目の保養デー

美しいものを見ると目が休まるのです。(たぶん)
 
日比谷に用があったので少し早く出かけて「ファンケル 銀座スクエア」に寄ってみました。
銀座4丁目の交差点からちょこっと行ったところにあるファンケルのビルで毎年ローズガーデンをやっています。
なかなか行くチャンスがなかったのでお初です。
バラは目の保養になりますね。
 
ファンケルが命名権を取得したバラ「エターナルビューティー」
151031_01
 
秋の飾りつけ
151031_02
 
室内も
151031_03
 
広いところではないので、わりとあっという間に見終わりまして^^;
 
今日の銀座は、この間よりは巨大なスーツケースの爆買いの方々が多くはなかった印象です。
この間は、私、いつ行ったのだったかしらん?
もしかして国慶節にかかっていたとかだったかも?
意識してなかったので記憶が曖昧ですが・・・。
 
銀座から日比谷に歩く途中にDolce&Gabbanaのショーウィンドウを通りました。
ぅワ~オ!
151031_04
こういうところは何をやってもOK、、、と思います、私は。
 
そして、日比谷。
実は「宝塚の招待券もらったけど行く?」と母から打診があり「招待なら行く行く!」と言ったミミッチイ私^^;
タイトルが、えーと・・・
ガイズ アンド ドールズ?
えーと、確か・・・
星・・・組?
えーと、トップの人は・・・
・・・(←スミマセン、もう忘れました)
といった感じで^^;;;;;
 
いや、なかなか良いエンターテイメントですよ宝塚は。
キラッキラの衣装できびきび踊っているのを見ると、私も宝塚に入りたくなるというものです。
しかしあんなに足を上げ下げしたら筋肉痛で1週間は起き上がれません、入学は断念ですね、残念残念^^;
 
美しいものを見るのは良いものです。

冷え取り靴下を履いてみた途中経過

本屋さんで偶然「冷え取り靴下」について書かれた本を目にしたのです。
冬になると足が冷たくて困っていたし、去年までの靴下はあまり温かくなく新しい靴下が欲しいなーと思っていたので、冷え取り靴下というものを買ってみることにしました。

冷え取りということは → 即ち温かくなる → それいいかも
私が冷え取り靴下を履いてみた理由はそれだけなのです。

ところが、この冷え取り靴下なるもの、なかなか奥が深いことがわかりました。
そこで、半月ほど履いてみた記録を付けておきます。
ひとにおススメしたり忠告したりする意図はありません。
十人十色百人百色ですから参考にもなるかどうか保証の限りではありませんのでアシカラズ。

まずは、冷え取り靴下の説明から入りましょう。
5本指シルク、5本指コットン(またはウール)、ノーマルつま先シルク、ノーマルつま先コットン(またはウール)、この4枚を重ね履きするのが基本です。
1枚1枚が薄いので思ったより嵩張りません。
シルクの手触りならぬ足触りはなかなか快適です。

次に、その靴下をどうするか。
履きます、勿論。
ひたすら履くだけです。
凄い人は1日中履いているらしいです。
私は家にいる間だけ履いています、寝る時も履きます。

その奥深さについてです。
どうやらこの靴下を履くと、デトックス(体内に溜まった毒物を排出させること)ができるらしいのです。
半身浴と併せて、毒物が排出されたことで痩せたとか具合の悪い部分が良くなったとか、検索するとさまざまな事例が出てきます。
ただし、私が見たところでは「関係者」の記事が多かったので、その辺は考慮してお読みください。
たぶんダイエットと同じですよ、私はこの方法で5キロ痩せましたと書いてあっても、同じことをやって全員が5キロ痩せたためしはない、というあれと。

さて、次に、靴下を履いてみた私がどうなっているかということです。

この靴下を履くと暑くなります。
特に食事の後、お風呂上り、就寝中。
足が冷たくて寝られないのを避けるために靴下を履いて暑くて目が覚めるって本末転倒ではないかなぁ?とちょっと悩ましいところです。毎日ではありませんが暑いときは本当に目が覚めるくらい暑いです。

踵のザラザラと手のザラザラがおさまっています。
乾燥するこの時期になると特に皮が剥け・・・というか皮膚がぱっくり裂けるようになります。
皮が剥けないとは言いませんが、今のところ薄皮程度です。
あんなにクリームを塗りたくっていた踵も何も塗らずにいられます。

常に体にまとわりついている肩こり・頭痛・腰痛。
痛くなくなったとは言いません、痛いです、でもバリッバリではないし、少し楽なような気がする・・・だけかもしれませんが・・・とりあえず、気がします。

デトックスに関しては、それが私の目的ではないので良くわからないというか、どうでもいいというか。
とりあえず歯の詰め物は取れました。
めんげん(瞑眩=毒だし反応)で歯の詰め物が取れる事例は多いようですが、単に私が虫歯になった(なったのよ(涙))からかもしれませんし、どちらの理由でもどうでもいいです。

