きとなっています。
イングリッシュローズなので本来四季咲きです。
いいんですけどね、枯れるわけでもなく咲くには咲くのですから。
でも、どうしてかなぁ?と理由を知りたい気がします。

秋のアルンウィック祭り。

品種名:ジ・アルンウィック・ローズ The Alnwick Rose
通称:アルンウイック・キャッスル Alnwick Castle
作出:イギリス David Austin 2001年

はい、ちょっとそこに立ってみて~ いいね~
150926_01
 
 
アップ撮りますよ~ キレイだよ~
150926_02
 
 
はい、こっち向いて~ いい子だね~
150926_03
 

おススメ情報

先日、朝のニュースで「サイトウキネンフェスティバル松本2013」の小澤征爾さんと大西順子さんの共演が少し映りました。
『ラプソディー・イン・ブルー』の一部を見ただけでも、オーケストラとジャズトリオの競演はすごそうでしたよ。
夜中の放送なので私は録画予約をします。
よろしかったら皆様も如何ですか?
芸術の秋!
 
「小澤征爾 復帰の夏 ~サイトウキネンフェスティバル松本2013~」
2013年9月30日(月) 0:00~ BSプレミアム ※29日(日)深夜

NHK Online の 音楽/NHKクラシック のページに詳細が載っています。
小澤征爾さんの振ったオペラも一緒に放送で、どうやら記録番組形式のようです。

ローズヒップ

本当に秋になったのですね~。
収穫の秋?
 
大迫力はカカヤンこと八重山野茨です。大きくて立派。でも可愛くない^^;
熟すと最後は真っ黒になります。
 
100925_01
 
 
綺麗なオレンジのラグビーボールはロサカニナ。
見るからにビタミンたっぷりありそうです。私は飲んだり食べたりはしませんけれど。
 
100925_02
 
 
小さなノイバラ。まだ緑色です。
コロンとした葉っぱにはこれくらいの実が似合っています。日本のバラは奥ゆかしいのです。
 
100925_03
 
 
ついでに、今日のタマスダレも。
公園で花壇の淵を彩っている様子はとても可愛いです。鉢植えだとイマイチ雰囲気が出ません。
 
100925_04
 
 
その他の記録。
春のヘレボに続いてまたもや鉢植えの強制縮小をしました。
今日の犠牲者は、山あじさいと斑入りヤブラン。
鉢から抜けないほどにパンパンだったので、園芸家の方が見たら気絶するほど根っこをめった打ちしてめった切り。
山アジサイがちょっと心配。
ちなみに春に施術したヘレボ、エリックスミシイはまだ葉が立っているので生き延びていそうですが、ニゲルは何も無くなってから久しいのでダメかもしれません。

17円!?

昨日は給料日だったので朝銀行に行きました。
生活費と、アレを買うお金と、あの口座にナニと、郵便局に・・・etc.
総額17万円を引き出す計算でした。
余りにも高額で手が震えたとも思えませんが・・・・・・
ATMに金額を打ち込み「確認」ボタンを押すとATMがウィンウィン動き出します。
そしてキャッシュカードとお金が出てくる・・・けど・・・
何故か小銭ボックスの蓋が開きました。
はぁ?
17万円って言ったでしょ?壊れてんじゃないこの機械?
胡乱な目でしばし睨んでやりました。
でも、おねーさんの声が「現金をおとりください!」と何度もしつこいので仕方なく小銭を手に取りました。
はい。
ご想像通りです。手の中には「17円」がありました。
ガックリです。
いやしかし、17円っていう金額もちゃんと引き出せるのねと思わず感心してしまいました。
会社で並びの席のE氏に「聞いて聞いて。17万円がカクカクシカジカで17円がアータラコータラですごいショックだったよぅ」と訴えたところ「休みの日じゃなくて良かったね。17円おろして105円手数料取られたら最悪じゃん。」と。
まったくです。
それだけが救いです。
それ、だけ、が。

ベランダ改造計画2006

… road to Greenfingers
 
今年やってみたこと。
 
ベランダのフェンスにラティスを付けてみた。
 
gf_060926_01
 
横に90㎝幅を3枚並べ、左右にに30㎝幅をたててみる。
本当はもっと渋い色のが欲しかったのだが、ホームセンターでお安く売っているのはこの色だけだったので妥協。
もともとフェンスがあるので、ラティス自体では風除けにはならないが、植木鉢または枝を固定するのに役に立つのではと期待。
ラティスの下にレンガを置いてその間に植木鉢を挟む。
(↓こういうのを下に並べる)
 
gf_060926_02
 
今の所、植木鉢が吹き飛ばされることはないが、相変わらず強風を受ける植物本体は風の方向に全員斜めになって苦しそう。
ここに防風ネットを張ろうといろいろ検索をしてみたのだが、青色だったり、どうも見栄えの良いものが見つからない。遮光しないで防風して目立たない色のもの、ありませんか?
 
