ぶつぶつ・・・

あーでもないこーでもないの毎日にさらに問題が・・・

↓↓↓現在の脳内事情
———-
iOS11から写真がHEIFになっているなんて・・・
PhotoshopFixで読み込めないんですけど・・・
Lightroomだけ使えれば問題はないかな・・・
どうせレタッチはしないだろうし・・・
でもPCにJPEG保存のほうが後々使い勝手がいいかな・・・
こんなところで引っかかってるとインスタへ進めない・・・
なんかメンドくさ・・・
ぶつぶつ・・・
———-

HEIFってどうなんでしょ。
Photoshop系列を活用しようと思ったらJPEGで保存しておくべきでしょうかねぇ。

バスのびっくり

10月3日月曜日から新しい職場に通勤して、今日で最初の週が終わりました。
ラッキーなことに体育の日があり3連休、お天気も良くなさそうなので、うだうだして英気を養おうと思います!
(うだうだで養えるかは確信ありません、念為)

今週はびっくりの連続だったのですが、時間が経つにつれて、そんなに驚くことでもないか・・・と思えてくることも多々あり・・・
そんな中で、バスだけは本当にびっくりしたのでコレ紹介しますね。

職場に行くには、家の最寄り駅から電車に乗り、職場の最寄り駅で降り、そこから都バスに乗ります。
バスに乗らずに歩いている人も何人かはいて(都バスはICでも片道206円高い!)、歩くと25分~30分かかるらしいです。
私も元気が出たらそのうち片道だけでも歩いてみようかと思っていますが、今はそんな余裕がないので毎日バスで往復しています。
職場である施設には、各種手続きをする方々が朝一番を狙って大勢詰め掛けます。
その方々も当然バスに乗るわけで、朝のバスは3分に1本という山手線に匹敵する運行をしています。
都バスは料金前払いなので、金額はいくらだの、小銭が無いだの、お釣りだの、なんだかんだと乗車が滞ります。
それを見越して、料金支払箱(そんな名前?お金を入れたりICカードをピッとやったりする機械のことです)がもうひとつ用意されます。
と言っても何か特別な機械ではなく、運転手さんの横にあるあの料金支払箱をバスから外して台車に乗せて運んできた感じです^^;
それを後扉の前(歩道上)に置いて、前扉からも後扉からもどんどん乗せられるようにしています。
都バスの係員さんが、前扉と後扉の交通整理もします。「前は列が止まってますから後ろから乗ってくださーい!」などなど。

こんなにすごいバスって・・・他にどこかにあるでしょうか。
私は10時出勤の遅番なので9時半過ぎにバス停に着くと、いつもちょうど後扉用料金支払箱を片付けようとしているところで、混雑のピークに乗ったことはありません。
8時9時の朝一番を目指すピークに乗りたいとは思いませんけれどね^^;
電車の通勤ラッシュと一味違うバスラッシュ。
なかなかの面白さです。

天高く・・・・・・

昨日までの大雨が嘘のようにスカッと晴れた秋の日。
風がまだ強く、そのせいか随分遠くまで見渡すことができました。
 
ところで。
 
4月にはこんな↓↓↓だったのが
 
061007_01
 
秋になってこんな↓↓↓に肥えました^^;
 
061007_02
 
会社の金魚ちゃんたちです。(お花見の金魚すくい出身)
魚も幼児体型と大人体型がずいぶんちがうものですね。
水槽管理の総元締めは生き物係りのK島氏(ラ・ロズレではヒマワリを種から育てたことで有名)ですが、餌やり担当のH嬢が盛大に餌をばら撒くものでずいぶん肥えました。
最近ではちょっと活動するとガラスにぶつかったり、はねると水槽の天井に頭をぶつけたりする超重量級集団になりました。
H嬢はどうやら「ジャスミン」と名づけたようです。
この重量級のどの子がジャスミンよ?
「えーっとぉ、いちばん大きい子です!」(←適当なH嬢^^;)
他の子も「ローズ」とか「リリィ」なんて言うんじゃないでしょうねぇ。。。

日比谷公園ガーデニングショー2004

10月16日(土)~24日(日)、日比谷公園に”2万本のコスモス花畑が出現”するそうです。 庭園や花壇も作られ、ガーデンコンテストやコンサートなどのイベントもあるみたいです。

サイトのほうで教えていただくまで知りませんでした。公式HPを紹介しておきます。

第2回 日比谷公園ガーテニングショー2004

日比谷公園には薔薇の花壇もいくつかあります。薔薇もちょうど見頃でしょう。 ただあそこの薔薇の花壇は歩道から距離があるのでマクロレンズが使えないのがちょっと難点^^; お天気が良かったら気持ちいいでしょうね。都心のコスモス畑。皆様もいかがですか? もしかしたら週末はメチャ混みかもしれませんけれど・・・・・・でもほら、帰りにはシャンテに寄ろうかなとか、銀座に足を伸ばそうかななんて考えながらだと、ちょっとワクワクしてきませんか?