デザイン変更

「Catch Box」というテーマを使ってWordPressのデザインを変更してみました。
このテーマはWordPress公式なので信頼性は高そうだとの口コミを読んで決めました。
デザインはほとんどそのまま使っています。
本当はデザインをひとに頼んでいたのですが、なかなか納品がないので既存のテーマを使ってしまいました。

他のブログでは「テンプレート」と呼んでいるような予め準備されたページデザインをWordPressでは「テーマ」と呼びます。
テーマの作り方を知っていれば誰でも作ることができるので、世界中の人々が作成したテーマが多数存在します。
WordPressはブログだけでなく様々な機能を持たせることができるので、そのテーマはほんとうに山ほどあり、そしてピンがあればキリもあります。
WordPressで公式に採用しているテーマはWordPressの審査を通っているものですので、クオリティーの高い汎用的なものが多いです。
そして更に、そのデザインを元に各自でカスタマイズしてもいいというものがたくさんあるのがWordPressの人気のひとつだと思います。
自分だけの、世界でひとつだけの、というデザインにできますからね。
でも今回は面倒なのでほとんど元を変更しないで使っています。
更に、私が選んだ「Catch Box」は、レスポンシブデザインという、PCで見ればPCなりに、タブレットで見ればタブレットなりに、スマホで見ればスマホなりにレイアウトされる優れものです。
もし色々お持ちでしたら表示確認をしてみてください。PCで見ると左が記事で右が投稿やコメントの一覧ですが、スマホで見ると右の投稿やコメントの一覧が記事の下に移動して画面の横幅を取り過ぎないように調節されています。綺麗にレイアウトを並べ替えてくれていますよ。

私は、ホームページやらTwitterやらfacebookやらブログやら色々物持ちで、あちらこちらにサイトが分散していると何かと面倒なので、TwitterとバラグッズはWordPressの中に埋め込み、facebookはリンクを付け、、あとは・・・本館のHomepageをどうするかを考えます。

ココログ時代の記事の表示・・・おそらく改行・・・に難があるので、地道に修正するまでなるべく過去記事は見ても見ぬふりをしてください。
WordPressの情報によると、今までの投稿は1,657もあるそうです。コメントは5,600!
私の historical legacy ?

種まき魔

『日本の名随筆 別巻14 園芸』は柳 宗民さん編なのです。
柳さんは園芸家とか園芸評論家とか言われた方で、趣味の園芸のレギュラーだったそうですね。
私は趣味の園芸って見ていなかった、というか、今でも見ていないというか^^;
バラショウの影響で柳生さんだけは覚えました^^;;;
 
その柳さんのエッセイが最後に載っていまして。
そのタイトルが「タネまき魔」。
奥様がですね、撒くのだそうですよ、種を。しかも大量に!
春と秋、タネ撒きのシーズンが来ると無性に種を撒きたくなるのだとか(笑)
ちょっと時代が遡るので・・・原稿用紙(1枚じゃないらしい)に書いて電話で注文。
種が届くと「おタネ様がお着きになったゾ」だそうで(笑)(笑)
 
さ、少しでも身に覚えのある方は手を挙げて~!
 
種まきの薀蓄も載っています。
最後の結論は「おまきなさいヨ」「まかぬ種は生えませんからねェ」です。
 
秋はカタログが出回るシーズンです。
原稿用紙の要らない時代となりましたが、さて、皆様のクリックの首尾や如何に?
 
私はとりあえずバラを1本ポチりました。
お値段は我が家の最高級レベル。
”おバラ様”がお着きになるのは春でございます(^^)

2008年10月4日は・・・

081004_01
 
都歩の日だそうで。
多摩川ウオーキングフェスタと言われたら、多摩川沿いに住むものとして放ってはおけません。とりあえず20キロほど参加して来ました。
 
 
081004_02
 
調布あたりです。
多摩川の河川敷はここから下流まで、鉄橋があったりグラウンドがあったりして、だいたいこんな雰囲気です。
 
 
081004_03
 
ゴールのガス橋にだいぶ近いあたりですが、多摩川の土手をゾロゾロゾロゾロ・・・人が歩いています。
 
 
081004_04
 
ゴール手前です。
良いお天気でしょう?
ちょっと暑かったです^^;
 
普段運動をしていないので足が痛いです。
めさめさ痛いです^^;;;;;
 
081004_05
(配られたビニールシートとゼッケン)

日々草

… road to Greenfingers

gf_061004_01
 
殺風景なベランダの棚にお花を飾ろう!と思い立った。
植えよう!ではなく、飾ろう!である。
一年草には申し訳ないが、切り花感覚で使わせてもらうことにした。
買ってきたポリポットごと木枠にいれる。
お花が終わったら次のお花とお取替え。
まるで切り花のように終わったらサヨウナラのお花たち。
買ったまま植えもしないなんて厳格な園芸家さんには怒られそうで、とても大きな声では * ̄  ̄)b 言えない。
トップバッターに選ばれた飾り花は日々草。
理由はホームセンターで安く売っていたから。
使い捨てにしようというのに高いお花には手が出ない。
しかし、今まで日々草を買おうなどと思ったことは一度もなかった。
どこの家の玄関にもガレージにも、どこの商店の入口にも、ありふれた日々草。
そんな何処にでも咲いているお花なんてつまんない。
お花自体もなんだかのっぺりしていて面白くない。
ベランダに置ける鉢の数には限りがあるのだから、本当に気に入ったお花だけを買いたい。
そう思っていた。
でも、いつでも取替がきくとなると、安くてカラフルなのもいいんじゃない?という気にもなる。
お花に限らず、食べ物も家庭の消耗品も、世の中そうやって高級品とお値打ち品の消費が回っていたのかとこんなところで合点がいく。
今まで良く見たこともなかったので全然知らなかったのだが、日々草は名前の通り毎日毎日どんどん新しい蕾が開いていく。それほど日当たりも良くないのに、ポリポットなのに、本当に次々と良く咲く。
おお、今日もこんなに咲いたのか、まだこんなに蕾があるのか、お前いいヤツじゃないか、しかも学名が「Catharanthus roseus」じゃないか(roseが入っていると何故か嬉しい)・・・と大いに株を上げた日々草。
来年も買ってしまいそうな予感がする。