ここは北側なので、ヘレボーとその他「半日陰」可の植物達。
今年はギボウシも仲間に入れてみようと画策中。
蔓バラも這わせてみようかと思っていたが、台風の余波の風雨を見ていてちょっと躊躇中。
 
 
こちらは東側のベランダ。
こっちにいるのはミニバラたち。
その横の二つも並んでいる室外機がどうも気になり、室外機カバーを物色するも、二つとなるとデザインによってはちょっとウザったい。
そこで、板を買ってきて上と横だけカバーして、棚のように使うことに。
 
gf_060926_03
 
金額は市販の室外機を二つ買ったのと大差ないが、サッパリして目立たないところが満足。
今はまだ雑然といろんなものが乗ってる状態。
板切れで囲いを作って(箱みたいだけど底がなくて周りだけのやつ)(←風で飛ばないようにガード)そこにお花なんかを入れてみたり。
 
gf_060926_04
 
囲いはポリポットがちょうど入る大きさに設定。
この日々草は売っていた黒いポリポットのままの状態。
が、良い子のみなさんは真似をしてはいけません。
お花を買ったらポリポットから出してちゃんとした土に植え替えるのが基本です。
 
 
その他、樽も準備中。
ひっくり返らないように本物の重ーい樽を購入。
でも、逆にその重さでベランダが痛まないか心配。
ただでさえ重い樽に土を入れたら更に重量級だし。
これは、成功するかどうかわからないので小声でしか言いませんが、樽の底に飲み終わったペットボトルを敷いてその上に土を入れる『上底作戦』を考案中。ペットボトルって蓋を閉めてしまえば結構丈夫。軽い。簡単には腐らない。
これにはヘレボーの寄せ植えと、球根の寄せ植えを計画中。
球根はあんまり根っこ伸びないかなと思って。
土も少なくてすむし。
でも、今年初めて上底チャレンジするので、今はまだ敢えてオススメとは言いません。
 
 
今年の首尾はこんなところです。
 

動物園の続き

先日の天王寺動物園の続きです。
 
今日は大人のための動物園をリンクさせていただきました。

今回の記事は「大阪爆裂」(笑)ですので、動物お笑いのお好きな方、せっかくの続き物ですから、是非どうぞ。
私はこのテのもの、大好きです(^^)
動物たちに勝手にセリフを言わせて遊ぶの、よくやりますよ。
薔薇だってよくしゃべらせちゃいますけどね。
 
昔々思ったことがあります。
もし動物になるのだったら角のある動物になる!って。
角っていってもサイみたいのじゃなくて、鹿系のあのカッコイイ角のことです。
その後、長い尻尾のある動物にも憧れまして
(猿系じゃなくて猫系のです)
結局どっちがいいか決めかねています。(決めなくていい?!)
 
動物園って大人もみんな好きですよね。
どうしてみんな動物園が好きなのでしょう。
誰かに一度理論で説明してもらいたいところです。(茂木健一郎さんとか)
水族館も大好きです。「変なヤツぅ~」と言いながらジッと見ちゃいます。
 
涼しくなりました。
どこか出かけたくなりますね。
美術館、博物館、動物園、そしてバラ園!(←ここに持ってくる)
さぁさぁ、10月になりますよ、薔薇の季節ですよ~。
動物の後は薔薇いきましょ!薔薇!!

秋の日 2種

050926hana

パーティー用にエディブルフラワーを買ってみました。
エディブル→食べられる。
食べ、ら・れ・る。
つまり”美味しい”とは言っていないのですよね^^;
味がなくてパサパサして、ん~、確かに食べられはしました。
華やかでかわいいんですけどねーーー。
お値段高いんですけどねーーー。
まあ、飾り付けには役に立つものです^^;;;

050926mi

台風通過の大風が吹いて、街路樹の実がずいぶん落ちていました。
大きいほうは鈴懸(プラタナス)の実。
小さいほうはやまぼうしの実(だそう)です。(義母談)
可愛いから誰にも踏みつけられないうちに拾ってきちゃいました。