以上が実行半月の途中経過です。

この経過から考えると、この靴下を履くと、血流が良くなるのは確かです。
私は頭痛で漢方薬を処方してもらっていたときに散々血流が悪いからと言われていました。
でも漢方薬は高額で、今年になってお給料が出なくなって買えなくなってしまったのでこの先大丈夫かなーと思っていたところでした。
靴下で同じ効果が期待できるのなら超絶お得ではありませんか。
それに、それが私の思い過ごしでそんなに効果が無かったとしても、新しい冬用の靴下を買ったということだけでそれはそれでよいことです。

というわけで。
ただ靴下を履いているだけでなかなか面白い今年の冬シーズン。
冷えにお悩みの方はチャレンジしてみるのも良いですが、デトックスで湿疹ができただの色々ありますから、念のためひと通り調べてから始めることをおススメします。

私は・・・
今まで寝ていて寒いという感覚は知っていましたが、寝ていて暑いという未体験ゾーンをどう乗りきればお手軽で健康的なのかを考えるのが目下の課題です。
これから寒くなるからこのままちょうどいい感じにならないかなぁ・・・
そしてこれからまた新たに身体に何かが起きるのか起きないのかとちょっとワクワクする今日この頃です。

10月の終わりに

台風が通り過ぎて行きました。
我が家のベランダは、先日の大風の時のほうがよっぽど葉っぱや蕾が落ちていて、今回は風向きが違ったのでしょう、平穏無事に朝が来ました。
 
ヒュー様でさえ、全く散らなかったし。
でも、センパフローレンスが見事に”ちりちり”になっていたのが笑えました^^;
 
101031_01
 
各地のバラ園はどんな様子でしょうか。
満開を直撃のところも多かったのではないでしょうか。
担当者の方々は、ため息をつきながら見回りをしている頃かもしれません。
 
ん?
んんん?
窓に大きな葉っぱが張り付いて部屋の中を覗いています。
もしや、この葉は・・・プルプレ!
他の2本の枝を枯死させたあのシュートが窓まで伸びてきました。
風に吹かれて窓のほうに寄ってきたのでしょう。色艶の良い葉です。
まったく・・・・・・バラってやつぁ・・・・・・・・・

散財日記

今週は神田古本まつりでした。(11/3まで)
今年は第49回とか。”東京名物”と銘打つのも頷けます。
神保町(←じんぼうちょうと読みます)界隈を仕事でウロウロしている私には嬉し恐ろしなイベントであります。
案の定今年も買いに買ったり、ドドーン!↓
 
081031_01
 
古本屋さんでは、小さい本は紙袋に入れ、大きい本は包装紙で包んでくれます。
ビニール袋は使いません。
お店のお兄(おじ?)さんが綺麗に包んでくれます。
私のように大きい本を買うと紙袋もくれます。
更に、お祭り期間中は5,000円以上買うと宅配送料が無料になります。
私は余裕で宅配していただきました^^;
 
薔薇の本、薔薇のことも書いてある植物の本、なんとなく薔薇が出てくるような本、・・・・・・結局全部薔薇関連ということになりますか^^;;;
期間中は全て1割引になります。
金額的には数年前の腰が抜けそうなほどお高い薔薇本から比べればまぁカワイイと言っていい、とは言え、やっぱり本は高いです。特に昔のいい本は。
 
とか言いながら、なんとなくあけるのが勿体無くて、この小山をニヤニヤと眺めているところです。。。

フランス!

本館「Exhibition Garden 展示館」を更新しました。
テーマは「フランス!」です。
最近ブラン・ロンサールやプチ・トリアノンといったフランスっぽい雰囲気の薔薇が目に付いたので、という理由です。案外頭は単純です。
でも、薔薇名からフランスっぽさを選んだので、ロンサールは含まれておりません。だってもし薔薇を知らなかったら全く知らない詩人さん(←わりと不得意分野)なんですもの^^;;;
それよりも「ラ・フランス」のほうが”わかり易い”のでそっち系に偏りました。
いかにも「フランス!」という名前の薔薇を12種類並べてみたら、全部ピンクの薔薇だったのでちょっとびっくりしました。
フランスのイメージはピンク系が多いのか、それとも偶然なのか。
どう思います?

今日のニュース

テレビのニュースで、イングリッシュガーデンの危機が報道されていました。
地球温暖化で英国の気候が地中海性気候のように変わりつつあり、暑さと少雨のために本来英国で育つ草花が育たなくなってしまったとか。
ガーデナーのおばさま曰く、地中海の植物はあまり好きではないのだけれどこれからは好きにならなければね。。。
英国にオリーブ畑ができちゃったらどうしましょう!
で。薔薇ってのは地中海好きなんでしょうか?
『冬に一定の降雨があるが、夏は日ざしが強く乾燥する』なんていうの好きそうもありませんねー。
大変だわっ!