今週の天気

今週の東京の天気予報をスクリーンショットしました。
なんですか、これ。
バラは見なくて良いと?
バラを撮るの「だけ」は一眼なので雨はダメなのですよね。
秋晴れは無し。
あー、なんか、テンション下がっちゃったわ。

ついでにiPhoneのスクリーンショットも試してみました。
これ↓ヤバいもの写っていませんよね、docomoとWi-Fiアンテナと時刻とバッテリーって個人情報ではありませんよね^^;

今週だけでなく来週も雨ですか。
なんか、もういいやって気がしてきました・・・。

バラ日和

今日は稀に見る良いお天気で、綺麗な青空と乾いた空気とちょっと高めの気温という、たいへん良いバラ日和でありました。
 
雲ひとつない綺麗な青空。
ほうら、こんなふう。
161015_01
(Princess de Monaco)

乾いた空気。
161015_02
(Lichfield Angel)

ちょっと高めの気温。(早い話し、ちと暑くて眩しい)
161015_03
(Wisley)

ここは『生田緑地バラ苑』です。
神奈川県川崎市の向ヶ丘遊園跡、隣には藤子・F・不二雄ミュージアムがあります。
我が家からはあまり便利ではないのですが、出かけたついでにふらっと立ち寄ることができたので、1時間ほど歩いてきました。
今日はほんの1時間程度でございます、ほんの130枚程度でございます、軽い軽い、あはは(笑)

春秋公開のボランティアさん管理のバラ園ですが、なかなか面白いバラも植えられています。
そういうコーナーは比較的人通りが少なく、バラの側から言えば残念なことですが、一方写真が撮りやすく私のお気に入りコーナーでもあります^^;
たとえば・・・

161015_04
(McGredy’s Yellow 1930年代 McGredy作出)

161015_05
(Mme. Dieudonne 1950年代 Meilland作出)

などという古いバラを見るのも面白いです。(この面白さはマニア限定?)

今年は夏以降の天候不順による日照不足で秋バラが小さいと噂されています。
確かに、そんな印象はありました。
でも、時期としては今日は「早め」で、来週あたりからがピークだと思われるので、これからの花に期待をしましょう。

秋はつるバラが乏しいのでちょっと全体の景色が地味になります。
つるバラの多くはピークが春で、秋はかなり花数が落ちます。
この背後の白いポールは、春にはみっちり咲きますからね、それと比較するとちょっと淋しい感じかもしれません。
161015_06
(はまみらい)

でも、バラの香りはたっぷりですよ。
今日は「ヨハネパウロ2世」が一番香っていた気がします。
周りの女の子たちも「すっごぉぉぉ~♪」「香ってるぅぅぅ~♪」と感動しまくっていました。
私もしばしたたずんで鼻をヒクヒクさせるほどの強香でした。
バラは、花もいいものですが、香りが加わると、良さが倍増します(^^)

地獄の一丁目

最近私は気が付きました。
地獄というのは一番底にあるもので、それより下はもうないのだから、地獄まで到達したらあとはもう落ちないと思っていたのです。
しかーし!
地獄の一丁目という言葉がありますよね。
一丁目があるということは二丁目もあるということなのです。
地獄は案外横に広い!
「ここは地獄の一丁目」と言ってしばらく歩くと
「ここは地獄の二丁目」になる!(笑)
 
何丁目まであるのかなぁ・・・
 
ま、私の地獄なんてたいしたものではありませんが、性格悪くなってカンダタ(元ネタは芥川の「蜘蛛の糸」)にならないように、町内を周ってみようと思います。
皆様も、地獄の締切とか地獄の練習とかいろいろあると思いますが、一丁目に行って終わりにはならないので気を抜くなかれ、ですぞ。

未検証靴下

とあるブログ(くるねこですけどね(^^))を読んでいて、冷え取り靴下の話しが出ていたので思いだして書いています。
私も暖かい時期は大丈夫なのですが、そろそろ足が凍ります。
先日冷え取り靴下を購入しまして、一度試してみたのです。
これが靴下のせいかどうか一度だけなので何とも言えませんが・・・
とにかく身体が熱くて足も熱くて眠れないぞ、と思いました。
もしかしたらその日は実は気づかないうちに風邪をひいていたとか、何か理由があったのかどうか。
検証のためにまたちゃんと履いてみなければと思っているところです。
この冬の課題は、冷え取り靴下。
効果があったらお知らせします。

欲張りなお婆さん

日曜日に少し時間があいたので、一番近い生田緑地バラ苑に行こうかとチラっと思いました。
でもサイトでは2分咲きと書いてあるし。
どうせならもう少し咲いている時がいいかなと欲張って行きませんでした。
そのかわりに恵比寿に行って写真展をハシゴしました。
今日フレグランス様のサイトを見ていたら、土曜日に生田緑地にいらっしゃって綺麗なヨハネ・パウロ二世をご覧になった様子。
あーん、2分だって咲いているのだから行けばよかったかも~~~・・・と私は欲張りなお婆さん。
あまり欲張ると良いことがないと日本昔話で何度も勉強しました。
ひどい目に合うのですよね、欲張りのお婆さん。
その後、お婆さんは後悔して改心して人生の軌道修正をするのでしょうか。
それとも性懲りもなく欲張ってまたひどい目に合っているのでしょうか。
BSプレミアムで「ワンス・アポン・ア・タイム」というのを放送しています。
王子様と結婚した白雪姫がその後どうなったかとか、実は王子様と白雪姫は事前に面識があったとか、童話の二次的な物語がとても興味深い番組です。
日本の物語だって、浦島太郎はあれから幸せに暮らしたのだろうか?とか気になりますよね。
舌切り雀のお婆さんだって・・・。
ま、2分咲きにぐちぐち後悔していないで、来週の天気予報でもチェックして前向きに生きていきましょっと。
いつどこに行こうかなぁ~♪

秋のバラ Ⅲ

第3回となってやっとバラの花登場です。
実や棘が地味目だったので、華やかにピンクを揃えてみました。
 
091015_01
<ドゥシェス・ドゥ・ブラバン>
抜けるような青空に向かう秋ならではの姿
 
091015_02
<マダム・シャルルズ>
カーラーで撒いたかのような見事なマダム
 
091015_03
<J・スパークス>
いい絞り加減
 
091015_04
<ソフィーズ・パーペチュアル>
グラデーションが上手にできました
 
091015_05
<ザ・フェアリー>
秋の妖精さんはちょっぴりお姉さんっぽい
 
 
今回は花を見に行ったわけではないので、ま、こんなところで。
(われながらマニア過ぎ^^;)
 
 
次回予告:「秋のバラ園」(今回のまとめ)
引っ張ります。

秋色に

秋の薔薇は本当に深くていい色が出ます。
 
061015_01
 
蕾の時からこの色付き。
 
061015_02
 
開いても素敵な色。
 
(以上、オプティマ・モーニングブルー)
 
 
061015_03
 
黄色も”とろ~ん”と黄色。
 
061015_04
 
アンバーはよりアンバーらしく。
 
(上:ハイデルベルク  下:アンバー・コルダナ)
 
 
皆様の薔薇は如何お過ごしですか?